新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

武士の家計簿

先日の大阪史跡巡りには、星亮一先生も参加されるご予定だったのですが、急用がお出来になったため、残念ながら参加されませんでした。

ちなみに先生は、箱館戦争時の額兵隊、星恂太郎さんのご子孫なのだそうです!

で、「この機会に先生にサインして頂こう!」と持っていった本は、みちこさんが「先生に送ってサインして貰います」と預かって下さったんですが、
その本が昨日、ウチに送られて来ました(^_^)v

↓この本の表紙を開くと、星先生のサインが有ります♪
(思いっきり私の本名を書いて下さっているので、写真は表紙のみ)



星先生、みちこさん、有り難うございました。


さて、今日の記事タイトルですが、観て来ました(^_^)v
武士の家計簿
(以下、ネタバレはそれほどしてません)

この映画は天保年間から明治10年頃までを描いているので、もちろん幕末の期間も含んでます。

武士が主役の映画なんですが、派手な立ち回りなど一切なく、血をみるシーンもありません。
ちょっと盛り上がりに欠けるかも?ですが、
静かに時が流れていく、見終わって心がホンワカする、そんな映画でした。

いや~ しかし堺さんは観ていて癒されますねぇ~
怒るシーンでも全然怖くないです(え)

ちなみに、TVナビ最新号で主役の堺雅人さんがこの映画についてこう仰ってます。

”「新選組!」「篤姫」そして「武士の家計簿」、僕は「負け側三部作」と読んでます(苦笑)”

そして、、、

そもそも歴史なんてあとから見るもので、その最中にいる時は、何が正しくて何が間違いなのか、誰にもわからない。そんな中でも誠実に生きることの大切さ。

これを監督から教わった、と。
また”これが約6年を掛けて幕末を色んな角度から見た結論なのかも知れない”と結んでおられます。

↓コレは、映画館の入り口に置いてありました。
武士の年収や、借金が膨らんだ理由、などが詳しく解説されてました(*^_^*)





関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1322-59a97bed

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

星先生、額兵隊の御子孫だったんですね。
書かれる物を考えると、納得です。
武士の家計簿、この映画は筆者も是非、観たいですね。
チャンバラのない時代劇、新鮮かもしれません。

あさぎさん、「武士の家計簿」観に行かれたんですね~! !

私は気になりつつまだ行けなくて、、、と思ってる内に「最後の忠臣蔵」の公開が始まっちゃいそうです (^_^;)

(この年末は何故か忠臣蔵関連のものが多いみたいですね~!)

堺さんはとって~も良い役者さんですよね ! ! !
山南さんをこの方がやって下さって、ホントに良かったと思ってます (^-^)

来年も新選組に関するワクワクドキドキな出来事が沢山あると良いですね♪

  • 20101214
  • 藍鉄 ♦hE4kmW4M
  • URL
  • 編集 ]

「負け側三部作」……なんか、いい言葉ですね(^_^;)
確かに渦中にいるときは、「歴史の中」なんて思わないですもんね。
堺さん、なかなか深いお言葉です。

えーっ、星さんって星恂太郎のご子孫だったんですかーっ!! すごーい!!

……って、もしかしたら前にもどこかでそういう情報見たかも知れませんが、幕末ファンになりたての頃は星恂太郎を知らなかったので、感動のしようもなかったなぁ(^^;;;;)。

この本、私も読みました。面白いですよね♪ いや、笑える話ではありませんが。

『武士の家計簿』、見に行こうか迷ってる所です。
行こうと思っている『ハリーポッター…』もまだ行けてないし~。

  • 20101214
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]

加賀藩の経理をやっていた実在の武士の暮らしを綴った本のようですね。江戸時代の平均的武士はこのような暮らしをしていたとか。堺さんこの映画のために算盤をかなり練習したと出演番組で仰っておられました。こういう視点も武士の生活を知る上で大切かもしれませんね。

  • 20101214
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
「武士の家計簿」をご覧になさったんですね。

私は一足お先に全国公開前の「最後の忠臣蔵」(試写会)を見に行ってきました。
ネタバレはしませんが、「新選組!」メンバーのお2人さん、とても良かったです。

  • 20101215
  • 土方副長 ♦YrGnQh/o
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさま
お喜び頂いて、私もとても嬉しいです。
落款も2つ押されていたと思います。
先生も張り切ってサインされたようですね。
次回は、是非、星先生をご紹介したいですね。(^◇^)

星先生、先月講演会で私の地元に来たんですよね~。行きたかった…
ちょくちょく来ているらしいので、次の機会にはお話を聞きに行きたいと思ってマス(^^)

>武士の家計簿
「負け側三部作」(笑)
そう言えば堺さんは、幕末が多いですが、それも負け側ばかりですよね(^_^;
ついこの間、堺さんのドラマやってましたが(お医者さんの話)、癒し系ですよね~(´▽`)

