新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

一冊1500万円の本は、普通だった

下の記事武士が貧乏だったわけで、「新選組!」
に出ていた「本」の値段が、現代に換算すると、一冊1500万円という、どう考えても有り得ないだろう、と思う値段だったらしい、というのを書きました。

で、私、NHKにメールで問い合わせてみました。

まあでも、返信なんて来ないだろうな、と思ってたんですよ、正直なところ。

しかし、、、

つい先ほど、アウトルックを開いてみました所、返事が来ておりました!嬉しかった~!!

その内容を下記にコピペしたいと思います。

私の本名 様

いつもNHKのニュースや番組をご覧いただき、ありがとうございます。
早速ですが、お問い合わせの件についてご連絡いたします。

幕末期には、高価な軍事書が売られ、幕府や藩はそれを購入しています。
めずらしい西洋兵学書などの場合、20両程度の値段は普通でした。
「新選組!」中で、1冊50両する本」というのが、何かはわかりませんが、
いまのお金で1500万円の本があってもおかしくはありません。
むしろ、ふつうのありかたでした。
勝海舟などはこうした書籍を諸藩に世話して相当かせいでいたはずです。

以上、ご参考になさっていただければ幸いです。
今後とも、NHKをご支援いただけますようお願いいたします。
お便りありがとうございました。

「知るを楽しむ」担当
NHK視聴者コールセンター


以上、こんなメールを頂きました。
1500万円の本、普通にあったようですね。
河合は、1500万円の為に切腹させられたんですね、、、
関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/308-dcb37ff0

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

おおお!すっごーい!
河合さんは1500万円で切腹したんですねー(驚)。
てか、河合さんの親御さんがすぐに
1500万円を用立てて飛脚を飛ばせたことにも
感心しますよ…やっぱ金持ちだったんだなぁ。

  • 20060727
  • Aki_1031 ♦IPctb5GI
  • URL
  • 編集 ]
お金持ちです

おぉ~!
すごいですねNHK! 働いていますね~(そっちかいー)
今日は次郎長親分が、石松に金毘羅さんに納めるお金50両、旅費20両という大金が出てきましたね。
小藩の下級武士の江戸への出張手当てが年間で20両…。本も買えませんw
親分、リッチです。
物価っておもしろいですよね。

Aki_1031 さんへ

そうですよね~
私も思いましたよ。
1500万円ですからね~
「河合さんちってお金持ちだったんだな~」って。
当時、飛脚を使うのにもかなりな金額が掛かったっていうのを聞いた事もありますしね。

パラ野さんへ

>NHK!
ねっ?凄いでしょ~?問い合わせして直ぐに返信が来たんですよ~
(ヒマだったの、、、ゲフッ、ゴフッ)
>次郎長親分
パラ野さんも観てましたか~?
石松、壮絶でしたね。(後で記事アップします)
>親分、リッチ
ですよね~ 同意。

今回の「武士の家計簿」も面白かったです。
ホント、物価って面白いです。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。