新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

長州旅行を終えて

間者としての使命を遂行するため、長州に出かけていた3番隊所属の平隊士、あさぎが屯所へ戻って来た。

平隊士「副長! あさぎが戻って来ました!」
副長 「おっ!そうか」

あさぎ「副長、長州よりただいま戻りました」
副長 「ご苦労だった。疲れているだろうが、、早速報告を聞こう」
あさぎ「はい」
副長 「で? 敵地長州はどんな所だ?」

あさぎ「と~~ってもステキな所でした!」
副長 「え、、、、、」
あさぎ「副長も是非一度、行かれたらいいと思います~」
副長 「、、、、、」


以上、妄想タイムでした。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
先ず、3日とも雨かも?っていう旅行前の天気予報に反して、ずっと傘要らずのお天気に恵まれたって事もいい印象を持った一因だと思いますが、長州ってなんだか”あたたかい”所だなっていう印象を持ちました。

言葉のイントネーションは、関東弁に近いんですね~

あ、関東在住の方、気を悪くしないで下さいね~(冷汗) 
関西在住の私からすると、関東弁って、ちょっときついっていうか、冷たい感じがするっていうか、、(いえ、人にもよるんですけどね)そんな印象を持ってたんですが、、、長州の言葉は、関東弁と同じイントネーションなんだけど、その中に柔らかさとか、温かさがあるような気がしたんですよね~

新山口駅から、長門峡駅へ行くために乗った電車内で、「この電車でいいんやよね?間違ってないよね?」って、”駅スパート”で出した印刷物を見ながら、私達が不安げに話していたら、近くの席に居たおばさんがすかさず、「これで合ってるよ。乗り換えしないで行けるよ」って言ってくれたんですよ~

その一言で私達、ホッと安心出来ました。

ちょっとした事なんですけどね~ これだけで長州の第一印象は、Good!なものになりました。

で、、松下村塾。
ここでガイドさんから詳しい説明を聞きました。
聞けば聞くほど、吉田松陰っていう人の偉大さがよく分かりました。
「長州の人にしたら、松蔭先生や、高杉晋作、桂小五郎の事を誇りに思ってるんやろな~」って感じました。
”明治維新胎動の地”と書かれた碑の横に有った「吉田松陰歴史館」に入れなかったことが悔やまれます。

「萩博物館」(アップ済みの写真つき長州旅行記内では、リンクしてます)では、高杉晋作の一生が紹介されたコーナーが有ったんですが、池田屋の事も書かれてました。
「もしかして、新選組の事、悪く書いてたりして~?」なんて思ってましたが、ただ、「新選組に、池田屋で襲撃される」と書いてあるだけでした。(← まあ、そう書くしか無いか?)

で、私の一番のお気に入り場所、「萩城の城下町」は、本当にいい所ですよ~
山口県は、西の京と言われているだけあって、城下町は、京都の町を歩いてる?と思い違いをしてしまうほどでした。
行った日は、「高杉晋作の生家」が公開されてなくて、残念でした。

生家が半分現存し、手紙や写真などが見られると説明には、あります。

入ってみたかったな~~ 晋作君ち。

高杉晋作が結成して活躍した”奇兵隊”って、いわば新選組みたいな組織だったんですね~ 身分を問わずに、志が有る者は誰でも入れたんですね~ 知りませんでした。

後、入りたかったのに、時間の関係で入れなかったのが、「菊屋家住宅」。
ココは、萩藩御用商人の屋敷で、2000坪有るってガイドさんが言ってたっけ、、
主屋、本蔵、金蔵、釜場、米蔵が重要文化財指定を受け、庭園も見事なんだそうです。

二日間の宿だった「萩本陣」(これも、アップ済みの長州旅行記でリンクしてます)も、本当にいい宿でした。
”長州旅行記”では、温泉の事と食事の事しか書いてませんが、モノレールが有って、展望台まで上れるんですね、(これは有料ですが)そして、萩市内を見渡せるんです。

上ったのは、夕方だったのですが、夜に行った方が、寒いかも知れないけど、あたたかくして行けば、綺麗な夜景が見られたかも知れません。

あ、そうそう! これを書いて置かねば、、
長州の桜、これはもう見事!でした。
夏みかんの木のあたたかさと、人の温かさ、そして桜の木の神々しさ。
長州は、とってもいい所ですよ!!
「おいでませ山口へ」です。

