新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「黒龍の柩」を読んで

昨年末にTVでやってた「武士の一分」観ました。
ギョギョスペも観ました。
「篤姫」第一回目。

等など色々、感想記事はまた後日アップするとして、、、
今日は、「黒龍の柩」読後感想記事をアップしたいと思います。

いや~ だってね~
読み終えてから、随分と日が経ってしまったのです~(汗)

すっかり忘れてしまわないうちに書いてしまわなければっ!

えっと、、、
本をまだ読んでないと仰る方は、この記事を読まない方がいいと思うので、以下「続きを読む」中に入れて置きたいと思います。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
以前、少しだけ記事にしたんですが、、、
読み終えて最初の感想は、「う~~ん、、、(苦笑)」でした。

でも!コレだけは言えます。
「最後に”土方さんが死なない”って分ってる本は、ヒヤヒヤせずに読み進む事が出来る」

ははは、、、(何か、、虚しいような気がしなくも無いですが、、、)

では、では。

最初の方、土方さんと山南さんがとっても仲良しです。
”仲良し”っていうのは語弊が有るかな?
ま、、、お互い”認め合ってる”って感じです。

後、山南さんが切腹した理由。
不治の病に掛かってしまった山南さんが、自分の命を賭けて新選組を守った形になってます。
コレはもちろん作者の創作なんでしょうけれど、ファンとして、大変納得出来ました。

それから、、、
土方さんは、勝海舟と頻繁に会って話をします。
コレ、私にはとっても意外なんですよね~

そのうえ、時の将軍、徳川慶喜とも直で話します。
蝦夷地へ慶喜公を連れて行って、蝦夷共和国でトップに立たせようという計画を練って、色々と画策するんですよね~ 土方さん達は。

薩長の目をくらませる為、土方さんはいろんなコスプレもしてたような気が、、、(笑)

ま、、、物語は、史実に沿ってるので、結果的には、慶喜公の蝦夷地行きは、阻止されてしまうんですが、、、

あ!そうそう、、総司!
史実の沖田さんには、あまり女の影って無かったような気がするんですが、この本中では、”多恵”って名前でしたっけ?同じ労咳の恋人が居ます。
沖田さんと休息所、っていうのが、イマイチしっくり来なかった私です(苦笑)

土方さんの女関係はどうなんだ?ですか?
あ~ 一行だけそんな描写が有ったかな?
でも、恋人は居ません!(嬉)
とにかく、ハードボイルドです(笑)

話があっちこっちへ飛びますが、、、
土方さんたちが敵と斬り合う場面がたくさん出て来ます。
その描写を読む度に私、眉間にしわが寄ってしまいました(笑)

それはもう、、、恐ろしいコト、書いてあるんです~~

え~っと、、それから、、
土方さんの近藤さんに対する態度ですが、最初から最後まで忠実、というか、行く道は違ってしまうけれど、ずっと局長を立ててます。

”謎の料理人”久兵衛。
”鯉の甘露煮”美味しそう~ 一度食べてみたいものですが(笑)
この人が、土方さんと同じ黒いフランス製の軍服を着たら、副長と見間違うものも居た、っていうくだりが有るんです。
ココ読んだ時、、、「身代わりが撃たれる」っていうのを知ってたので、私、思いました。
「はっは~~ん、、この人が土方さんの身代わりになるのか、、、」って。

しかし、、、北方謙三さんって、、大鳥圭介のこと、嫌いなんかな?
小ずるいヤツに描かれてます。
っていうか、、なんかそんな感じがしました(苦笑)

あまり詳しく書くと長くなるので、はしょりますが、、、

最後は結局、久兵衛が「新選組副長、土方歳三」って言って馬上で撃たれる訳なんですが、その前に土方さんったら、兼定を上げてしまうんですね~
「土方歳三」として死ぬなら、兼定と共にあらねばならない、っていう気持ちと、自分にはもう刀は必要ない、っていう気持ちから、なんですが。

このくだり、、、私としては、土方さんが兼定(武士の魂)を手放すっていう事が、嫌でした。

この小説の最後の方に、山南敬助や沖田総司のためにも、自分は死ぬことを目的とした闘いはできない、と歳三は思った。と有ります。

史実の土方さんもこんな風に思ってたのかな~?

