新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

斉藤さんに惚れた!

今日は、「新選組血風録」の感想記事を書きたいと思います。

「とにかく斉藤さんがカッコイイ!」と噂の第五話「海仙寺党全滅」を観ました。

”明石藩脱藩、斉藤一は、剣の達人だが、いささかも驕り高ぶる事もなく、、
人望あり、、、”

と紹介されます。

ちなみに、、
「血風録」の斉藤さんは、”え?オレの趣味?それはだな、、ズバリ、恩返しだ!”の斉藤とはちょっと毛色が違います(苦笑)

今や、新選組の3番隊隊長となった斉藤さんの元に、中倉主膳という古い友人だと言う浪人が訪ねて来ます。

でも、斉藤さんは、その人に全く見覚えが無い様子。
それもそのはず、同門と言えど、それは子供の頃の話だったのです~

中倉は、斉藤さんに、「新選組に入隊させて下さい!」と頼みます。
まあ、、今で言う”コネ入社”?みたいなモンなんでしょうか?え?違う?

人の良い斉藤さんは、快諾。
早速、屯所へ連れて行き、近藤さんや土方さん、沖田さんに紹介します。
三人も、斉藤君の紹介なら、、と面談即決!誰も文句は無い様子。
で、、、中倉は、即、三番隊所属と決定です。

斉藤さん達が部屋を出た後、沖田君、斉藤さんについて語っています。
「斉藤さんは、100人に一人、いや、1000人に一人の剣の名人ですからね~ 努力家だし、、人がいいし、、、」って。

うん、うん、沖田君!君の意見は正しいよ!

その中倉、、、
何と、入隊したとたん、斉藤さんに借金を申し込みます。
「15両、、いえ、10両でいいんです、、、、」
10両と言えば、、現在の相場なら、約30万円ってトコでしょうか?

いくら知り合いとはいえですよ?いきなり30万円の借金申し込むって、、、ちょっとアンタ、、、ですよね~?

斉藤さんは、ん?と思いながらも、それなら隊費を前借りするように、と勧めます。

この中倉、、、悪い人じゃないんですが、恋人、、じゃ、無いですね~ 恋人にしたい、想い人が居たんですね~
で、その女に入れあげてた訳です。だから、お金が必要だった訳なんですね~

まあ、その女が原因で事件は起こる訳なんですが、、、
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
その女、名をお小夜というんですが、彼女は、その、、何ていうんでしょう?
遊女?でも無いと思うんですけど、、仲介者が居て、言わば”客を取ってた人”な訳です。

そのお小夜は、中倉と付き合って置きながら、水戸藩士で構成された「海仙寺党」のリーダー的な人?とも付き合いを始めたって感じ?

この水戸藩士達、、、会津藩も所司代も手を焼いてた連中だった訳です。
でも、、、どちらも、表立って手を出せないで居た訳ですね。

で、、ココで、新選組の勘定方から斉藤さんに、「中倉の前借が多過ぎるんだけど~?何か訳でも有るの~?斉藤さん、責任者なんだから、、聞いてよ!」とチェックが入ります。

斉藤さん、、中倉を飲みに誘います。
お金が必要な訳を聞き出します。
中倉は、正直に話します。
「女が居るんです、、、金が掛かるんです。でも、でも、公私の区別は付けてます!斉藤さんに迷惑は、掛けませんから!」
斉藤さんは、、自分に迷惑が掛かるのは、いいんだ。ただ、隊に迷惑は掛けないように、、と諭します。

しばらくして、中倉は、三番隊平隊士から、勘定方(だったと思うんですが)へと配置換えになります。
人事異動?っていうのかな?つまりは、外回りから内勤へ移動、な訳です。

で、その後、事件が起こります。

なんと、、中倉と海仙寺党のリーダーが、お小夜ん家で鉢合わせ!
リーダーは、中倉を新選組隊士と知り、「新選組の襲撃だ!」と勘違い。

哀れ、、中倉は、斬り殺されてしまいます。
剣の腕がそれ程でも無かったので、内勤へと移る間際のことでした。

この事を知った斉藤さんは、土方さんに報告。
斉藤「土方さん、中倉は、、病死、という事にして頂けませんか?」
土方「何故だ?」
斉藤「中倉の武士としての面目が保てないからです」
土方「法度に反したんだな?私闘か?」
斉藤「はい」
土方「斉藤君、君に責任を取ってもらう」
斉藤「はい」

斉藤さん、、土方さんに聞かれても、相手が海仙寺党だとは、一言も言いません。
そして、事のあらかたを察した沖田さんの「私も行きましょう!」にも応じません。

たった一人で、誰も居ない海仙寺へ、奴等を殲滅せん!と待ち伏せするために出掛けて行きます。

と、、そこへ、海仙寺党の面々が帰って来ました!
5人、、いや、6人?いやいや、、全部で7人!

斉藤さんは、たった一人で7人と対峙します!!

一人、、又一人、、、バッタバッタとメッタ斬り!していく斉藤さん!!!

