新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

土方さんが被告人!?

再放送が観れる間にこの記事をアップしようと思ってたんですが、間に合いませんでした。
済みませんm(__)m

えっと、もう先月になってしまいますが、時代劇専門チャンネルでこういう番組がありました。
時代劇法廷

この番組は、以前、何回か観た事が有ったんですが、歴史上の人物を過去から現代に呼び戻し、
その罪を裁く、というもので、
渡辺いっけいさんが演じる検察官と被告人が争う感じです。

で、今回の被告人は何と、土方歳三!でした。

罪名は「騒乱罪」(以下、番組HPより抜粋)

”京都での様々な暴行・脅迫、及び日本各地でのゲリラ戦参加によって、公共の平穏を乱したとして、騒乱罪で起訴”
された訳です(^_^;)

因みに、土方さんを高橋一生さんが演じておられ、
あの写真と同じ洋装でなかなかカッコ良かったです(^^)v

他にも、近藤さんや、鉄之助、勝海舟も出て来ました。

あ、そうそう、番組の最初の方に、
もちろん土方さんの味方として、栗塚旭さんもご出演され、

「土方さん、頑張って!」と応援してました(*^_^*)

裁判の内容、途中経過を詳しく説明するのは難しいので止めますが、
結局、土方さんは”無罪”でした。

ま、当たりまえですけどね(^^)v


で、一つ、読んで下さっている方に質問。

この番組の最後、無罪を勝ち取った土方さんが近藤さんや鉄之助と過去へと戻って行く時に、
検察官(渡辺いっけいさん)が呼び止め、一言。

「土方さん、貴方は鉄之助君を逃がした事実が物語っているように、本当は生き続ける事が大事だと分かってたんでしょ? 貴方も生きて、新政府がどんな政治をするのか、見届けなければいけなかったんじゃないですか?」

それに対して土方さんは、こう返事して去って行きました。


「貫く勇気も難しいが、引く勇気はもっと難しい。結局、俺は逃げたんだ」


まあ、脚本家の方が土方さんにこう言わせた訳ですが、

う~~ん、、、、”逃げた”んですかねぇ?




関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1463-b8cc9c8f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

逃げたというより

先に亡くなった仲間達に「申し訳ない」とか
生き長らえてあの世に行った時、若いままの戦友に「老いた自分を見せたくない」とか、俺ならそんな風に考えてしまいます

副長は自身が戦死したら、幕府軍が降伏すると分かっていて前線へ向かっていた節もありますし、
とらえ方は "十人十色" でしょうね (∋_∈)

  • 20120420
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

土方歳三にとって明治の世は「生きたくねぇ世」だったのでは?、と思っています。
ボャーっとしたものですが私が持つイメージに「時代の変り目、男は死に急ぎ、女は生延びて文化を創る。」というものがあります。
新選組作品の中にそうしたテーマを前面に出したものを確認していませんが、もし機会がありましたら、クラウディア・カルディナーレを主演にした西部劇“ウェスタン”を観てみて下さい。出てくるキャラクターの何人かが、土方歳三のイメージに被るかも知れません…???。

  • 20120420
  • 関東の誠 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

時代劇法廷、面白かったですね。
ただ、やはりラストが引っかかりますよね~。
土方さんに「俺は逃げたんだ」なんて言わせるとは。衝撃的でした。

私がこの番組の事を記事にした時は「土方さんが捕まった場合は榎本とは違って殺されてしまう」というようなコメントを頂き、その通りだと思いました。
検察官が言うように「見届ける為に」なんて前向きな目的をもって投降したとしても、近藤さんのように斬首になったら、悔やんでも悔やみきれない!!(>_<)

検察官が理不尽な事言う世良修蔵(渡辺さんがドラマで演じてましたね)に段々見えて来ました(笑)。

別記事の猫の件ですが、あさぎさんの判断、正しいと思いました。
ただ、ご自身のお気持ちを納得させるのはとても難しいでしょうし、どうしたら良いのか思いつかずコメント出来ないでいました~。
でも、素敵なコメントがたくさん付いていたのでホッとしました(*^^*)

  • 20120421
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
Yoshuaさんへ

そうですよね、まして近藤さんを斬首されてますし、自分だけ生き残るなんて考えられなかったでしょうね。

降伏、、、薄々感づいていたかも知れませんよね。
そして自分は、そんなこと絶対に出来ない、とも思っていたかも?ですよね。

  • 20120423
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
関東の誠さんへ

>「生きたくねぇ世」

そうですよね、幕府の仇が作る世なんて、見届けたくない、と思っていたかも知れませんよね。

>クラウディア・カルディナーレを主演にした西部劇“ウェスタン”

そういう映画が有るのですね。
今度機会があれば探してみます。

  • 20120423
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
YAGI節さんへ

YAGI節さんもご覧になったんですね!

そう、そう、アレはやっぱり引っかかりますよね、ちょっと待てって感じ?(^_^;)

なるほど、そのコメントは正しいと思います。
そうですよね、近藤さんの二の舞になりかねませんよね。

私は観て無いんですが、渡辺さんが理不尽な検察官を演じてられた?
へえ~ そういうドラマが有ったんですね。

子猫の記事、読んで下さってたのですね。
ホントに、皆さんの素敵なコメントに癒されました。

  • 20120423
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

>へえ~ そういうドラマが有ったんですね。

いやーん、渡辺いっけいさんが「理不尽な事言う世良修蔵役」をやったのは『白虎隊』ですよ~。
あまりにも出番が短くて忘れられちゃったかな。
で、「検察官」というのは今回の役の事です。書き方悪くてすみません。

  • 20120424
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
YAGI節さんへ

あ、白虎隊でしたか!

いやもう、忘れっぽくて(^_^;)
思い出させて下さり、有り難うございました(^^)v

  • 20120425
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
面白そうな番組

なかなか凝ったテレビ番組ですね。
栗塚さん、見たかったです。
サインしてもらったことあるんですよ。
親しくお話させて頂きました。ラブです!!

  • 20120426
  • みちこ ♦z8Ev11P6
  • URL
  • 編集 ]

仕方ないんですよ

『殉死を美化するのは、軍国主義回帰だ!』

とか言って、騒ぎ出す連中がいるから

テレビ局も配慮が必要なんでしょう

馬鹿馬鹿しいですね(笑)

  • 20120427
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
みちこさんへ

出演されていた役者さん、渡辺さんと高橋さん以外はあまりよく知らない方ばかりでしたが、大変演技が達者な方ばかりで、ちょっとしたドラマを観ているかのようでした(*^_^*)

栗塚さん、誠と書かれたTシャツを着てはりました(^^)v

親しくお話しされたのですね~
ホント、羨ましいです!

  • 20120427
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

”軍国主義”ですか!?

どんな批判を受けるか分からないTV局、、
番組作りも大変ですよね(^_^;)

  • 20120427
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。