新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

やっぱり「新選組」はいいわぁ~(#^.^#)

やってるのは知ってたんですが、なんやかんやで、ずーーーっと見逃してたあの結束信二さん脚本の「新選組」

今、時代劇専門チャンネルで一日に二回放映してるんですが、昨日やっとこさ観れました(^_^;)

HPはこちら→「三条大橋に黒い人影」

ははは、、なんと、もう6話めだったんですねぇ(^_^;)

この「新選組」では、近藤さんが主役のようで、鶴田浩二さんが演じてます。


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

”鶴田浩二さん”
う~~ん、、私はあんまりよく知らないんですけど、、、どんなのが代表作?

いや~ まだ一話しか観て無いのに何なんですが、この近藤さんは完璧過ぎます!

この話の中で沖田さんの
「私の両親は早くに亡くなってしまったけど、近藤さんが父親のようなものです」
というニュアンスのセリフが有りました。

史実では近藤さんと沖田さん、8歳しか違わないんですよ(^_^;)

けど、鶴田さんの近藤さんは、”父親”と言っても可笑しくないです。
実際、二人の役者さん同士もかなり年、離れてたのかな?

2004年の大河ドラマ「新選組!」では、香取さんが演じた近藤さんと藤原さんが演じた沖田さん、
親子というより、兄弟???

え~ 鶴田さんの近藤さんに話を戻しますが、、、

”完璧過ぎる”と書きましたが、メチャメチャ良い人です。
敵が怖くて足がすくみ、新選組隊士として十分な働きが出来なかった隊士に対して
「士道不覚悟だな」と切腹を匂わせる土方さんに反し、「処分は俺に任せてくれ」と、情けをかけます。

結局、この隊士にはお咎めなし、ということになるんですが、、、

土方ファンの私としては、「ちょっと、それじゃあ土方さんの立場が無いんじゃないの?」と言いたくなりました。

近藤さんが”いい人”として描かれている分(?)土方さんがやっぱりというか何というか”悪役”です(^_^;)

永倉さん(伊吹吾郎さんが演じてます!)やサノといった他の幹部隊士からも、
「あの人は”人”じゃない。バケモノだ」な~んて言われてたりします(-_-;)

ココでの土方さんはもちろん、栗塚旭さんが演じてるんですが、ヅラがちょっと変?(^_^;)
「新選組血風録」や「燃えよ剣」の時の土方さんの方がいいかも?

外見的には「う~~ん、、この土方さん、ちょっと、、、」な私なんですが、
あまりにも悪く描かれていると、やっぱり嫌ですねぇ(^_^;)

で、今回観た「三条大橋に黒い人影」

最後は”結束ワールド”とでも言うんでしょうか?
悲しい結末でした。

しかし、アレですね。
誰が演じていようと変わりなく、やっぱり「新選組」はいいですね!(*^_^*)

関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/994-7568e402

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

やっとご覧になられたのですね♪
ちょっとおっさん臭さが漂っていますが、誠実で真面目一筋の局長ですよね。
近藤さんメインなだけに土方さんの扱いがちょっとねぇ・・・
それでも流石、結束さんの作品だけあって内容はめちゃくちゃ面白い!
土方さんのヅラ(笑)私もちょっと気になってました・・・何か違和感を感じますよね。
栗塚さんは血風録や燃えよ剣の土方さんで見慣れちゃってるかな?!

今日はお待ちかねの島田順司さんも登場してワクワクしながら観てました(*^_^*)

すごい豪華なキャストですね。ここでも栗塚さんが土方さんですか。本当に当たり役だったんですね。
鶴田浩二さんといえば、”何から何まで真っ暗闇の”とかいう歌を歌っていたのを思い出します。

dandaraさんへ

そうなんですよー!
dandaraさんの所で知って以来、やっとこさ観れました(^_^;)

ホント、ココの局長は、真面目ですねぇ
主役は近藤さんって分かってるんですが、もう少し土方さんを良い様に描いて欲しいなぁと思ったり、、、(^_^;)

内容はホントに、メチャ良いですよね!

あ、やっぱり”ヅラ”違和感ありますよねー!(笑)
そうそう、見慣れてしまってるんですよね(^_^;)

で、島田さん!
私も観ました!(^^)!
奉行所の役人として出てましたね!
ま、取りあえず新選組とは味方同士ということで、安心しました(*^^)v

桃源児さんへ

ホントに、当時としては、大河ドラマクラスの豪華出演陣、だったんでしょうね♪

で、栗塚さん。
はい!もちろん土方さんの役です(^_^)v

鶴田浩二さん。
あ!歌も歌ってらしたんですね♪

役者が豪華ですよね。
でも、我が家では、時代劇チャンネルは、
見れないんですよ。
栗塚さんの土方さん、あたり役ですよね。

  • 20090414
  • ちんちゃん ♦-
  • URL
  • 編集 ]

栗塚さんしかよく知らないですが、豪華そうですねぇ♪
こちらでも土方さんなんですね☆
ほんと、新選組はいいですよね!!
私もこのドラマ観なくちゃだわ!!

