新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「公方さま・山南さん」とお殿さまの恋♪

6月25日 訂正が有ります(赤字部分)

視聴率がとってもいいらしい、大河ドラマ「篤姫

(以下”浅葱色の文字”部分は、クリックするとHPその他に飛べます♪)

「だ~やんのぶろぐ。」で、「公方さま・山南さん」について「こんな記事」があったよ~♪って、教えて頂きました♪

記事内には、こんな一文↓が有りました。

“喜怒哀楽をすべて笑顔で表現できる”といわれ、、、

いや~ 言われてみれば、確かにそんな感じ、しますよね!
堺さんの”笑顔”には、実際、”嬉しさ”だけでなく、”笑顔”とは相反する”悲しさ”や、
その他色んな感情が見て取れるなぁ~って思います。

記事を読んで頂ければ分かりますが、「新選組!」での「友の死」についても書かれてます。
忘れもしない2004年8月15日!
実は私、その日は、グアム旅行から帰って来た日だったんですよ。
で、、「走ったら、8時に間に合うーーーー!」って思って、最寄の駅からダッシュしたのを覚えてます!

、、、って、ココまで書いてて、オンエアの日、間違ってたらどうしよー?(苦笑)

ま、とにかく、堺さんは、大河「篤姫」においては、今や”主演男優”と言っても過言では無い、と書いてあります♪

* 「友の死」オンエアの日にちが間違っていたようです。
8月15日ではなく、8月22日だったとの事、教えて頂きました。



「篤姫」→「公方様」→「山南さん」→「新選組!」→「幕末」って事で、関連記事を一つ。

コレは「dandaraさんの所」で知りました。

ちょっと先の話ですが、7月23日の「その時歴史が動いた」では、「幕末お殿さまの恋・夢・涙(仮)」というのをやるそうですよ♪

幕末のお殿さま♪って、、一体何方なんでしょうね~~~?

大河繋がりで家定さま?
それとも、、皇女和宮と仲が睦まじかったという、家茂(慶福)さま??

慶喜公は、イマイチ恋とは縁遠い気がするんですけど、、、?
え?いくら”気に入らない”からって、それはあんまりですか? (苦笑)

そうですね、、、あんな慶喜公にだって、恋の一つや二つ、有ったでしょうからね~

あ、、、、

いや、、やっぱり想像出来ないです(苦笑)

史実の慶喜公のこと、ま~~~ったく調べて無いので何とも言えないですけど、
「篤姫」観てる限りは、「ネが暗そうやし、あんな覇気の無い男はパス~~」って感じなので(苦笑)

ま、誰が出て来てもいいです!
”幕末”っていうだけで、私の心はワクワクドキドキです♪
関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/793-b1beb54c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

まいど( v^-゚)

あさぎさん、まいど(*^▽^)ノ
どうもこの話題には敏感になってるようで・・(;´▽`A``
で、dandaraさんの「その時歴史が動いた」面白そうですね。
もしかしたら忘れてるかもしんないから、
あさぎさん「始まるよ~」って教えてね(苦笑)
慶喜公の事は本とか読んでると賛否両論あるみたいですね。
でも、「組」の人達の立場からすると情けないと
思っても仕方のない状況の将軍だったのかも・・っすね(^~^;)

  • 20080624
  • だ~やん ♦yQGq1PJ2
  • URL
  • 編集 ]

篤姫、視聴率いいようですよね。
私も忘れません。4年前の8月。
私は、ビデオをとってみてました。
調べてみました。放送日。当時の新聞記事
残ってました。
4年前の8月22日と記載されてました。
堺さんは、やっぱり偉大な方だとおもいます。
7月23日の「その時歴史が動いた」
楽しみです。
ところで、今日発売のテレビナビに篤姫特集
の記事が載ってました。
写真も素敵でしたよv

  • 20080624
  • ちんちゃん ♦-
  • URL
  • 編集 ]
私の記憶違いでなければ...

慶喜公は確か寝る時、側室二人(もしくは正室と側室と?そこんとこ覚えてません)と三菱のマークのようにああいう風に放射線状に寝ていたとTVで言ってたような気がします。 賊に襲われても対処できるようにとか....うーん、女達を守るためっつーより、我が身を守る為のようだったみたいで..... 慶喜公.....やっぱり受け付けないわ~。 歳三様がこの人の為に身を投げうったとわかっていても....(><)

  • 20080624
  • HS ♦-
  • URL
  • 編集 ]

私も篤姫楽しみに見てます♪
・・堺さんをお目当てにw(笑)

>“喜怒哀楽をすべて笑顔で表現できる”
なるほど~。
その人物にそれだけ入り込めて、さらに人に伝えられることができるって凄いことですよね!
これぞ俳優!!って感じです♪

歴史が動いた~の紹介ありがとうございます!
放送忘れないようにします!

