新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「医龍3」と「薄桜鬼 碧血禄」

どちらも最終回でした。

先ずは「医龍3」

三人もの手術が同時期に重なってしまった!

そのうちの二人は、母と娘。
なんか色々あって、人口心肺を二人で使うってことに!

ストーリーによると、それは倫理的には許されない行為だそうで、
万事休すかと思われたけど、、

まあ、そこはドラマ(^_^;)
三人とも無事に助かりました。

しかし、、あの黒木先生が亡くなってしまうとは、、、、(-_-;)
先週を見逃したので、イマイチ話が読めなかったんですが、あの展開は残念でした。

また次、「医龍4」はやるのかなぁ?
やって欲しいなぁ。


さて「薄桜鬼 碧血禄」

いよいよ箱館総攻撃ですよ。

土方さん、執務室で千鶴の気持ちに応え、接吻!
いや~ 後の事を思うとねえ、、私の心の中は結構穏やかでした(^_^;)

そして、一本木関門。
土方さんは、史実通り馬上にて撃たれます(T_T)

まあ、それは良いんですが(いや、良くないけど)
千鶴を乗せてたんですよ!

戦場に女を連れていく、、、
コレってどうなん!?

いや~ ホント、この設定は止めて欲しかったなぁ。

で、土方さんが、ここでは死ななくて、、
ま、これも良いんですが、、、

最後は、鬼と一騎打ちです。
それも、千鶴を賭けて!

そして、結局は、相討ち、という終わり方。

まあ、、”惚れた女を守るために戦って死ぬ土方さん”っていうのもアリかも知れませんが、
私は、嫌です。

やっぱり、

土方さんは、自分が創った新選組の、
その最後の幕引きをした、オトシマエをつけた、

っていう史実の土方さんの方が好きです。

私、この薄桜鬼のアニメを観ていて、ゲームにも手を出してみようかな?
な~んて思ってたりしてたんですが、この最終回を観て、
なんか、その気が失せました(^_^;)



関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1323-07d0f1e8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

医龍は1しか見たことないんですが、面白いですよね(^-^)
今度2、3と借りて見てみたいなーと思います

薄桜鬼の最終回は賛否両論らしいですよ

もし新撰組の乙女ゲーに興味を持ったのでしたら、幕末恋華シリーズは結構史実に忠実らしいですよ(^^)v

アクションゲームですが風雲シリーズもオススメです(^_^)

  • 20101218
  • こえび ♦LON03G7k
  • URL
  • 編集 ]
こえびさんへ

「医龍」1をご覧になったんですね~♪
反して私、1は観て無かったんです~
っていうか、やっているのを知らなかったというか、、(^_^;)

>薄桜鬼の最終回は賛否両論らしいですよ

そうなのですね?
いや~そうでしょう、そうでしょう。
千鶴と土方さんはくっつけちゃいけません!

幕末恋華シリーズはいいのですね!?
考えてみます(*^^)v

薄桜鬼はテレビで観れなくてもYoutubeか何かで観れたと思うのですが、
どうもPCでは観づらくて、結局観ないで終わったのですが、
…見なくてよかった(^_^;
最終回のあさぎさんの解説読むと、全部嫌なんですけど(笑)、
特に一本木関門に女連れ?これ無いですね~(´Д`lll)
数々の箱館までのストーカー話(笑)を読んできましたが、これは今までに無い最悪…

  • 20101220
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
Mini子さんへ

私も一度見逃してしまってPCで観たことがありますが、ホント、アレは観づらいですよねぇ(^_^;)

>一本木関門に女連れ?これ無いですね~(´Д`lll)

ですよねー!
しかも、土方さんが「ついて来い!」って言ったんですよ?(-_-;)
いやホント、そんなシチュエーション、あり得ませんよね。

腹が立つというか、呆れるというか、、ですよね(^_^;)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。