新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

どうすれば一番、良かったのか

ココにはあんまりネガティブな事は書きたくない、といつも思ってるんですが、
今回は、どこかに吐き出してしまわないと、私のこの胸のつかえが取れないので、、
いえ、書いたからと言って取れるとは限らないのですが、一応書きます。

もし、読まれた方で気分を害した方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。
先に謝って置きます。

こんな前置きしたら、「一体何!?」と思われるでしょうが、

実は、、、一匹の子猫の事なのです。

先日、家の裏手で朝から「ニャー、ニャー」と短い鳴き声がしました。
ウチも二匹猫を飼ってるので、大人のネコの鳴き声は分かります。

で、聞えて来た声は、もしかしたら生後間もないかも?と思いました。

その子猫は一日中、それはもう必死で鳴いてました。

「お母さんは?居て無いの?野良猫があの場で産んでどこかへ行ってしまったのかなあ? けど、いくら野良でも、母なら生まれた子を放って置かないやろうし、、、、あ、それとも、、誰かよその人が飼ってたネコが産んだ子ネコを飼いきれない、と思ってあそこに捨てて行った?あんな小さい子を?」

と、私は、色々と想像しました。

で、私はその子猫を一度も見てません。
チラッとでも見たら、私はネコ好きですから、放って置けなくなるだろう、と思ったからです。

以前、ここでもアップしたことがあるんですが、
ウチには今、二匹ネコが居ます。

一匹はペットショップで購入したネコ、
もう一匹は、墓場で捨てられていたネコです。

この、墓場で捨てられていたネコを拾った時の鳴き声と
今回の子猫の鳴き方が、同じ感じなんですよね。

「二匹も三匹も一緒か? いやいや、、あの子猫はまだ小さいからカリカリのご飯はまだ食べられへん。となると、ネコ用ミルクか、、、また離乳食か、、アレは大変やったなぁ、それに、トイレも増やす事になるし、、
トイレの始末も一匹増えたら、これまた、かなり大変。 それに、大きくなったらなったで、去勢か避妊手術もせなアカンし、毎年の予防接種もあるし、、、」

色んな煩わしい事が頭に浮かびました。

こんな私の思いと無関係に「ニャー、ニャー」と必死で鳴く子猫。

「お水だけでもやる? いやいや、見てしまったら最後やて! 放って置けんくなるって!
悪いのは私じゃない!悪いのは育児放棄した、かどうか知らんけど、野良の母ネコか、捨てた人間やて!」

こんな風に自分に言い聞かせながら、物凄く辛い気持でその鳴き声を聞いてました。

けどホント、子猫一匹も助けられない自分が歯がゆくて歯がゆくて。


その内、ピタッと鳴き声が聞こえなくなりました。

「え? もしかしたら、、もう鳴く事も出来へんくらい衰弱したのかなぁ?」

私は、見てはいけない、と思いつつ、
どうしても気になり、勇気を出してその場へ行ってみました。

が、その場に子猫の姿はもうありませんでした。

何かの本で読んだような気がするんですが、
ネコは自分の命がもう長く無いと思うと、姿を隠す、という、、、

ゴメンね! 何もしてやれなくて、ホントにゴメンね!
私は、その場で合掌しました。

あ、でも、


「もしかしたら、、誰かが拾っていった?」

のかも知れません。
が、それは分かりません。

あれから数日、考えても仕方ないと分かってますが
「どうするのが一番良かったのか?」と時々考えます。

それと同時に、もしかしたら私は、あの子猫を見殺しにしてしまったのかも?
という思い。

ああ、こんな辛い思いはもう二度としたくないです。




関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1467-e6906f13

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

私も以前なついてきた野良猫を飼っていたことがあるのでその気持ち少しわかります。
動物って可愛いし癒されるけど飼うのは本当にとても大変ですよね…
あさぎさんの判断は決して間違ってはいないと思います。
その子猫ちゃんはきっと親猫が探しにきたか誰かひろってくれたと思っていいんじゃないでしょうか?
あまり悪い方に考えて自分を責めないで下さい。
大丈夫です!人間もそうですが動物って意外と強いですから(^-^) 元気出して下さいね!

  • 20120417
  • dandara ♦-
  • URL
  • 編集 ]
猫狂い!

