新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

あっという間のシンガポール旅行

先ずはコメント返しについて。

先ほど、全てのコメントにコメント返しをさせて頂きました。
沢山のコメントを、本当に、有り難うございましたm(__)m




3月28日から31日までの4日間、シンガポール旅行に行って来ました(*^_^*)


↓関空からキャセイパシフィック航空、香港経由という、乗り継ぎがあったので約8時間?掛かって行って来ました(^_^;)



↓シンガポールから出国してマレーシアにも行きました。この写真は、ジョホールバルの宮殿。



↓シンガポールでは老舗のホテル、ラッフルズホテル。ここに泊まった訳では無く、お土産を買うのに寄っただけで、ホテルの手作りのチョコレートや「カヤジャム」というシンガポールでは有名なジャムを買いました。
毎朝トーストに塗って食べてますが、美味しいです(^^)v

が、出来る事なら、ここで泊まりたかった。。。
今度また行く事があれば、、、でもまあ、すべての部屋がスイートらしく、かなりお高いとの事で、無理そうですが(^_^;)



↓植物園にて。シンガポールの国花、ランです。何ていう名前のランだったか、忘れましたけど(^_^;)



↓シンガポールといえば、コレ!有名なマーライオンです。
そしてその奥に見えているのが少し前、ソフトバンクのCMで有名になったマリーナベイサンズホテル!
このホテルの売りは、何といっても一番上のプール! 私は残念ながら入れてないですが、、(^_^;)




シンガポールは一年中夏、常夏の国です!
行きは寒く、長袖にコートを羽織って行きましたが、向こうでは常に夏服を着ていました。

今回の旅行期間は、一応四日間でしたが、行き帰りに時間が掛かるので、現地に居た時間は、正味二日間という、あっという間でした。
もう少し居たかったなぁ(^_^;)


あ、話は変わりますが、新選組血風録、地上波で再放送をやりますね!

BSで本放送をやっていた時はこちらにも色々と感想記事をアップしましたが、、、(^_^;)
とにもかくにも、また新選組が観れるというのは、嬉しい限りです(^^)v



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

大河ドラマ50の歴史展




10月9日、大阪高島屋でやっていたので見に行ってきました。

現在放映中の「江」が丁度50作品目、なのですね~!?


あ、そうそう、昨夜の「今夜はヒストリー」
観ました、観ました(^^)v

「大阪夏の陣」を取り上げてたんですが、「江」では、多分来週辺りに?やると思うんですが、
予習出来た、感じです♪


さて、話を大河ドラマ50の歴史展に戻します。


といっても、この日は、メインの用事のついでに見た、という感じだったので、
あまりじっくりとは見て無いんですが(^_^;)

頂いたパンフによると、大河ドラマで描かれた時代背景ですが、
室町時代から安土桃山時代を描いた作品が多いようで、21作品あります。

ついで多いのが江戸時代の後期から明治の初期、、、幕末!のようで、「新選組!」を含めて12作品あります。

そして、展示物、、、

「江」の浅井三姉妹(を演じられた女優さん達)が着た衣装や、戦国武将の鎧、兜が飾られてあって、それがとても美しかったです。

それから、、そう!「顔認証」というお遊びコーナーがあり、自分は大河ドラマに出て来る誰に似てるか?
というのを、やってみたところ、、

私は、「お市の方」でした。

が、、鈴木保奈美さんって訳ないですよね?史実のお市の方?ですよね?

ま、どっちでもいいんですが、、
いや~ 結構嬉しいものです(^^)v






にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

秋の京都史跡巡り その2

下の記事の続きです。

金福寺を後にして、次に木戸孝允邸へ行きました。↓



↓木戸孝允邸の二階です。 一度に沢山の方が入ると床が抜けてしまう(^_^;)との事で3人ずつ?でしたっけ?
上がらせて頂き、窓から見える景色が素晴らしい、との事でパチリ♪



そして次に連れて行って頂いたのは、ココ↓
この石碑のある三本木通りは、幕末当時、三本木遊郭があった花街のひとつでした。



因みに、この石碑のある場所には、幕末当時、「吉田屋」という料亭があり、桂小五郎もしばしば出入りしていた
そうです。
実は、幾松が籍を置いていたのはこの「吉田屋」で、ここがふたりの出会いの場所だったのかもしれないとの事。

この吉田屋で、幾松は新選組に追われる桂を匿い逃したという話も残っていて、説明文の中には、ちゃんと”新選組”の文字が入ってました(^^)v

吉田屋は、後に清輝楼(せいきろう)という料亭になり、ここに明治33(1900)年、立命館大学の前身である京都法政学校が設立されました。

また、清輝楼は、料理旅館・大和屋と名を変え、平成8(1997)年まで存続していたそうです!