やはり現在の感覚と違って、徳川家、将軍に対する当時の思いは、とても崇高で深いものだと思います。

新撰組隊士が実際どのように慶喜を思っていたか分かりませんが
昭和54年4月号「歴史読本 特集最後の将軍徳川慶喜」で新撰組隊士ゆかりの子孫のインタビューによると

近藤勇縁者 宮川豊治氏談「『昔夢会筆記』の中で慶喜公が、近藤勇の子孫として、感銘を受けた。時勢時世の節目に立つ人は毀誉褒貶がある。慶喜公とて例外ではない。聡明な君主ほど、言動について誤解されることが多いと、思わずにいられない」

土方歳三縁者 土方康談「慶喜様は維新の動乱の荒波に投げ出され、周囲をとりまく志士と称する人々によって右むけ左むけと注文をつけられ、最後には上野の山に押し込められた可愛そうな人です」

とまあ批判だけと思いきや慶喜にも同情すべき点があったとしてますね。

新選組と慶喜、立場が違えど共に京都で苦楽を一緒にした中、慶喜置かれた状況と苦悩を新撰組は理解してたのかも知れませんね。

Y字型に寝るのはかつて慶喜の信頼する側近が二人暗殺に倒れており、「いつ自分が」というトラウマもあったかも知れません。

字が抜けてました
「昔夢会筆記」の中で慶喜公が近藤勇の名を口にされていることに、近藤勇の子孫として感銘・・・」

篤姫、評判が良いとは聞いていたけど、視聴率が凄いですね~!面白いですもんね♪堺さんが影響しているって言うのは、間違いないですよね。毎回、どんな表情するんだろ~って楽しみですから♪

慶喜公の恋の話って‥私もあまり考えた事なかったです。。。この方は色々やらかしてますから、恋の話どころではないですよね(苦笑)

  • 20080624
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]

”友の死”すごく印象に残っている回ですね。
あの年の年末、あの回だけ再放送があったのを覚えています。録画しましたから。
笑顔ですべてを表現できる。確かにそんな稀有な俳優さんですね。堺さんって。

堺雅人さん「組!」の山南さんの時も素晴らしかったですが今回の大河で再び注目されてますね。
何気にあの公方様が楽しみで毎週ワクワクしながら観ているようなとこもあるし(^^)
私は映画「壬生義士伝」で沖田役の堺さんが血を吐きながら見せる笑顔あれもとても印象的でした。
台詞だけでなく表情で上手く感情表現出来る役者さんって凄いなぁって思いますね。

お殿様の恋は家茂公で、夢が家定公?そして涙が慶喜公か?!なんて勝手に予想しているのですが(笑)放送が楽しみですね♪

だ~やんさんへ

「その時~」は、、、
はい!私も、もし覚えてたら、お教えさせて頂きますね~(苦笑)

で、、慶喜公ですが、
賛否両論、、、そうですね~
まあ、ね、100%悪い人、じゃ無かっただろうとは思うんですよ。
でもね、、家来を見捨てて自分だけさっさと江戸へ逃げ帰るっていうのは、やっぱりイカンでしょ~?と思う訳です。
”情けない”と思ってしまいますね~ ど~しても(苦笑)

ちんちゃんさんへ

「篤姫」
はい♪高視聴率のようですよ~♪

「友の死」
あーーーーー!
15日じゃなくて、22日でしたか!?
後で記事を書き直して置きます(汗)
教えて下さり、有難うございました♪

「その時~」
ね~ 楽しみですよね♪

「TVナビ」
買いました!
篤姫特集も見ました!
玉木龍馬の写真も載ってましたね♪

HSさんへ

”三菱のマーク”!!!(爆笑)

慶喜公のその話、お気に入りブログさんの所で記事、読んだこと有ります!
そうそう!わが身を守るための寝方だったんですよねー ”三菱マーク”の寝方って(笑)

ホントにね~
土方さんってば、何であんなヤツの事、魂になってまで守ろうとしたんでしょー???
合点が行きません!

ぱせりさんへ

「篤姫」は堺さん目当てですか~~?
おお同志!私もです!(笑)

堺さん。
ホントに、俳優道(そんな”道”有るのか? 笑)を極めてらっしゃるようですよね!