  • 20090414
  • まー ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ちんちゃんさんへ

ホント、当時としてはとっても豪華な出演陣ですよね(*^^)v

>我が家では、時代劇チャンネルは、見れないんですよ

あ、、、そうでしたか、、、それは残念!

栗塚さんの土方さん役は、この「新選組」ではちょっとヅラが変ですけど(^_^;)
ぴったりハマってます♪

まーさんへ

ホント、とっても豪華な出演陣だと思います~♪

コチラでの栗塚さんの土方さん役は、ヅラがちょっと変(^_^;)なこと以外は、ぴったりハマってます♪

観れる環境にいらっしゃるのでしたら、是非一度、ご覧になってみて下さいね~!(^^)!

いいですね!

そーですよねぇ、副長立場ないですね。なんだか子供に見えてしまう。

原田さんの「~ぞなもし」の多さが気になります。

でも、永倉さんがかっこいいので大満足です(*^^*)

  • 20090415
  • たまき ♦-
  • URL
  • 編集 ]

鶴田浩二さんが何歳なのか分からないですけど、たしかに総司役の人とは親子ほどあるように見えますね~。でも池田屋の時に総司が近藤さんに「死ぬ時は一緒」←(だったと思う(^^;)って台詞がよかったなぁ。

土方は…いい人の影で立場がないですよね…(苦笑)
それにしても栗さま、目が飛び出そうな位、力の入った演技(笑)

  • 20090415
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
たまきさんへ

ね♪やっぱりいいですよね~!(^^)!

副長、そうですよね~
何か一人だけ”自己中”な感じがします(^_^;)

原田さんねー!
ホント、普通にしゃべって欲しいです(^_^;)

永倉さんがお好きなたまきさんにすれば、とってもステキな永倉さん♪ですもんね(*^^)v

Mini子さんへ

>総司役の人とは親子ほどあるように見えますね~

ねー!見えますよね♪

あー!「池田屋」の回、私見逃してるんですが(^_^;)
そんなカッコいいシーンが有ったんですね!

土方さん。
ホントにそうです(^_^;)

で、栗塚さん。
ははは、、確かに!

土方さんの肉声ってあるの?

私も録画して見てますが近藤さんは良いようになってますね。近藤さんの人柄と隊士への思いはとても伝わってます。けど、土方さんの立場があまり・・・・あさぎさんと同じで何か悪役っぽい?けど面以外似てました。栗塚さん土方副長に似てますね。
沖田さんと近藤さんって兄弟?それとも親子?どうなのかな?
後、原田さんあれ田舎弁?分かりませんが・・・・。
それにしても来年の大河ドラマ『龍馬伝』
誰やるんでしょう?局長・副長!
局長は香取君でも良いし副長は山本君やキムタク後は伊原さんでも良い!
あさぎさんは?

  • 20090418
  • 勇春 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
勇春さんへ

お~ ご覧になってるんですね「新選組」♪

近藤さん、メッチャ良い人ですよね(^_^;)
それに引き替え、土方さんは、、、

原田さんの「~ぞなもし」は何処かの方言なんでしょうかね~?
私もよくは分かりませんが、、、

>誰やるんでしょう?局長・副長!
>あさぎさんは?

さて、、誰がいいでしょうね?
局長は香取さん、副長は山本さんで行って欲しいのはヤマヤマですが、それは絶対に有り得ないので、、、
あ!局長は、「鞍馬天狗」で局長を演じてた緒形直人さんもいいなあ~
副長は、、「篤姫」に土方役で出るか?と噂されていた細川茂樹さんなんかもいいかも?
(^_^)v

初めまして。ルクと言います。

新撰組の情報を検索していて
こちらのページを見つけました。

私が新撰組に興味を持ったのは、
97年に放送された「驚きももの木20世紀」
で特集された永倉新八の回を見てからです。
また、生まれ育った壬生に対する理解を深めたい気持ちからでもあります。

と言いながら暫く壬生へは帰っていませんので、
時間を見つけて散策してみようと思います。

*検定の結果がボロボロでした(笑)もっと勉強せねば。

  • 20091220
  • ルク ♦sNmeE86I
  • URL
  • 編集 ]
ルクさんへ

初めまして♪
ようこそ新撰組屯所へ(*^_^*)

>驚きももの木20世紀

97年といえば、12年程前ですね!
そういう番組が有ったのですね。
私は残念ながら観て無いんですが、永倉さんが取り上げられてたんですね~ 
ステキな番組だったんでしょうね(#^.^#)

で、ご出身が壬生なのですか!?
うわ~ これまためちゃめちゃステキですね♪

壬生へは何度も足を運んでいますが、良いところですよね。

検定?
新選組検定とか?京都検定とか?
でしょうか?

