新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

妄想電車バトン

ネムソ~さんから頂きました~

その名も『妄想電車バトン』
しかも、「土方さん」で妄想して下さい!とのこと。

さあ~ 妄想タイムの始まりだ~
(”たいむ”と打つと、”隊務”と変換される私のPC、、、因みに、”かいしゃく”は”介錯”、”うつ”は”討つ”と変換されま~す。こんな子に育てた覚えは、、、あ、、有りました!エヘッ)

では、行ってみよ~

01 電車待ちの列に土方さんを発見!どうしますか?
え? 電車? 地下鉄かな~? それとも郊外列車?
あ、いえ、そんなのはど~でもいいですね。
しかし、、電車か、、電車じゃ幕末設定は無理ですね。
よ~し、じゃあ現代設定で!

では、では。
 
よーい、スタート!

あさぎは、視線の先に、密に憧れていた取引先の土方の姿を見つけた。

あさぎ「あら?土方さん?お早うございます!」
土方 「おっ、お早う]
あさぎ「どうしたんですか? いつもは車なのに、今日は電車通勤なんですか?」
土方 「まあ、な」
あさぎ「へえ~ あっ分った!今日は飲み会ですね?」
土方 「正解」
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
02 土方さんが隣の席に! どうしますか?
上の会話を続けようか、、どうしよっかな~?
よし! 続けよう。

満員電車の中、突然一つ座席が空いた。
土方 「君、どうぞ」
あさぎ「え? でも、、、」
土方 「いいから、座れ」
あさぎ「はい、有難うございます。、、じゃあ、お言葉に甘えて」
しばらく経ってから、あさぎの隣の席が空いた。

あさぎ「土方さん、ここ、良かったらどうぞ」
土方 「おぅ」
03 土方さんが眠ってしまいました。どうしますか?
土方 「zzzzzzz」
あさぎは、思った。
(お疲れなんだわ~ 日頃の激務がたたってるのね~ 駅に着くまでの間だけでも、どうぞ眠っていて下さい)
04 爆睡中の土方さんが突然あなたに寄り掛かってきました!どうしますか?
あさぎ「え、、、」
そして、思った。
(私の肩なんぞで宜しければ、いくらでもお貸し致します~ どうぞごゆっくり~~)
05 もうすぐあなたの降りる駅。まだ土方さんは眠っています。どうしますか?
あさぎ「あの、、、私、、次、、」
土方 「zzzzzz」
あさぎは思った。
(ええ~~い! こんなチャンスはめったに無い!今日は仕事なんか休んでやる~~! あ、、でも土方さんは休めないよね~ どうしよう~? どうする?私~?起こすべきか起こさざるべきか?それが問題だ、、、)
06 終着駅に到着しても起きない土方さん。どうしますか?
あさぎ「あ~あ、とうとう終点まで乗っちゃった、、、」
土方 「zzzzzzz」
あさぎ「土方さん! 土方さん!起きて下さい~」
土方 「、、、え?、、、」
07 やっとお目覚めの土方さん。ちょっと寝ぼけている様子。どうしますか?
あさぎ「あの、、どうしましょう~?ココ、終点なんですけど?」
土方 「、、ああ?」
あさぎ「終点まで乗ってしまったんですけど、、、」
土方 「何? 終点? しまった、、、」
08 平謝りの土方さん。お詫びになんでもしてくれるって!どうしますか?
え? 土方さんが?平謝りするんですか?
ダメです! 土方さんに謝らせるなんて、、そんな事、たとえ妄想話であっても出来ません!ので、ココは私が平謝りしますです、はい。

あさぎ「申し訳ございません! 無理にでもお起こしするべきでした。ごめんなさい!」
土方 「いや、君が悪いんじゃない。寝てしまったオレが悪いんだ」
あさぎ「いえ」
土方 「で、君は、、そうか! オレのせいで降りられなかったんだな。
これは、済まなかった、、」
あさぎ「いいえ、私は。、、で、どう、、されますか?」
土方 「そうだな、、、今日は仕事休んで今から何処か、、、」
あさぎ「ええっ?」
あさぎは、心の中で密に狂喜乱舞していた!

土方 「って、、訳にはいかないな、、よし、タクシー捕まえよう。君も一緒に乗って行くといい。遅刻だが、しょうがない」
あさぎは、思った。
(あ、、、そりゃそうか~ は~あ、残念)
09 もうすぐ土方さんとお別れです。最後に土方さんに一言。
タクシーの中で。
土方 「もうそろそろ、君の会社に着くな」
あさぎ「そうですね」
土方 「君、、良かったら、今度昼飯でも一緒にどうだ?」
あさぎ「ええ? いいんですか~!?」
飛び上がらんばかりのあさぎだった。

土方 「ああ、今日の詫び、とでも思ってくれ」
あさぎ「そんな、、お詫びだなんて、、、でも、嬉しいです!」

タクシーは、あさぎの会社前に到着した。
土方 「じゃあ、又」
あさぎ「はい! 又、、、」

カ~~~~ット!

はい、妄想タイム、終わり。
10 次にバトンを回す5人
妄想話を作ってみたい!(?)って方、いらっしゃいましたなら、どうぞご自由にお持ち下さい。

ネムソ~さんへ
と~~っても楽しかったです~~
回して下さって、有難う!
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/465-b4ec9ac8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

「課長・土方歳三」ですねっ!
寝ちゃった土方さんの代わりに平謝りのあさぎさんがカワイイです~。

「今度昼飯」かぁ~。次につなげましたね!
そして、妄想も続く・・・のかな?(笑)
何を食べるんでしょう。ウキウキだな~こりゃ(笑)

PCの変換、さすがです。
幕末仕様のPCになってるっ!

バトン、受け取っていただき、ありがとうございました☆

  • 20070309
  • ネムソ~ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ネムソ~さんへ

>課長・土方歳三
フフフフフフ、、、
>次につなげましたね!
いや~ 次に繋げないと、ここで「はい、サヨナラ」じゃ~ あんまりにも寂しいじゃないですか~
例え妄想話といえどもね?(笑)
で、「昼飯」、 何食べるんでしょうね~?
ネムソ~さんは何が好き?な~んてね。
&この妄想は多分、続かないと思います~
>幕末仕様のPC
このフレーズ、いいですね~
うん、「私のPCは、幕末仕様になってます~」

なんか、、所々訳の分らないコメントになってしまいましたが、お許しを!

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。