新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

武士の世界

独り言「いや~ 千葉ロッテって強かったんやね~  しかし、、スゴイよ、あの360度の(え?昨日はかろうじて320度? 笑)阪神ファンの応援にもメゲずに勝ったってトコは称賛に値する! うん」(←そこかい!?)

え~ 本題。
先日、関西ローカルの番組の中で、「知られざる武士の世界」というのをやってました。

お話されていたのは、”武士のエキスパート”なんだそうですが、歴史家、作家でもある加来耕三さんとおっしゃる方。

加来さんが仰るには、「ほとんどの時代劇は、90%以上が間違いです」との事。

というのも、実際の武士の世界と、時代劇での武士の世界。
コレがあまりにも違い過ぎているんだそうです。

下記のごとく、例を挙げていました。

1、武士が大手を振って歩くシーン

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
コレは、有りえないんだそうです。

なぜなら、刀は、鞘に入ってると言っても、刃は上を向いているので、左手は、常に刀に添え、そして右手は、いつでも刀を抜けるように腰に添えて居たから、との事。

つまり、、、「新選組!」での”山南走り”が正解!との事です♪

2、武士が走るシーン

コレも考えられないとの事。
武士は、江戸時代、士農工商で言えば、一番上の身分。
なので、みだりに走ってはいけなかったんだそうです。

3、武士同士がすれ違うシーン

一応、刀を左側に差していたので、、刀と刀が触れ合わないよう、左側通行が決まりだったそうです。

右側通行をして鞘同士が触れ合ってしまった場合は、”武士の魂を汚された”として、命がけの喧嘩になってしまう、との事(汗)

3、武士が同僚の家を訪ねるシーン

もし、客が自身の左側に刀を置いた場合。
家の主人としては、、、「こいつ、オレを斬りに来たなっ!」と思ってしまう、とか♪

左側に刀を置く、ということは、「斬る準備、いつでも出来てます♪」の合図だそうで(汗)
メチャメチャ失礼なことなんだ、とか。

なので、、実際は、客は、前もって使用人に刀を預け、脇差だけを差して家に上がったそうです。


4、「越後屋、おぬしも悪よのう~」「いえいえ、お代官さま程では、、」「「は~はっはっはっ」」のシーン

時代劇によくある、料亭などで悪徳商人が悪代官にワイロを渡すシーン。

コレ、有り得無いんだそうです~

実際は、料亭ではなく、取引は役場でのみ、されていたらしいです。

それに江戸時代、ワイロを渡すのは、当たり前のことだったそうです。
あらかじめ、公にワイロを上乗せしてあり、明細にもその旨が書かれていたそうで、「ワイロ=隠れて貰うお金」という認識は無かったそうです。

5、切腹のシーン

江戸時代は、あくまで「形式」を重んじていた、とのことで、本当に刀でお腹を斬る、ということは無く、
実際は、すこ~しだけ、お腹の皮を斬ったり(コレでも、怖いけど)
刀の代わりに扇子を使ったりして、形だけ斬るマネをした後、介錯人が首を落としていたとの事です。

いや~ 痛い、痛い、、自分で書いてても、何か首が痛い(苦笑)ですが、、、

こんなことを分かった上で時代劇を観ると、又違った角度から観れて面白いかも?ですね♪
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/775-4ec35079

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

まいどですぅ~。

あさぎさん、まいどです!
へぇ~、なるほどね~。勉強になりますわぁ。
「山南走り」かぁ・・・(-^〇^-) ハハハハ

あさぎさんにもうひとつ教えてほしいのが
あるんですけど、姫様とか帯をクルクルほどかれて
「あ~れ~」とか言うやつはどうなんでしょう?(笑)
あっ、ごめんなさい(^人^)冗談です(苦笑)

  • 20080529
  • だ~やん ♦yQGq1PJ2
  • URL
  • 編集 ]
だ~やんさんへ

>勉強になりますわぁ

でしょ~?
私も観てて「へえ~ へえ~~」ばっかり言ってました♪

>「山南走り」

あ、ご存じですよね?
もし、ご存じ無ければですが、説明致しますと、、、
「組!」で山南さんが会津本陣の廊下を走ってた時に、両手は常に腰、だったんですよ。
ソレを称して「山南走り」と言います(笑)

>「あ~れ~」とか言うやつはどうなんでしょう?(笑)

え?実際に有ったかどうかですか?
アレはね、、、って、何言わせるんですか!