それから、、、色んな通りを通って、ココにも連れて行って頂きました。「十津川屋敷跡地」↓
”十津川”といえば、、台風の後、あれからどうなんでしょうね? 大分復旧したんでしょうか。。。



”史跡巡り”の記事は、これで終わりです。


あ、そうそう!
↓これはお土産「丁稚ようかん」です(^^)v 「詩仙堂」の近所で買いました。
とっくに食べてしまいましたが、、美味しかったです(*^_^*)



最後になってしまいましたが、、、
みちこさん、まーさん、そしてその他参加された方々、大変お世話になりましたm(__)m

充実した一日を過ごさせて頂きました。
有り難うございました(*^_^*)




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

秋の京都史跡巡り その1

やっとこさ、PCが修理されて戻って来ました(^^)v

いや~ 5年間保証、入ってて良かったです。
入って無かったら、修理代に6万円!掛かるトコでした(^_^;)

では、久しぶりの更新です!

9月23日、みちこさん主催の”秋の京都史跡巡り”に参加させて頂きました。

JR京都駅に11時集合し、、、
何人いましたかねぇ? もう忘れてますが(^_^;)

とにかくタクシーに分乗し、最初に向かった先は、駒井家住宅でした。

えっと、こちらのお宅は、ヴォーリズさん?とか仰る有名な建築家の設計による、昭和初期の洋館の代表作で、
写真は、住まわれていた遺伝学者の駒井卓(たく)博士とその奥様、です。↓



そして、次に向かったのが、詩仙堂
何年前になるんでしょうね? チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃も、来日された際にココを訪れられました。




次に、最初の計画には無かったんですが、幕末に関連のあるお寺金福寺が近くにある、という事で、連れて行って頂きました。

写真ですが、、、アレはお寺に住んでたのかなぁ? 
↓人懐こい三毛猫が居たので、猫好きな私は、ひとしきり相手をしてから、パチリ(^^)v



そして、こちらは、同寺にあった与謝蕪村のお墓です。↓



”幕末に関連がある”と前述しましたが、金福寺は、村山たか女、ゆかりのお手でもあります。

因みに、”村山たか女”は、井伊直弼の愛人で、京都では、幕府の隠密(スパイ)として「安政の大獄」に加担し、その後、勤皇の志士に捕らえられ、京都三条河原で生晒しにされましたが(>_<)助けられて、金福寺へ尼僧となって入り、67歳の生涯を閉じた、という事です。



”京都史跡巡り その2”に続きます(*^_^*)




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

第五回 山南忌 その2

本題に入る前に一つ、訂正があります。

3月12日にアップしたカコ記事(コチラ)で、「関西電力から東北へ電力を供給するので節電のご協力を、、云々」という追記記事を読まれた方がいらっしゃるかとは思いますが、内容に間違いがありましたのでここで訂正させて頂きます。
(因みに、追記記事は消去しました)

先ず、西日本と東日本では周波数が違うため、そのままでは電力の提供は出来ないんだそうです。
また、周波数を換えて送ることは可能だそうですが、その場合、一日に100万キロワットという上限が有る、との事です。

じゃあ、関西地区の人は節電はする必要は全く無いの?
といえば、それは違うだろうと思いますので、私は引き続き節電に努めたいと思います。

以上、カコ記事を訂正し、お詫び申し上げます。



さて、本題。

第五回 山南忌 その2に入ります。

↓みちこさんから頂いた今回の参加賞(?)です(^^)v


この旗を持って歩いていると、「会津から来たの!?」と何人かの方から聞かれました(^_^;)


↓”天然理心流 京都道場”へのお誘いのチラシ♪


残念ながら今回の地震の影響で、参加予定でらした「撥雲会」の方々は来られませんでした(-_-;)

こちらのチラシには、
”京都で天然理心流の道場を開く”と書かれています!

興味のある方は、下記をご参照下さい。

お申込み、問い合わせ :メール mail@tennenrishinryu.com
天然理心流公式サイト http://www.tennenrishinryu.com

そして、今回の講演は、菊池明先生がされました。
山南さんの脱走について、様々な文献から読み解いて行くと、

「どうも、山南さんは大津で療養(ケガか病気で)していたのではないか、と思う」など、
これ以外にも興味深いお話を時間一杯、して下さいました。

講演のほか、さくらさくらカンパニーさんのお芝居あり、毎年恒例の抽選会あり
(私は残念ながら今年もハズレでした)と、盛りだくさんな第五回 山南忌は無事閉会。


この後、伏見へ行かれたみちこさんが、一緒に行けなかった私に写真を送って下さいました!

↓「近藤勇 遭難の地碑」
確か、、墨染(でしたよね?)高台寺党の残党に肩を狙撃された場所、だそうです。



以上で「第五回 山南忌」のレポは終わりです。

今回、山南忌を開催するに当たり、ご尽力された方々、
そしてみちこさんを始め、戊辰戦争研究会の方々、まーさん(お菓子、美味しかったです♪)パンナさん、

皆さまに感謝申し上げます。
お世話になりました。有り難うございましたm(__)m




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。