FC2ブログ

新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

「新選組!」と一味違う池田屋

ケーブルの時代劇チャンネルでやってる「燃えよ剣」、観てます。
なんか最近、「燃えよ剣」の話題が多いですがはは、、まあ、いいじゃないですか。

で、今回は、「京三条 池田屋」の回です。

こっちの「池田屋事件」は、「新選組!」のとちょっぴり違ってました。

前半は、山崎が主役なん?くらいに、山崎が出張ってます
薬行商人に化けた山崎が、何日も前から池田屋に泊り込んで、倒幕浪士達の動きを見張ってます。

山崎は、浪士達の様子を、逐一、局長と副長に報告します。

十中八、九、池田屋が怪しい!
けれど、会津藩は、四国屋も怪しいとにらんでる様子。

その当時、新選組は病人が多く、30名程しか出動出来ませんでした。
が、しょうがない!ただでさえ少ない人数を二箇所に分散する事となりました~
新選組ファンならずとも、よ~~く知っている、近藤隊が、池田屋を、土方隊が四国屋を受け持ったのですね~
「燃えよ剣」では、「御用改めであ~る」は、二箇所でしかやってないって事です。

で、当然のごとく、浪士達は、池田屋に居たわけです。

そして、上を下への大騒ぎ~~
新選組は、浪士達をバッタバッタと斬り倒していくわけです!

総司は、「新選組!」では此処で喀血しましたが、「燃えよ剣」では、喀血しません。咳コンコン、してるだけです。
う~~ん、咳の仕方は、やっぱり藤原沖田がピカ一ですね~

この斬り合い場面でも、山崎は、大活躍します。
何にもプロテクター(?)つけてません。けど、とっても強い!

う~~ん、山崎役の人って、、もしかしたら、当時は、大物だったのかな~?って思うくらい、山崎の出番が多かった回でした。

次の「燃えよ剣」は、土方さんの恋???って感じだった、「堀川の夜雨」の回についての記事を書きたいと思ってます。
関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/409-b96a9681

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

山崎&池田屋の組み合わせ

市川雷蔵の映画「新選組始末記」では山崎蒸が主役ですし、司馬遼太郎の「新選組血風録」でも主役は山崎なんですよ。
司馬さんの小説では、池田屋にいた浪士のひとり大高又次郎が「忠臣蔵」で討ち入った赤穂義士のひとり大高忠兵衛の子孫で、浪士たちからも一目置かれる存在だったのに対し、山崎は討ち入りに参加しなかった奥野将監の子孫と設定されていて、忠臣蔵以来裏切り者の家系と言われていたのを池田屋で晴らすという、傑作エピソードがあります。
なので昔からの新選組ファンなら、池田屋と聞けば山崎蒸の活躍を思い出すんですよv-291
司馬さんの小説「燃えよ剣」は長編で縦の流れを「新選組血風録」は短編で横の流れを描いていいます。
ちなみに子母澤寛の新選組3部作は、実際に幕末を生きていた人たちから取材した記事も多く、資料的価値も高く、大河版のなかでもいくつか紹介されていましたよ。

  • 20061219
  • 烈堂 ♦dv9bwlk6
  • URL
  • 編集 ]
Re: 「新選組!」と一味違う池田屋

烈堂さんへ
山崎に関するエピソードは、とっても興味深いですね~
>池田屋と聞けば山崎蒸
これは、「新選組!」を観ていたものに取っては、ビッグニュース!です。
それから、「新選組血風録」。
ますます観たくなってきました。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website