新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

月真院潜入日記 その2

「月真院潜入日記 その1」から続いています。

私、霊山歴史館へは、今まで5回くらい行ってるかな?なのですが、今回の目的は、「沖田総司のブロンズ像」を見る事でした。

写真撮影は全て×なので、ココには載せられませんが、見た感想は?と言えば、
う~~ん、そうですね~
いわゆる ”ヒラメ顔”(ってどんな顔?)じゃなく、なかなかのオトコマエでした。

沖田さんを見たあとは、去年も居た、
シリコン製?のとってもリアルな坂本さんにご挨拶(笑)

あの坂本さんは、本当に今にも動き出しそうですよね~
「おまん、何でそんなジッと見るがやき?」(←土佐弁?)って喋ったとしても驚かないと思う~
むしろフツーに
「これは失礼しました。龍馬さん、初めまして」って答えられるような気がする~(笑)

この他にも色々書きたいことは有りますが、今はこの辺で置いておきます。(コレも又後日、記事にするかも?)

で、そろそろ月真院での夕食会の時間が迫って来たので、私達は歴史館をあとにしました。
200711172159414
(霊山護国神社)
↑紅葉がキレイだったので、写真に撮りました。
因みに私、ココへは今まで、一度も入った事有りません!自慢じゃないけど!

そして、いよいよ月真院へ潜入です!!


土方 「おい、気が変わった。やっぱりコレ、着てけ」
あさぎ「副長、お願いです!それだけは勘弁して下さい~ では!行って参ります!」

???な方は、「間者の間者」を読んで頂ければ、宜しいかと、、(笑)

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
門の左側にあった木戸?をくぐれば、、、
そこは、御陵衛士の屯所、月真院です!
200711172159416
(中から見た月真院門)
↑いつもは、外から羨ましそうに眺めてるだけだった月真院の門。
ついに、入れました!!!
20071117215931
(月真院紅葉)
↑あまりキレイに撮れてませんが、庭の紅葉です。
200711172159418
(灯篭)
↑食事をした部屋の天井に有った今で言うシャンデリアのようなモノ?
本堂だ、とのコトでしたから多分”灯篭”が正しいのでしょう(かな?)

夕食の準備が整っていました。

その日の食事は、「松花堂弁当」のような精進料理とお菓子とお抹茶。
料理の写真、載せたかったんですけどね~ デジカメからPCに取り込むこと、私には出来ませんでした(苦笑)(←YAGI節さんが教えて下さったのに、、、)

多分、YAGI節さんかネムソ~さんが、キレイな写真、アップして下さることと思います。(←他力本願?)

食事のあとは、住職さんの法話が有りました。
モノをはっきり仰る方で、話し方もお上手で、その内容は、私の心に染み渡りました。(コレも又後日、記事アップするかも?)

で、YAGI節さんの「他の部屋も見たいんですが、、、」という勇気ある一言で!
伊東さんたちが隠れていたと言われていた(んですか?)”隠し部屋”なる部屋も見せて頂けることに!

この部屋の写真もね、、、YAGI節さんかネムソ~さんトコでアップされてるかも?(←又もや、他力本願?)

ご住職の話によれば、谷原章介さんが役作りでいらっしゃった時に、こう仰ったそうです。

「伊東甲子太郎という人は、あんな所に隠れているような人じゃなかったと思う。もっと堂々とした人だったろうと思うので、演技するに当たっては、そういう所を出して下さい」と。

いや、、、私達が聞きたかったのは、伊東さんじゃなくて、斉藤さんのことなんですけど、、、?

でもね、聞ける”空気”じゃなかったんです~
とにかくご住職は「歴史的なことは聞かないでくれ」の一点張りでしたから。

でもでも、私達が食事した本堂。
あれは当時のままだそうで、
「伊東一派がココに居たのは、確かでしょう。きっと、ここから八坂の塔と塔に掛かる夕陽を眺めてたんじゃないですか?」とのコトでした。

斉藤さんに思いを馳せた私達3人は、月真院を十分堪能したあと、それぞれ帰路につきました。

「夜か、、う~~ん、どうしよ~?でも、、こんなチャンスは一生に一度かも?」
と、私にすれば、清水の舞台から飛び降りるくらいの覚悟で参加した今回の「月真院での夕食会」。

思い切って参加して、良かったです!とっても楽しかったです!

