新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

義経「決戦、壇ノ浦の戦い」

昨日、義経「決戦、壇ノ浦の戦い」を見た。
海上戦ってとっても戦いにくいように思った。
地上戦を推奨してる訳じゃないが。

先日のスタパでも白石さんが言っていたが、「なんで女、子供まで戦場に連れて行ったんだろう?」
っていうのは、私も思った。
別に、連れて行かなくても館(?)で待たせていればいいんじゃないのかな?
死なば諸共って感じなのかな?
ま、色々訳があったんだろうけれど、、。不可解。

義経は何度もジャンプしてた。「うっそ~~」と思ったが、金粉が舞っていたりして美しかったな。
小泉孝太郎(資盛?)は結局首斬って自害したんだな。
知盛は自分に石のおもりつけて沈んでしまったし、、。
「見るべきものは全て見た」って言うのはすごい言葉だよね。
時子が義経に向かって少し笑って居たように思うが、
きっと、「安徳天皇と親王を取り替えたから、平家の血は途切れないわよ」っていう笑みだったんだろう。(でもこれってドラマだからこの件は史実じゃないよね、多分)

で、親王って弟?安徳天皇の弟なの?よく分からないで見てる。

壮絶な戦いが終わって、源氏が圧勝しても義経達、源氏側の表情は暗い。
戦いは、勝っても負けても虚しいのだ。
勝っても負けてもお互い傷付くだけなのだ。
戦う意味はあったんだろうか?無益な争いは止めようよ。
平家と源氏、仲良く共生できなかったのかな?と思った私であった。

なんか、「平家物語」を読む、いや、それは面倒だから、聞きたくなって来た。
琵琶の音を聞きながら、、、。


驕る平家は久しからず、盛者必衰のことわりを表す、、だったかな。
(うろ覚え)




関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/76-eb04f27a

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

あの連続ジャンプは華麗でしたけど
実際には何十キロもある鎧を着て
あれは無理でしょうね~(笑)
飛んでる時相手見てなくなかったですか?(笑)

  • 20050906
  • sakura.com ♦bGf9qjkw
  • URL
  • 編集 ]

20キロくらいあるそうですよ、あの鎧。
しかし、鎧着て刀振り回すこと考えたら、
新選組の時代はまだ、軽装でしたよね。
(なんとなく、思いついた)

あさぎさん、こんにちは~♪
今まで、なんだかんだ言っても、やっぱり平家側の人たちのほうが目立ってましたよね。
今回も、キラキラの演出や派手な八艘飛びがなければ、知盛の迫力に負けそうでしたものね。
これで、義経主従のひとりひとりが目立てるようになるのかな?
去年でいうと、芹沢鴨暗殺後って感じでしょうか?

ninaさま、こんにちは。

なるほど!鴨暗殺ですか~。
そこまで考えが及びませず~。
さっすが「新選組!」ファンですね~。(って、私もそうなのだが、、)
仰る通り、これからは郎党一人一人が目立ってくる事に期待して、見て行きましょうね!

あさぎさん、こんにちは(^O^)/
[40女の独り言]のえこままです。
ブログを作って初めてのコメントでうれしかったです。私と同年輩の方なんでしょうか?
私は、必死で(笑)ブログを更新しています。
ネタも書くのが大変ですよね。私も、時々遊びに来させていただきます。

  • 20050906
  • えこまま ♦-
  • URL
  • 編集 ]

はじめまして。
先日はコメントを残して下さり、有り難う御座いましたv
私も歴史が大好きで、特に新撰組好きなので、こちらの記事はどの記事も、楽しみながら読ませて頂きました(^-^*)
義経のジャンプシーンは、華麗かもしれないけど思わず「こらこら」と1人突っ込みしてしまいました笑。
また是非是非、遊びに来させて頂きますね♪

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。