新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

真夏の京都もオツなもの(1)

はい。真夏の京都は「オツ」でした。(負け惜しみじゃないからね~)
昨日、約三ヶ月前に日野でご一緒して頂いたHSさん
と京都に行って来ました。

いや~ 楽しかったです。
もうはっきり言うよ。暑かったですよ、暑かったけどね、夏暑いのは当たり前。それに”京都は夏暑い”のも当たり前。
なので、覚悟の上で行ってきました~ 暑さ対策バッチリで。

で、先ずは、JR京都駅で市バスの一日乗車券を購入。
(500円で乗り放題です。お得ですよ~)
路線などを教えてもらい、最初に山南さんのお墓参りを、という事で、光縁寺へ。
200608022130026

私は、二度目の墓参でした。
でも、前回お参りした時より、坊守さん(かな?)から詳しいお話を聞くことができました。
壬生寺は、とっても格式の高い寺で、あんなに大きなお寺だけれど、浪士を入れるなんてもっての他だ、という事で、清河は、新徳禅寺に200人からの浪士を集めて演説したそうです。
それから、八木邸の当主は、常に家に居なかったとか。
居たら、新選組を容認してると思われるから、だとか。(そんな~ 認めてあげて欲しかったな~)
20060802213302

これは、沖田総司縁者の女の人のお墓です。
亡くなった年も書いていなければ、俗名も書かれていません。
でも、戒名は、とてもりっぱなものだ、というお話でした。
江戸にある総司のお墓の戒名と同等のものだと仰ってました。
名前が無い、という事は、明かしたく無かった訳があったんじゃないか、との事でした。なんか、ロマンティック。天才剣士、沖田総司にもラブストーリーが有ったんでしょうね~
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
200608022130028

これは、島原大門です。
私は、初めて見ました。
八木邸、壬生寺には、何度も行ってましたが、島原は初めてでした。
なんの変哲もない道路の先に、こういうのが出現しました。
いや~ 此処一角だけ”江戸時代”ですよ~
隊士達は、この門くぐって、命掛けの日々の緊張を解したんでしょうね。
200608022133024

これは、輪違屋。
「輪違屋糸里」上下巻、読みました。
いまでも残ってるんですね~ 中には、入れませんでしたけど、感動でした。
200608022133022

これは、角屋。
残念ながら、9月14日まで閉館との事で、中は見れませんでした。
大きな建物でした。
ここで近藤さん達は、宴会開いたりしたんですね。
芹沢鴨を此処で酔わせて、八木邸に戻った所を暗殺しましたね。
それから、斉藤さんや永倉さんが「3日間居続けて」土方さんの怒りを買ったのも此処でしたね~
中、見たかったな~
関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/312-c3757e2d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。