ここから再度、妄想タイムです。

あさぎ「ね?副長、こ~~んな感じです。一度、訪れられては如何でしょうか?」
副長 「う~~ん、、、」
あさぎ「日本人同志、争って何になる?って坂本さんも仰ってるじゃないですか~」
副長 「まあ、、、な」
あさぎ「ね?皆、仲良くしましょうよ~」
副長 「ま、考えてみる、と言っておこう。とにかく、これでお前の間者としての任務は終わった。以後、3番隊平隊士として、隊務に励むように」
あさぎ「承知!」

以上、妄想タイム終わり。

私、、、もしかしたら、半分くらい長州派になったかも~~?フフフ、、、
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/486-e2253fb8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

続・妄想タイム

副長「あっそうだ・・・」
あさぎ「副長、まだなにか?」
副長「局長と沖田におみやげを持っていくように」
あさぎ「○○○・・・」
続きはお願いします。

ところで、長旅お疲れ様でした。
俺には、いいみやげばなしをいただきました^^

実は俺がやってるオンラインゲーム内の新撰組の隊士に長州人がいますよ。
仲良くやっておりますv-281

  • 20070406
  • 烈堂 ♦dv9bwlk6
  • URL
  • 編集 ]
烈堂さんへ

>続きはお願いします。
続きですか~~?v-405
どどどど~~しましょ~?
う~~ん、おみやげ、、おみやげ、、う~~ん、難しい~
そうですね~ じゃあ、、、
あさぎ「はい、では、局長には萩名産の夏みかんどらやきを、で、沖田さんには、仙崎名物のかまぼこを、お持ち致します」
な~んて、、、何のひねりも面白みも無い、オチすら無い会話になってしまいました~(汗)

>新撰組の隊士に長州人がいますよ。
仲良くやっております
そうなんですね~ なんだかとっても嬉しいです~

3番隊☆

長州旅行記 お疲れ様でした。
そして楽しんでいただけて嬉しいです。
これを機に 私も長州のことを勉強してみたいです(・・・自分かよ!笑)
素敵な記事と写真をありがとうございました☆

  • 20070410
  • るか ♦E6psF8zg
  • URL
  • 編集 ]
るかさんへ

>3番隊☆
はい(笑)第一希望は土方さんの小姓なんですけどね~(笑)第二希望は、三番隊長斉藤さんの下での平隊士です!(笑)で、第三希望が、一番隊の、、、(←もういい!)
>私も長州のことを勉強してみたいです(・・・自分かよ!笑)
いや~ 自分ち(?)の事って、どうしてだか、後回しになってしまいがちですよね。

長州旅行で得た物は大きいです。
視野が広くなりました。
ホント、マジで半分私は、長州派です。
だって~
「晋作君好きだし~ 桂さんも松陰先生も素晴らしい人だ~」ですから(笑)

遅ればせながら・・・・

今頃になってのコメント、スミマセン~(>_<)(汗)

そっか~。あさぎさん、土方さんの命で密偵として長州に行かれてたんですね~(笑)
↑思わず、こっちに食いついてしまいました(笑)

以前長州行きを母と予定していて、流れてしまったことがホントに悔やまれます~。
母が高杉が好きだったのと、往時を偲ぶ町並みにも凄く興味がありました・・・まあ、いつの間にか、佐幕派びいきになってしまったケド(苦笑)
会津とか京都とはまた違った感動に会えそうだ!!
また、予定を立て直したいと思います☆
あいがとうございました^^


  • 20070418
  • ネムソ~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ネムソ~さんへ

いえいえ、コメントはいつでも大歓迎ですよ~

で、、、
そうなんですよね~長州行きは、そうだったんですよ~  私、土方さんから「頼む!間者になってくれ!」って懇願されちゃったモンですから~フフフ、、

な~~んちゃって。
又もや妄想タイムでした。

そっか~ お母様が高杉君のファンなのですね~
全然話違うけど、「銀魂」の高杉、ちょっとニヒルでカッコイイよね~
>往時を偲ぶ町並み
本当に、あの町並みは、必見!だと思います。
マジで「あ、高杉君、そこに居るの~?」って聞きたくなってしまうような町並みでした。

会津ね~ 私は一体いつ行けることやら、、、です。(は~ ため息)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。