私もあさぎさまと同じで、猫好きです。
うちは駅前で、みんな猫を捨てに来るのです。
いくら猫好きだといえども、こう、猫だらけでは
通行人も困られるので、増え過ぎると檻を使い
山手に捨てに行きます。
そこには老人ホームがあり、園長さんが大の猫好き、
十数匹、飼っていると聞きました。
ありがたいことです!!
園長さん、ありがとうございます!
あさぎさまの、その猫ちゃんも、誰かに拾われたと思いますよ。

  • 20120418
  • みちこ ♦z8Ev11P6
  • URL
  • 編集 ]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そんなに自分を責めないで下さい
後のことまでちゃんと考えて、中途半端に手を出さない、見にいかないとう判断は
正しいと思います。
子猫一匹も助けられなくて歯がゆいというのはよく解りますが
きちんと飼うことをちゃんと考えると、どうしても限度があります。
一つの命を預かるということは、そう簡単に次から次へ増やせるものではありません。
きっと子猫なら、誰かに拾われたんだと思います。
どこかで幸せに暮らしてますよ。

逞しく生きてくれているのでは?。

こんばんは。
以前私を感動させた母猫のことを話題にしましたが…、

子育ての場として庭を提供して追い払わない代わりに、餌を与えず、かまいもしないで何週間か経過

やがて子猫が元気に育ち、本当に可愛い盛りの時に、親子揃って私の周りをチョロチョロした事が一度ありましたが、その後は見事に姿を見せなくなりました。

猫の魅力、心が通じ可愛いだけでなく、潔さも感じた体験ですが、あさぎさんに鳴き声を聞いてもらった子猫、たとえよちよち歩きであっても、潔く逞しく生きていると信じます。

  • 20120419
  • 関東の誠 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

自分が以前飼っていた猫も、三匹全て死に際を見ていません
(だから犬を飼うようになったのかなぁ?)

猫の鳴き声が聞こえなくなったのは、拾われたかもしれないし、出産経験のある猫が子猫を連れて行く事もあります
近所にダンボール箱に入れられた三毛の子猫が捨てられてた次の日、我が家に居た雌猫のさくらが三毛猫をくわえて帰って来たという経験があります
ですからあまり心配しないでも良いと思いますよ

ちなみに自分は
「3日悩んで答えが出なかったら、それ以上考えない、悔やまない、本能で行動する」
と決めています
これって何にでも当てはめられるから、割と便利な考え方なんですよ
したっけ (=゜ω゜)ノ

  • 20120420
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]
dandaraさんへ

dandaraさんも飼ってらしたことがお有りなんですね!
でも仰る通り、ホントに大変ですよね。

で、、あのネコは、、そうですよね。
良いように考えます。
有り難うございました(*^_^*)

みちこさんへ

そう、そう、みちこさんもネコがお好きでしたね(*^_^*)

老人ホームの園長さん、十数匹ですか!?
それは本当に有り難い事ですよね。

で、あの子猫は、、、そうかも知れませんね。
良いように考えます。
有り難うございました(*^_^*)

カギ付きコメントを下さった方へ

シンガポールは、ゴミを捨てたら罰金という制度があるせいか、街中は本当に綺麗でした。

子猫ってホントに見ているだけで癒されますよね。

”致しかたのないこと~”以下のお言葉で私の心は救われました。
有り難うございました(*^_^*)

  • 20120420
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ももさんへ

ホントにももさんの仰る通りなのです。
ペットショップで購入したネコは、十分に乳離れしていたので、ご飯やトイレはそんなに問題無かったんですが、もう一匹の墓場で拾った方は、本当にまだ小さくて、ミルクから始めなければいけませんでした。
トイレも、本来なら母ネコがやるはずの事を、私がやらなければいけませんでしたし、大きくなるまで本当に大変でした。

そういう経験から、今回は二の足を踏んでしまったんですよね。

でも、そうですね、”誰かに拾われた”可能性も無いわけではないので、良い方に考えることにします。
有り難うございました(*^_^*)

  • 20120420
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
関東の誠さんへ

なるほど、そういう”飼い方”?というのかどうか分かりませんが、良い方法を取られたな、と感心しています。

>親子揃って私の周りをチョロチョロした事が一度ありましたが、

きっと関東の誠さんに”今日まで有り難う!”と感謝の意を伝えていたのでしょうね(*^_^*)
良いお話を読ませて頂きました。

で、あの子猫は、、そうですね、そういう可能性も全く無いわけではありませんので、良い方に考える事にします。
有り難うございました(*^_^*)

  • 20120420
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Yoshuaさんへ

>我が家に居た雌猫のさくらが三毛猫をくわえて帰って来たという経験があります

はあ~! そういう事もあるのですね!

>3日悩んで答えが出なかったら、それ以上考えない、悔やまない、本能で行動する

なるほど、そうですよね、いつまでも悔やんでいても仕方ありませんもんね。

あの子猫も、そうですね、、、良い方に考えることにします。
有り難うございました(*^_^*)

  • 20120420
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。