「その時~」
私も忘れないようにしま~す(苦笑)

毅さんへ

慶喜公について、大変ご丁寧な説明を有り難うございます。

近藤さんの縁者の「名君ほど毀誉褒貶がついて回る」という言。
土方さんの縁者に至っては、同情するかのような言。
どちらも、よく分かりました。

私も、慶喜公のことは、「100%悪い人だった」と思ってる訳じゃないです。
時代が時代だった、ということも大いに有ると思ってます。
良くも悪くも、時代に翻弄された方だったんでしょう。

しかし、、Y字の寝方。
コレは、、男として、、というか、人間としてどうなんでしょうね~?
自分の身を守るためには、他人を犠牲にしてもいいのか?と、あさはかなんでしょうけれど、現代人の私なんかは、疑問に思ってしまいます。

Mini子さんへ

「篤姫」は、高視聴率だそうですよ~♪
ホントに面白いですよね!

公方さま♪
そうですね~
私も、毎回、今回は一体どんなこと、やらかしてくれるのかな~?って楽しみです(笑)

で、慶喜公。
あ、、、”色んな事”ね、、
恋どころじゃない、か、、ホントにそうだったかも?(笑)

桃源児さんへ

「友の死」は、そうですね~
私もあの回は、特に印象に残ってます。
で、私も再放送、やってたのを観ましたけど、何度観ても慣れるって事が有りません。いつも泣いてしまう話です。

堺さん♪
そうですね~ 
堺さんのように、笑顔で視聴者を魔法にかけてしまうような俳優さんは、滅多にいらっしゃらないと思います。

dandaraさんへ

本当に「山南さん」は、素晴らしかったですよね!
家定公も、最初は、「ん???」って思ってたんですが、だんだんハマって来てますよね♪
私も「篤姫」、公方さまが目当てで観てるようなもんです(笑)

>映画「壬生義士伝」で沖田役の堺さんが血を吐きながら見せる笑顔

あー 有りましたね!
けど、、私、沖田さんじゃなく、どーしても山南さんに見えて仕方なかったんでした(苦笑)

>お殿さまの恋

あ~ そうかも!?
と言いたい所なんですけど、、昨日「TVナビ」を見たら、タイトルが変わってたんですよ~!
「幕末動乱はなぜ始まった?」ってヤツに。
又、この事、ウチで記事をアップするかも知れませんが、、
いや~ 「お殿さまの恋」の方が断然面白いと思うんですけどね~(苦笑)

篤姫を観始めた理由は、堺さん♪
記事を見てなぜかうれしくなっちゃいました。
これからも頑張っていただきたいですね!

「その時歴史が動いた」、絶対観ようとおもいます。

  • 20080625
  • てのひら ♦-
  • URL
  • 編集 ]

Y字型に寝ることについての解釈はあさぎさんと私では大きく違いますね。

Y字に寝たほうがどこから不審者が忍び寄っても足音を誰かが気付きやすいであろうし、万が一襲われても誰かが逃げ出し助けを呼ぶ、または反撃に転じるでこともでき、より安全でしょう。

もちろん慶喜家にも警備はしていたでしょうから「そなえあれば憂いなし」といったところでしょうか。
Y字型に寝る=「自分だけ助かりたい」ではないと思います。

話は変わり、前回、慶喜の側近が暗殺されたこと書きましたが側近の一人、平岡円四郎が殺害された時、自らも傷を受けながらも犯人を追いかけ、一人は切り倒し、もう一人に重傷を負わせた豪傑、川村恵十郎がいます。
川村が強いのもそのはずで、彼は天然理心流の使い手でありました。

慶喜に感情的に入りにくいのなら周辺人物を調べてみるのも面白いですよ。

川村恵十郎については「霊山歴史館紀要 第10号」の中に紹介されてます。 
京都の霊山歴史館で売ってますのでよかったら見てください

てのひらさんへ

堺さんに関する記事、とってもいいコトが書かれてますよね~♪
ホントに、これからの活躍がますます楽しみな俳優さんです!

「その時~」
はい♪是非ご覧になってみて下さい♪

毅さんへ

>Y字型に寝る=「自分だけ助かりたい」ではないと思います。

なるほど。

>川村が強いのもそのはずで、彼は天然理心流の使い手でありました。

そうだったんですか!
天然理心流は、”田舎剣法”と揶揄されていたようですが、やはり実戦には強かったんですね!

次はいつになるか分かりませんが、京都へ行く事があって、しかも時間が許せばですが、霊山歴史館にも足を運んでみたいと思っています。

色々と教えて下さり、有り難うございました。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。