全滅した所へ、沖田さんが駆けつけて来ました。
斉藤「もう済んだよ」
沖田「えっ?」

斉藤さん、土方さんへ報告です。
斉藤「仕返し、しました」
土方「案外、早かったな」
斉藤「昔馴染みの中倉君の恥をそそいだだけです、では」

斉藤さんが出て行った後、沖田さんがニコニコしながらやって来ます。
土方「何をニヤニヤしてる?」
沖田「近藤さんが喜びますよ。所司代や会津も」

土方さんは、この言葉で、斉藤さんがやっつけた相手を察します。
土方「何?海仙寺党だったのか?」

斉藤さんが、自室で刀の手入れをしている所へ、土方さんがやって来ます。
土方「斉藤君、、君は一人で凄い事をやってのけたらしいな?」
斉藤「いや、、別に何も、、、」

”男は黙って刀の手入れ”ってか~?

ク~~~~ッ!斉藤さんったら、、、
カッコ良過ぎ!じゃないですか~~?
この斉藤をオダギリさんが演じたら、、、と思うと、、、

あ~~~!「組!」メンバーで是非ともリメイク!して欲しいな~~~
「椿三十郎」リメイクするヒマ有るんならさあ~ 
「新選組血風録」リメイク!是非ともお願いします!!!(←誰に訴えてるんだ?)
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/562-7918551c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

あさぎさん、
>ク~~~~ッ!斉藤さんったら、、、
>カッコ良過ぎ!じゃないですか~~?
でしょ?でしょーーー?
私もあれで左右田斎藤に惚れました(笑)。

あの淡白さ、固執のなさ、マイペースなのに
決して怜悧なわけではなく、義理人情に厚い懐の大きな
隠れ激情家!(笑)
やばい…私も見返したくなってきました。

  • 20070725
  • Aki_1031 ♦IPctb5GI
  • URL
  • 編集 ]

血風録の斉藤さんも味があっていいでしょ。
ちょっと昔に血風録はリメイクというか、再ドラマ化されていますが完全に駄作でした。
近藤(渡哲也)・土方(村上弘明)・沖田(中村俊介)で描かれましたが斉藤一は深江卓次が演じていました。
深江卓次さんは渡哲也や神田正輝と一緒に損害保険のCMに出てた人です。
土方役の村上弘明も元仮面ライダーで、最近は柳生十兵衛を演じてて渋いですが血風録の中では影が薄かったです・・・

  • 20070725
  • 烈堂 ♦dv9bwlk6
  • URL
  • 編集 ]
ありがとうございます。

番組ルポありがとうございます。
テレビで見れない分、あさぎさんのブログで楽しませてもらいました。斎藤一はカッコいいですね!!
とこれで海仙寺党とは?恥ずかしいですが初耳です。
架空ですか?それとも実在ですか?
とても気になりました。

  • 20070726
  • 龍馬と夢紀行 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
(泣)

ケーブルテレビに加入して、観れるぞ~録画するぞ~!と意気込んでいました。
で、この5話が記念すべき最初の録画になるはずが・・・録画モードを間違えてしまい、再生したら画面は真っ黒!(汗)
こちらで5話の主役(?)が斎藤だったのを知り、更にショ~ック(泣)
けど、あさぎさんの感想記事を読ませていただいて、観た気分になりました。
ホント、斎藤カッコイイ!
私の脳内では妄想とかあさぎさんの描く斎藤とかオダギリとかいろいろ加わって、あれこれ展開されてます(笑)
6話以降はちゃんと観れるはず!

  • 20070726
  • ネムソ~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Aki_1031 さんへ

左右田一平さんね~

言っちゃ悪いけど、、、そんなに男前じゃないですよね。
でも、笑うととってもチャーミングで、魅力的ですよね。

>隠れ激情家!(笑)
なるほど~ 的を射てますね!

  • 20070726
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
烈堂さんへ

>血風録の斉藤さんも味があっていいでしょ。
はい!とっても!

で、コレ、昔に再ドラマ化されたんですね~
渡さんが近藤さんですか?
以前、「五稜郭」っていうドラマで渡さんが土方さんを演じてたのを観た事が有るんですが、結構カッコよい土方さんだったと記憶しています。

村上弘明さんの柳生十兵衛は、観た事無いんですよね~
あ!でも「織田信長」をやってたのは、観た事が有ります。
貫禄ある織田信長でした。

  • 20070726
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
龍馬と夢紀行さんへ

あ、、いや~ こんな感じにしか記事に出来ず、お恥ずかしい限りです。
でもこの回はホントに、斉藤一がカッコよく描かれていました。

この斉藤は、「武士とはこうあれ」っていう見本みたいな感じですね。

>海仙寺党
え?架空か実在か?ですか?
え、、、、(汗)
いや~ どっちなんでしょうね?
ドラマ中では、水戸藩士達だから、会津藩としては手が出せないで困ってるっていう設定だったんですね。新選組も、組織としては動けない状態だったんです。
なので、斉藤さんが新選組としてじゃなく、ただの武士として彼等を全滅させたって事が、とっても意義の有る事だったという風に描かれていました。

けど、、、済みません!(滝汗)
架空か実在か、、は、分りません。

  • 20070726
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ネムソ~さんへ

うわ~~!
録画、、、出来ていなかったのですか~?
ネムソ~さんの衝撃の大きさが手に取るように分ります。
私もそんな経験、多々有りますゆえ。

そうなんです!この「第5話」は、斉藤主役だったんです~
でも、私のこんな記事でも様子が分って頂けたとのこと、嬉しいです~

私が書く斉藤?ですか?
フフフフ、、、有難うございます。
最近めっきり更新してないですが(汗)

あ、そうそう!第何話かは、覚えてないんですが「あかね雲」という回も斉藤主役らしいですよ。

  • 20070726
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。