新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

二人日和

ももさんの所で放映があることを知りました。

映画「二人日和」

”土方さんの老後が見れる?”(←ももさんが書かれてたんですが)ってコトで、先日(2月24日)、日本映画専門チャンネルでやってたのを録画して、観ました。

以下、ネタバレ有りの感想です。
これから観ようと思われてる方は、読まない方がいいかも? にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

老夫婦の物語なんですが、無口で気難しい装束司(葵祭りの時とかの装束を作る方)の夫役に、栗塚旭さん。

若い頃は、ダンスが上手で、皆のあこがれの的で、駆け落ちしてまで一緒になった経緯を持ち、
年老いてからは、どんどん筋肉が衰え、治る見込みのない病気を抱えている妻役に、藤村志保さん。

大学で遺伝子の研究をしていて、趣味はマジックをすること、の好青年役に、加集利樹さん。

後は、、、あんまり知らない人(私は、ね)が出演されてました。

この映画は、平成17年っていうから、3年前に上映されたモノですね。

スタジオ撮影が一切無く、オールロケで撮った映画だそうです。
オールロケっていうのには、経済的な理由も有ったらしいですが、美しい京都の風景がたくさん観れて、素晴らしい映画でした。

加集さん以外は、ほとんどの人のセリフが関西弁、っていうか、、京都弁。
関西人の私の耳に、スーっと入って来ました。

この映画、特にドンデン返しが有る訳でもなく、ましてやサスペンスでもなく、当たり前のことなんですが、寿命が尽きていく人間の日常の有り様が、静かに流れて行くって感じの映画なんですが、観てて、こう、、何て言うか、、

癒される?

何か、、そんな感じがしました。
愛する妻に先立たれてしまった夫は、観ていて哀れでしたけど、あんな夫婦って理想ですよね~

上映後の解説者の説明で分かりました。
栗塚さんが演じる黒由さんが、湧水を汲みに行くシーン、何度も出て来たんですが、
梨木神社(なしのきじんじゃ)だそうです。

鴨川べりの桜が満開のシーンや、四条どこどこ(覚えてない)の京町屋の風景などなどを観ていると、心が洗われるようでした。

いい映画を観た、と思っています♪
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/707-285ec7fa

この記事へのトラックバック

二人日和
二人日和 映画館。360゜おじいちゃん、おばあちゃんでした。 一人浮いてた… 母が栗さまの大ファンで付き合いで行ったんだけど… もう。号泣。 母が引いてました(笑)あまり泣くので。 映画では滅多に泣かないんだけど、これはきてしまった。 内容はとっ
  • 20080226
  • From : **neko*neko**

この記事へのコメント

おぉ~!この映画観られたのですね。
近くの映画館でやってなくて、上映している遠くの映画館まで泊まりがけで行って観てきましたよ。
映画館でもうぼろぼろでした~(涙)
しんみりした雰囲気だけど、二人の愛情は熱いんですよね。また観たくなってきました‥
この映画、たしかドイツの映画祭でグランプリとったんですよ。
良い映画ですよね~。

TBさせて下さい♪

  • 20080226
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
Mini子さんへ

え?泊まりがけで観に行かれたのですか!?
それは、スゴイ!

泣いてしまわれたのですね~
うん、、私もウルッと来ました。
>二人の愛情は熱いんですよね
そうですね。
夫が妻に魚の身、取って食べさせるシーンとか、体拭いて上げるシーン、とか、至る所で二人の愛情の深さ、熱さが感じられました。

ドイツの映画祭でグランプリ?ですか~?
なるほどね~ 本当にいい映画でしたから。

TB,有難うございました!

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。