新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

春の京都(その2)

春の京都(その1)から続いています。


六盛から金戒光明寺へは、歩きました。

お天気が良くて、気候も良かったので、ま、ちょっと汗ばんだけど、、、
平安神宮前を通り過ぎて行くんですが、決して歩けない距離では無いです。

で、そうそう!YAGI節さんから興味深い事、教えて頂いたんです。

近藤勇と土方歳三が住んでた所は、私、ホンの目と鼻の先くらいの距離しか離れて無かったんだと思い込んでたんですが、違ったんですね~
いわば、ウチから地下鉄で15分くらい掛かるくらいの距離は、かる~~く有ったとの事。

いや~ 私、あの距離歩けって言われても、ちょっと、いや、かなり?無理です。
いや~ 昔の人はエライっていうか、、まあ歩くしかなかったから仕方ないっちゃ仕方無かったんでしょうけど、よ~くそんな距離を歩いたもんだ、と感心しました。

で、金戒光明寺に到着。
20070430004650
(京都守護職の看板?)
この看板(でいいのかな?)まだ新しかったです。
私、金戒光明寺へは、今まで裏側から入ってたので、この正面の門を見て、感激!でした。
20070430004651
(庭からみた本堂)
私は、二回目だったんですが、「謁見の間」を見、「虎の間」とか「松の間」とか見た後、庭に降りました。

今回、山門はパスしました。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
で、「もしかしたら、月真院、今日開いてるかも知れないんですよ~ 友人が開いてたって言ってました」って事で、バスに乗り、私達は、祇園方面へ行きました。

そして目的の「月真院」へ~~!
でも、、、残念!門は、開いて無かった、、、

けど!確かに開いてたらしいんですよ!
何時から何時までだったのかは、知らないんですが、、、

結局、開いていた時間に、私達がそこに居なかった、って事だったんですね~

まあ、でも、又開いてる時がきっとあるよ!って事で、これは「又京都においで~~」って事ですよ!って、、YAGI節さんに送ったメールにも書いたな~ コレ。

次回は是非に!と誓い合い(?)月真院を後にし、次に八坂の塔を見に連れて行って頂きました。
200704300046514
(八坂の塔)
私、何度も京都には行ってますが、この塔、こんなに近くでマジマジと見たのは、初めてでした。
聖徳太子建立、って書いてありました。

この後、YAGI節さんは、壬生寺へ壬生狂言を観に行かれました。
最終日だったそうで、夜の部も有ったらしいです。
私も本当は、出来れば一緒に観に行きたかったんですけどね~ 私は、壬生寺へ心を残しながら家路につきました。

いや~ でもやっぱり京都って、いいですね~
何度行っても、いいです。

お付き合い下さったYAGI節さん、お疲れさまでした。&楽しい時を有難うございました。
次回は是非「月真院」へ間者として潜入(?)致しましょう!(笑)
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/504-afd58927

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

Re: 春の京都(その2)

はいっ、絶対いつか潜入したいと思いますっ!!>月真院

「月真院の門が開いてる」って聞いた時は天にも昇る気持ち(?)だったんですけど、そうそう全てが都合良く行くものではないですね。
振り回してしまって、ホント申し訳ありません。

で、「試衛館って多摩だったかな?」と迷っていた私ですが、多摩でいいみたいです、多摩郡。
土方さんが生まれた日野市と近藤さんが生まれた調布市は今でもどちらも「多摩地区」って言っちゃうんですが、試衛館のあった市ヶ谷のあたりを「多摩」っていう人は今はいないんですよ。多摩市っていう市もあるから、関西の方にはわかりづらいかも知れませんね。ちなみに私が住んでいる所も多摩地区です。現在の多摩地区も相当広いですが、昔の多摩郡はもっともっと広いです。

YAGI節さんへ

いや~ 旅には色んなハプニングが付き物ですよ~
振り回されたなんて、ま~~ったく思ってませんからね~ ホントに。めっちゃマジで。
「いつか月真院に入ってやるぞ~~」って希望持ってた方が楽しいですもの~
京都へ行く目的が出来た、って思えるもの~

で、多摩の説明。
あ!そういえば、浪士組が上洛してきた時、八木さん?だったか、誰だったか、「近藤勇 武州多摩郡」とかって言ってましたね~ 確か。
、、、って、脱線してしまいましたが、多摩地区は、相当広いんだって事、分りました。
教えて下さり、有難うございました~

  • 20070502
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

黒谷さんのレポ楽しみに待ってました♪
容保さまの謁見の間、ご覧になられたのですね。
天気が良くて何よりでした。

以前、黒谷さんの会津藩士墓所を訪れた時、
柴司さんの墓碑を探してウロウロ歩き回ったのだけど
お墓が多すぎて、結局柴さんを突き止められず…(涙)。
いつかリベンジしたいと思っています!
その時は是非ご一緒できればいいなぁ…☆

  • 20070503
  • Aki_1031 ♦IPctb5GI
  • URL
  • 編集 ]
懐かしいです。

金戒光明寺、私も行きました。懐かしいです。少し高台にあって、敵が攻め込めないという利点も活かして会津藩の本陣となったみたいです。あさぎさんの過去の「謁見の間」の画像も拝見しました。大きい声では言えませんので、小さい声で言いますが、、、「謁見の間」は撮影禁止ですよ~~(笑)。。。。まあ、時効ということにしておきましょう(笑)

  • 20070503
  • 龍馬と夢紀行 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

テンプレ、兼定だぁ(笑)
プロフィールの土方さんとあってます~。

京都、ご一緒したかったぁ。
お天気もサイコーだったようで、何よりです。
いつの季節でも京都はイイですね。
月真院潜入の際はぜひお供させてくださいマシ・・・(笑)

  • 20070503
  • ネムソ~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Aki_1031 さんへ

天気は、本当にサイコーでした~
「謁見の間」見たのは二度目でしたけど、何度見ても飽きません~
>黒谷さんの会津藩士墓所
Akiさんは行かれた事有るんですね~
私、金戒光明寺へは、今回で5度目だったんですけど、未だに会津藩士墓所へは行った事無いんですよね~(苦笑)
柴司、、、あ~! 土方さんが男泣きに泣いたという、、、
次回金戒光明寺へ行く事があれば、是非ご一緒に!
柴さんのお墓探しましょう!(←なんか、、、妙な誘い文句になっちゃいましたね~(笑)

  • 20070503
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
龍馬と夢紀行さんへ

拙カコ記事の「謁見の間」の画像ですが、、
はい、龍馬と夢紀行さんが書かれている通り、実は撮影禁止でした。
禁止だったんですけど、その時いらした学芸員さん(でいいのかな?)が、とても親切な方で、私がダメ元で聞いた「写真、、ダメですか?」に、「本当は、ダメなんですけど、、私、後ろ向いてますから、どうぞ」って仰って下さったので、ご好意に甘えてしまいました。
でも、、、
これから、龍馬と夢紀行さんのトコへ行きます。
アドバイス、お願い致します。

  • 20070503
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ネムソ~さんへ

そうでしょ?兼定なんです!(笑)
「梅に鶯」みたいなモンで、「土方さんに兼定」っていうカンジ?合ってるでしょ~?(笑)
天候には、本当に恵まれました。
私もネムソ~さんとも、是非ご一緒したかったなぁ。
月真院潜入の際?
是非、是非、ご一緒に!
で、一緒に「斉藤さん」しましょう!(笑)

  • 20070503
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。