次回、、有るのかどうか知らないんですが、、、
頑張って下さい(*^_^*)

ご返答、有難う御座います。

「驚きももの木・・・」は「外伝 新撰組 20世紀の誠」
と言う副題で放送されていました。
当時、故郷に対する懐かしさからビデオに録画し、
擦り切れる程再生していました(^.^;)

最近になってまた観る機会があったのですが、
流石に忘れている箇所がかなりありました。

内容は永倉新八の生涯を通して、新撰組の姿を描いた物で
彼が死んでいった仲間達の為、墓碑を建てようと奔走する姿、
「新撰組顛末記」を著す姿勢に胸を打たれました。
(要所で流れるZEPの「天国への階段」やナレーションが、切ない
新撰組の物語りを助長し涙を誘います・・・)
最近、ニコニコ動画にアップされた様なのでご興味があればどうぞ。

04年の大河ドラマによって壬生の知名度もそれなり!? に上がった様
で嬉しい限りです。私にとって大切な生まれ故郷の壬生を良い所と
評して頂き、有難う御座います。
八木邸や旧前川邸、壬生寺等落ち着いた雰囲気を感じさせながら、
至近の四条通りへ出れば交通機関を活用して幕末の史跡にアクセ
スしやすい等、新旧バランスのとれた街と感じています。

*検定については言葉足らずでした。こちらのページからリンクされて
いた新撰組検定の事です。中々難しい出題でした・・・

  • 20091220
  • ルク ♦sNmeE86I
  • URL
  • 編集 ]
ルクさんへ

番組について、大変詳しい説明を有り難うございます!
「新撰組顛末記」は未だに読んだ事が無いんですが、板橋へは行った事があります。
”ニコニコ動画”に?ですか~
また時間が有る時に見てみます。

壬生へは何度も行っている、と前のコメント返しにも書かせて頂いてるんですが、行くたび、壬生寺のあの広い境内に身を置き、「ここで新選組が砲術の訓練やら剣の稽古やら、やってたんだな」と遠い幕末に想いを馳せています。

で、、あ~! 新選組検定でしたか!
難しかったですか?
けど、楽しんで頂けたようで良かったです(*^_^*)

番組は土方の扱いが少ないので、
あさぎさんには物足りないかもしれませんが
お暇な時にでもご覧になってください。永倉の
男気が伝わってきますよ。

私も3年前に板橋の新撰組墓碑へ行きましたよ。
確か同じ敷地内に永倉の墓もあった様に記憶しています。
正面や側面に隊士の名が刻まれたその姿は、創立から消
滅までの6年間を完全燃焼させた"証し"だと感じ、手を合わ
せながら涙を禁じ得ませんでした。
訪れた際、墓碑は老朽化が進んでいるとの張り紙がありました。
しっかりとした保存対策がなされたか気になる処です。

壬生寺は04年からだと思うのですが、近藤胸像付近が有料化
されていますね。昔は普通に見られたのに。
でもあの境内で砲術の訓練は・・・出来たのでしょうか(笑)

検定の答えは前述の番組にほとんど出ていたのに、覚えて
いない自分が情けなかったです・・・

*「顛末記」はさながら資料集の雰囲気です。新撰組の小説や
物語りの多くは「顛末記」を参考にしている為、間接的に読ん
でる事になるかも!? しれませんね。

  • 20091221
  • ルク ♦sNmeE86I
  • URL
  • 編集 ]
ルクさんへ

”永倉さんの男気”ですか~
また観てみます。

ルクさんも板橋へ行かれた事が有るのですね。
私が行ったのは、今年の「総司忌」の翌日でした。

”しっかりとした保存対策”ですか、、、
私も願っています。

壬生寺、、そうですね!有料ですね。
今までに二度程、入ったことが有ります。

>新撰組の小説や物語りの多くは「顛末記」を参考にしている

そのようですね(*^_^*)

「総司忌」と言う行事があったのですね。
調べてみると普段非公開の沖田総司の墓が、
この時だけ公開されるらしいですね。

壬生でも「山南忌」が行われているそうですね。
住んでいた頃には聞かなかった行事なので、
大河ドラマの影響でしょうか。
私にとっては小説に出てくる「格子戸の別れ」
位しか思い浮かばず、地味な印象が強いのですが
ドラマでの描き方がうまかったのでしょうね。

彼の介錯人は確か沖田ですよね。兄と慕う人の介錯は
命令とは言え非情極まりないと感じます。

  • 20091223
  • ルク ♦sNmeE86I
  • URL
  • 編集 ]
ルクさんへ

「総司忌」はいつから始まったのか、分からないんですが、今年は6月27日でした。

>普段非公開の沖田総司の墓が、この時だけ公開されるらしいですね。

そうなんです。
ちゃんとお墓の前で手を合わせる事が出来ます。

>壬生でも「山南忌」が行われているそうですね。

はい、来年が4回目となります。
仰る通り、大河ドラマの影響が大きいようですね。

>彼の介錯人は確か沖田ですよね

そのようですね。
以前、沖田さんが郷里に送った手紙を見た事があるんですが、近況を伝える中で「そういえば、山南兄が亡くなりました」と、さらっと書いてあったのが印象に残っています。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。