新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

蝦夷共和国

はあ~ やっぱり暮れも押し迫ってくると、忙しい事この上無いですね~
だけど記事はアップする(笑)

え~ 今年のNHK大河ドラマ「風林火山」も終わってしまいました。
一話も欠かさず、、とは行きませんでしたが、一応は観通したって感じです。

勘助の最期は、あっぱれ!でした。

けど、、アレって、武田軍が勝ったんですか?
引き分けじゃ無かったんでしたっけ?
う~~ん、、ま、どっちでもいいけど。

で、来年の大河は、「篤姫」ですね!
薩摩、島津藩のお姫様でしたよね。
「時は幕末」っていうフレーズ、、、
新選組ファンにとっては、たまらない何か、が有りますね~

ま、、「新選組」の出番は、なさそうですが、、、
観ようかな~ どうしようっかな~

では、本日の話題に移りま~す。

12月12日付けの朝日新聞の夕刊に”「しゃかぽん」のうんちく講座”と題する記事が載せられてました。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
因みに、「しゃかぽん」とは、朝日新聞の小学生向け週刊誌だそうです。

で、その副題は、「新選組副長・土方の最後は?」という物。

まあね、書かれてる事はみんな、知ってる事でしたけど、
記事中にこんな↓文章がありました。

「時代に逆行して滅び行く男のロマン?とんでもない!土方たちは箱館に自分達の政府を作り、選挙で代表を選んだの。土方も陸軍幹部に選ばれたのよ。民主主義や国際法の考えを採り入れた「蝦夷共和国」はフランスにも政府として認められたんだから、すごいわ。」

コレは、小学生向けに書かれたものだということなので、言葉が平易で分りやすく書かれてます。

言われてみれば、「蝦夷共和国」は”民主主義の国”になるはずだったんですよね。
今から思えばあの時代に、民主主義とは、、、
進んでますよね~ 考え方が。

オランダ帰りの榎本武揚だったからこそ考えられた事、だったんでしょうけどね~
あ!そういえば、、坂本龍馬さんも「国の代表は入れ札で決めるがやき~」って言ってましたよね、確か、、、
そうか、、そうですよ!
でも、、そういう考えは、当時の日本人にはとてもじゃないけど、受け入れ難いもの、だったんじゃないでしょうか?

あんまりよく知らないのに、こんな事書いていいのかどうか?分かりませんが、、、
(以下は、私の勝手な考えです)
”藩”が多過ぎたっていうのも、理由ですよね、多分。

先月、霊山歴史館で初めて知ったんですが、廃藩置県が行われる前は、日本には”藩”が約230か?そこら辺?あったとか、無かったとか、、、?
(数はうろ覚えですから、あまり信用しないで下さい)

その、、上手く纏められませんが(汗)
人々は、それぞれがそれぞれの藩に対する想いが強いあまりに、日本を”纏まった一つの国”として見ることが出来なかったんじゃないか?って私は、思うんです。

そして、纏めようとしたのが、坂本龍馬であり、、、
まあ、、蝦夷地だけでも、、という、形はどうあれ、榎本武揚だったんですよね。

だけど、”纏める”と言っても、坂本龍馬は、徳川家は蔑ろにしないっていう考え。
榎本武揚の、結果的に蝦夷地と内地を二分する事になってしまう考え。
こんな二人の思いは、新政府軍には到底受け入れられるモノじゃ無かったんですね。

で、二人の夢は実現されずに終わってしまった、と。

はは、、コレ以上書くとなんだか収拾つかなくなりそうなので止めときますが、
とにかく、新聞記事はココまでで、あとは「しゃかぽん38号」を読んでね~
と書いてありました。

まあ、新選組及び土方さんの最期は知ってるから、コレ以上読む必要無し(涙)
という事で、今日は新聞記事を紹介させて頂きました。
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/660-be737fe0

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

「風林火山」最初の頃は面白い!と思って見ていたのですが何故か途中で見るのやめちゃいました・・・でも結構評判は良かったみたいですね。ちゃんと最後まで見ておけばよかったです^^;
来年の「篤姫」は新選組の出番はなさそうですけど幕末なので見ます!ひょっとしたらちょっとくらい出てくるんでは?!という期待も込めて・・・

dandaraさんへ

途中で、、、ですか~
あ~ でも何となく分ります(苦笑)
戦国モノの常なんでしょうけど、同じような合戦シーンが多かったですからね。

ま、でも私、勘助の最期は涙しました。

「篤姫」ね~
なんてったって、「幕末モノ」ですからね~
新選組を完全に無視するって事、無いかなあ~?
私も観てみようかな~?

篤姫

こんばんわ。
自分のブログにも書きましたが、鳥羽伏見めぐりをしてから、薩摩が何故幕府を見捨てたのかと徳川慶喜の心境がどうだったのかを知りたいという気持ちが高じてますんで、篤姫はそれにはちょうどよさそう、と思い、とりあえずストーリー追ってみようかなと思ってます。
もちろんつまんなかったらすぐ挫折ですけどね~。基本的によっぽどはまったドラマしか見れない人なんで(^^;)

  • 20071219
  • 華乃子 ♦VBAjDNOo
  • URL
  • 編集 ]

小学生の新聞って結構難しい事書いているんですね~。民主主義なんて小学校で習ったかな?~(笑)
>「時代に逆行して‥」の青字の部分なんかすごくへぇ~って感心しちゃいました。歴史についてはまだ私は小学校レベルみたいです(笑)
土方は時代に逆行した事したけど、分かってやってるから良いんですよね。

華乃子さんへ

あ~! ブログに書かれてましたよね~
慶喜に興味持たれたって。

そうですね~ 私も華乃子さんと同じく、よっぽどじゃないと、ハマりません(苦笑)

さあ、「篤姫」はどうなることやら?

Mini子さんへ

あ、「しゃかぽん」は、小学生向けの新聞というより、週刊誌みたいなモノのようですよ。

でも、そうですよね、結構難しい言葉使ってますよね。

青字の部分、本当はもっと書いてあったんですが、私もMini子さんと同じく、「へえ~、へえ~」の連続でしたよ(笑)

>分かってやってるから良いんですよね
そうそう!そうなんですよね。
士道を貫いたんですよね!(涙)

私は坂本さんも好きです。坂本さんがもし死ななければあの悲劇的戊辰戦争だって起きないし平和的貿易的国家になったのかな~そんな気がしますよ~!
戊辰戦争で東北諸藩のあの奥羽越列藩同盟【南北に天皇が・・・!?】これも蝦夷共和国と違うけど日本を二分にして作ったのかなと思います。そして蝦夷共和国これが出来たらどっかの番組でいってたけど
その後の日本が変わるのではないか~とか言ってたしとにかく民主的国家であるのかな?
よく分かりませんがとにかくどちらも凄いことになったことだろうと思いますよ~!
あさぎさんの記事良かったです~!

  • 20090126
  • 勇春~局長~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
勇春~局長~さんへ

ホントに、坂本さんが亡くなってしまったのは、日本の大きな損失でしたね。

拙記事を褒めて下さり、有難うございました。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。