このイベントの事を知らせて下さったKさんと、今回ご一緒して下さったYAGI節さんとネムソ~さんには、心から感謝しています。今一度、改めて御礼申し上げます。

「お陰様で、とても充実した時を過ごす事が出来ました。有難うございました!そして、いつか又、お会い出来る日が来る事を楽しみにしています!!!」
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/641-3f82e953

この記事へのトラックバック

新選組の足跡(月真院 精進料理と法話の夕べ)
ここの続きではありますが、こっちの方が今回の話との関連性はあります。さて、いよいよ憧れの月真院です!!ついに、ついに、敷地内に足を踏み入れました~っ!! 左:門を内側から見た図です。中央の門は閉じられていました。右の小さな扉からひっそりとお邪魔....
  • 20071127
  • From : Slip Away

この記事へのコメント

アレ着た姿、楽しみにしてたのに~(笑)。

で、霊山歴史館、5度も行かれていたのですかっ。
すっ、すごい~。
それなのに、神社には行った事がないというのがまたすごい~。
実は、最近、「霊山護国神社詣でもありかな」なんて気になりつつあるのですが、あさぎさんもネムソ~さんも行った事が無いというのを聞いた時は「さすが3人揃って佐幕派……」と妙に感心してしまいました。

その後、PCへの写真の取り込みは出来たのですよね?
そこまで来れば、後一息だと思いますよー。
ブログによってやり方は若干違うと思いますが、記事をアップするのと近い感覚でアップ出来るんじゃないかなぁ?

  • 20071121
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
YAGI節さんへ

>アレ着た姿
(笑)
 いえいえ、”アレ”は、永久に封印(笑)

>神社には行った事がないというのがまたすごい~
(笑)
こうなったらもう、意地でも「絶対に入らないぞ!」と、心に決めようかな?(笑)

でも、やっぱり”左幕派”なんでしょうか?
「ココに入ったところで、新選組の誰のお墓も無いって分ってるしなあ、、、」
って思ってしいますから~(苦笑)

>PCへの写真の取り込み
そうそう!出来たんです。
出来たんですが、、、
何故か、「ココに保存したら、記事アップの時に取り出せる」っていうトコに保存出来ないんです~
いや~ きっと私のやり方が間違ってるんだろうって思うんですけどね~

又時間有る時に、色々やってみようと思ってます。
色々教えて下さり、有難うございました!

あさぎさん、こんばんは。

紅葉も美しい京都新選組巡り、楽しまれたようでよろしゅうございました^^

総司の銅像、見たいです。

歴史館までの坂もキツイのに、護国神社までは更に上らなければならないことが老体には堪えます^^;

>「ココに入ったところで、新選組の誰のお墓も無いって分ってるしなあ、、、」

組のなかで只一人、新見錦が祭祀されています。芹沢と同じく水戸脱藩、謎多き人で、勤皇派のスパイ説も。

龍馬さんの墓所まではそれほど登らなくてもいいので、一度お参りされるのもよろしいかと存じます。

月真院の隠し部屋をご覧になられたことはラッキーでしたね!
中2階の屋根裏部屋で、窓から山が見えたと思いますが、あの裏山から土方が大砲ぶっ放そうと言ったとか?(墨染直後)

>とにかくご住職は「歴史的なことは聞かないでくれ」の一点張りでしたから

この事をメールでお話ししようと思っていたのですが・・・
こちらのコメントに載せるのも憚りますが、ご住職はあまり新選組が好きではないということを聞きました。高台寺は豊臣家の菩提寺として謳っていきたいらしく、新選組に関してはあまり触れて欲しくはないとのことらしいです。

でも、まあ、入れたことは良かったですよね。

またいつかご縁がありましたら、皆さんと京都をご一緒させて下さい。 

  • 20071124
  • 閑山亭石翠 ♦u13ZVev.
  • URL
  • 編集 ]
閑山亭石翠さんへ

お天気にも恵まれ、紅葉も見れましたし、なんと言っても、月真院に入れた事が今でも「夢を見ていたんじゃないか?」とさえ思えるほどで、大変楽しい時を過ごすことが出来ました。