し、り、ま、せ、ん~~~~(笑)

こんばんは。
「知られざる武士の世界」、テレビでやってたんですね。知らなかった。残念、見たかったです 泣

切腹、本当にやってなくてよかった……。
こわいですから。
武士って奥深い、難しいですね。

  • 20080529
  • てのひら ♦-
  • URL
  • 編集 ]

そんな番組あるんですね・・。
私が思ってた以上に武士とは違うんですね!!改めて知りました。
切腹は怖いですよね!!汗
何事も穏便に運びたいものです。

面白いです~。こういう番組大好きです♪

>武士が大手を振って歩くシーン
左手は刀、右手は腰だと、自然に手と足が一緒になりますよね。だから現代人のような手と足が交互って歩き方も、時代劇ではおかしいんですよね。だからと言って、時代劇でほんとに皆、手と足が一緒で歩いてたら、笑えますよね~(笑) 昔をリアルに再現したら、奇妙な映像が出来そう。
90%違ってても仕方ないトコもありますね。

堺さんは、よく研究してますよね。感心しちゃいます。

  • 20080529
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
ほぉ~!

こんばんは★
面白いですねー!
こうしてみると実際の武士と時代劇の武士、ギャップがありますねぇ!
それにしても、刀の礼儀作法は一歩間違えばとんでもないことになってしまうんですね(汗)
怖い…!
とっても勉強になりました~(^▽^)

  • 20080529
  • 優雨凪 ♦n3C3tgxw
  • URL
  • 編集 ]
てのひらさんへ

関西ローカルの「大坂ほんわかテレビ」っていう番組内での1コーナーで「知られざる武士の世界」っていうのをやってました。

>切腹

江戸時代以前は、本当にやってた確率が高いそうですけどね(怖い~~)
でも、、結局は「首」を落とされる”斬首”と同じこと、ですよね~
あ~ 何か、また首が痛くなって来た~(笑)

ホントに、武士の世界って奥が深そうですよねー。
私も、もっともっと知りたくなってきました♪

海子さんへ

はい♪
「大阪ほんわかテレビ」っていう番組内でこんな1コーナーが有りました。

そうそう!時代劇で観る武士とホントの武士では、かなり違うらしいですよ。

>切腹は怖いですよね!!汗

ねー ホント、話し合いで解決して欲しいですよね(笑)
十分話し合えば、山南さんだって脱走しなかったんですよ!
切腹なんて、せずに済んだんですよ!

、、、って、、つい、、「組!」話になってしまうのは、私の悪いクセですね(苦笑)

Mini子さんへ

私もこんな番組、大好きですー♪
つい身を乗り出して観てしまいました(笑)

>時代劇でほんとに皆、手と足が一緒で歩いてたら、笑えますよね~(笑)

今、自分でやってみました(笑)
手を振らないで歩くって、歩き難いですーーー!

けど、仰る通り、実際の武士を完全に再現したら、時代劇がみんなコメディになってしまいそうですね(笑)

>堺さんは、よく研究してますよね。感心しちゃいます。

ホント!そうですね♪

優雨凪さんへ

ね?面白いでしょー♪

そうなんです~
ギャップ、かなり有るらしいです。

>刀の礼儀作法は一歩間違えばとんでもないことになってしまうんですね(汗)

そうそう!
「知らなかった」じゃ済まされないですよね、命掛かってるんですから~(汗)

私もこのコーナー、とっても勉強になりました♪

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。