はしょったものの、長くなってしまいましたが、以上が私の「黒龍の柩」を読んだ感想です。

ココまで読んで下さった方がいらっしゃいましたら、お疲れ様でした&有難うございました。
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/673-c99b7262

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

変わった小説ですよね。
義経のようにチンギスハンになっちゃうのか!?的な終わり方で(笑)

山南さんと仲良しなのはいいけど、口調が二人とも同じなので、どっちがどっちの台詞なのか時々分かんなくなりました(笑)

飛脚のようにあっちこっちに行く身軽な土方ですよね~。いつも上に立って人を指揮するイメージがあるので、人の下で細々動くのは違和感あったかも。

  • 20080107
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
Mini子さんへ

ホントに、異色ですよね(苦笑)

>チンギスハンになっちゃうのか!?
(笑)確かに~~~
でもホントに、あの後、どうなるのか?がとっても興味あります。続編、書いて欲しいなあ~

>どっちがどっちの台詞なのか
そうそう!この事、書き忘れてますが、私も同じく、そのように感じました。

>飛脚のようにあっちこっちに行く身軽な土方
飛脚~~~~(笑)
そうです、そうです!そんな感じですよね~~
これも書き忘れてますね~私(苦笑)

「土方さん、、また戻るの?」とか、、
「えええ?一睡もして無いんじゃないの~~?」とか、、
読んでて、可哀相になってしまいました(苦笑)

で、、、
>違和感あったかも。
うん、、、そう言われてみればそうですね。
上様の為なんですが、、ちょこまかしてましたね(苦笑)

待ってました~

ついに、「黒龍の柩」感想ですね。
やっぱ、「苦笑」な感じでしたか~。そうですよね~。
あれは、幕末や新選組にインスピレーションを得て
書いた推理小説って思って読まないとですよね・・・
史実とかめちゃくちゃだし。
そうそう、上のコメントでも書かれてますが、
あんなに短時間で雪の山形と江戸を往復するのは
いかにトシ様が鬼足だったからって、新幹線でも
乗らない限り、ぜったぃ無理ですっ!!!と、しばし
冬の山形に出張に行って雪に苦しめられる私は確信します。
でも、全体的にはテンポも良くってサクサク読めますよね。。。
私も鯉の甘露煮にはとっても惹かれてます。。。じゅる。

  • 20080109
  • 華乃子 ♦VBAjDNOo
  • URL
  • 編集 ]
華乃子さんへ

コレ以上書かずに放って置いたら、絶対忘れてしまう~~と思って、やっとこさアップしました(苦笑)

>いかにトシ様が鬼足だったからって、新幹線でも
乗らない限り、ぜったぃ無理
そっか~ やっぱり、そうでしたか~
いや、私も「歩きでかい?ま、100歩譲って馬に乗ったとしても、そんなんで行けるのか?」って思ってました(苦笑)

>冬の山形
私には想像も出来ませんが、、、
大変なご苦労なのでしょうね、、お察しします。

>サクサク読めますよね。。。
はい、途中ダレることなく読めました~

>私も鯉の甘露煮にはとっても惹かれてます
ね~~ とっても美味しそうな感じ、しますよね☆

これは本当に異色な小説でしたね。
中村半次郎や坂本龍馬も出て来るし。
しかも龍馬は土佐弁を話さない。
ということで、口調がどれも似ていて、誰が話しているのか、時々わからなくなりました。
まあ、死ななかったというのも、死体が発見されていないということで、可能性はあるかなあと思ったことを憶えています。

桃源児さんへ

ホントに、異色ですね~

>口調がどれも似ていて、誰が話しているのか、時々わからなくなりました

そうそう、そうでした。
脚本のように、会話のカギカッコの上に何某、と名前を書いておいて欲しいくらいでした。

>死体が発見されていないということで可能性はあるかなあ

あ、、確かにそうですね、、、
それに、そう考える方が夢が有りますね♪

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。