>総司の銅像
霊山歴史館のHPに写真が載っていたと思いますが、、、宜しければ、ウチのリンク欄から飛んでみて下さい。

>護国神社
新見錦のお墓が有るんですね~ 知りませんでした。
で、そうですね、5回も行ってるのに、せめて坂本さんのお墓にはお参りすれば良かったと、今更ながら、後悔しています。

>隠し部屋
そうなんです! 見れるとは思って無かったので、ラッキーと言うべきですね~
窓は、閉まってました。
あ~! 開けてもいいですか?と聞けば良かったですね~~

フフフ、、土方さんね~
「大砲ぶっ放せ!」ですか~
確か、、「新選組!」でも言ってましたね~そんな事。

”ぶっ放”されてたら、月真院は木っ端微塵になってしまってて、私達、入れなかった所でしたね(苦笑)

で、、、ご住職。
あ~ そうだったんですね。
”新選組より豊臣家”ですか。
じゃあ、「何かご質問は?」の時に、豊臣家について何かお聞きすればよかったですね~

こちらこそ、もし機会があれば、今度こそ是非、京都へご一緒させて下さい。

今回の夕食会についてお知らせ下さったことについて、再度お礼申し上げます。
本当に、有難うございました。

龍馬さんに会いたい。

あさぎさん ○場からこんにちは^^;

霊山歴史館は中学校の修学旅行で行った「気がする」のですが(汗)
ぜひ次回の京都の旅では訪れてみたいです。
あ、↓記事の角屋さんも行ってみたいです!(何気に要望 笑)

谷原さんが訪れた際のことや隠し部屋などに
幕末に思いを馳せつつのお食事と貴重な時間をすごせましたね~。


今頃ではありますが、やっと「その時の歴史:会津編」を見ました。(最初は切れてましたが 泣)
徳川将軍家・朝廷に対して不忠義者とされた件
悔しさで涙が滲みました。
日本のためにという大きな志は同じはずなのに
何故あそこまで・・・と、歴史の常を感じずにはいられません。
でもその歴史が今 会津の志 を評しているんですよね。最後の一筋の想いは叶った のかもしれない。
それぞれの正義が、もっと違う形で語られより洗練される世の中であって欲しいと思います。

会津派でも長州派でもなく ただの歴史モノ好きな
遠州在住年より長州在住年の方が長くなった るかでした~(〆が長い^^;)

  • 20071125
  • るか ♦E6psF8zg
  • URL
  • 編集 ]
るかさんへ

○場から、有難うございます~!(笑)

次回は、霊山歴史館と角屋、と。
OKです!(笑)

>幕末に思いを馳せつつのお食事と貴重な時間
本当に。
何方かへのコメント返しにも書かせて頂いてるんですが、今でも「夢でも見てたんじゃないか?」という気がしてます。

>その時 会津編
ご覧になられたのですね~~

>徳川将軍家・朝廷に対して不忠義者とされた件
悔しさで涙が滲みました
そうですよね、私も同じでした。
あまりにも理不尽だと思いました。
でも、新選組にしても、会津にしても、現代の人はその「忠義心」を理解してる。
少しは浮かばれるんじゃないかな~?
なんて思ってます。

こんばんわ☆

あさぎさん達も京都に行ってらしたんですね。
YAGI節さんのブログも拝見させていただきましたが、すっごい貴重な体験ができたみたいで、良かったですね!
私もその1週間前に(主に鳥羽伏見ですが)京都行って、ノロノロレポってたのを、今日やあああぁっと終了させることができました~。
旅行自体よりレポ書いてる時間の方が長かったんじゃないか!?(爆)

  • 20071126
  • 華乃子 ♦VBAjDNOo
  • URL
  • 編集 ]
華乃子さんへ

はい!京都に行って来ました~

で、そうなんです!とっても貴重な体験、させて頂きました。
ホントに、夢のようでした。

華乃子さんのとっても丁寧な京都旅行レポも、少しづつ読ませて頂いてました。
先ほど、コメント付けさせて頂きましたので、又読んで下されば嬉しいです♪

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。