  • 20101215
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]

その本読みたいです
長州と会津って今も喧嘩してるんですよね
けどなんか会津の気持ちもわかるし
かといって長州の気持ちもわかります
堺さんのは一度見てみたいです
薄桜鬼最後まで男なのに見てしまいました
('_')土方さん最後までかっこいいですね^^
最後の土方さんの場面が泣きました(´;ω;`)
千鶴は嫁にニシシ^ー^

  • 20101216
  • トッシー ♦-
  • URL
  • 編集 ]
会津

その件は、実際会津の友人に聞きました。20年位前に萩市から会津市に『過去の蟠りを捨て、友好都市になろう』と働きかけたんですが、会津側は『あの恨みはそう簡単に消えるものではない。時期早々である』と断ったそうですね?
喧嘩と言うより、会津が一方的に長州を嫌ってる感じです

でも今は、じいさん婆さんだけじゃないですか?

その友人は別に『山口県民だからっていちいち毛嫌いしねえよ。面倒くせえ』と言ってました
ただ、そいつには妹がいるんですが、そいつの父親は『娘は絶対山口の男には嫁にやらん』と言ってたそうです

つまり会津の女の子を嫁にさえもらわなけりゃいいようです(笑)

ただ、松平容保に近い家系の子孫の人達は、どう思ってるか分かりません

  • 20101216
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

星先生、そうらしいですよ~

>チャンバラのない時代劇

そうですね!
新選、、じゃなく、新鮮です(*^_^*)

藍鉄さんへ

はい!観に行って来ました(*^_^*)

堺さんの山南さんはホント、素敵でしたよね♪

新選組モノ、是非とも誰でもが観れるチャンネルでやって欲しいものですよねぇ、お互いに(^_^;)

MAHHYAさんへ

そうですね、その最中に居る時は、皆真剣に生きてらしたんですもんね。

歴史好きな堺さんらしい言葉、ですね(*^_^*)

YAGI節さんへ

私もなにせ「新選組!」からファンになったもので、星恂太郎さんというお名前は、ず~っと後になってから知りました(^_^;)

「会津藩VS長州藩」は、ずいぶん前に読んだので、内容はあんまり詳しくは覚えてないんですが、
根は深いんだな、と思ったような記憶があります。

「ハリーポッター」ですか~
なんか、今回は暗くて重いらしく、私もどうしようか思案中です(^_^;)

早々さんへ

そうです、そうです!
実在の”そろばん侍”のお話です(*^_^*)

>堺さんこの映画のために算盤をかなり練習したと出演番組で仰っておられました

へえ~ そうなんですね♪

武士の世界にも斬った張ったの無いこういう生活もあったんだな、と心がホワッとします(*^_^*)

土方副長さんへ

はい、観て来ました(*^_^*)

「最後の中心蔵」の試写会に行かれたんですか~♪

佐藤浩一さんと山本耕史さんが出てらっしゃるんですよね(^_^)v

みちこさんへ

>落款も2つ押されていたと思います

はい!押して下さってます!!

”はりきって”ですか!?
いや~ 本当に嬉しいです!!(^^)!

Mini子さんへ

先月?へえ~!星先生がいらしたんですねー!

私も星先生の講演会へはまだ一度も参加したことが無いので、機会があれば是非、行きたいと思っています(*^_^*)

>それも負け側ばかりですよね(^_^;

ですよね(^_^;)

>お医者さんの話

あ~ それ、ちらっとしか観て無いんですが、
堺さんの笑顔には、ホント、惹きつけられますね(*^_^*)

トッシーさんへ

最近はどうなんでしょうね?
まだ仲は悪いまま、なんでしょうか(^_^;)

薄桜鬼、最終回は私も観ました。
千鶴はどーでもいいんですが(苦笑)
土方さん、、可哀想でしたね(>_<)

タカユキさんへ

へえ~ 二十年くらい前、というと結構最近ですよね。
う~~ん、恨みは相当深いようですね(-_-;)

>「娘は絶対山口の男には嫁にやらん」

ええー!?
そうなんですね!?
それってごく最近の話ですよね?
やっぱり、、相当ですね(^_^;)

あ、そうそう、話は飛びますが、会津にはふぐを食べさせるお店が無いって、、
本当なんでしょうかねぇ?(^_^;)

星先生のサイン、よかったですね♪

武士の家計簿、観られたのですかぁ。
なんか、地味そうですけど、ほのぼのしていて
癒されそうですね~

私は、最後の忠臣蔵が観たいのですが、なんか
泣けそうので、どうかなぁ、と。。
映画館で泣くの恥ずかしいです(苦笑)

  • 20101217
  • まー ♦-
  • URL
  • 編集 ]
まーさんへ

はい♪とても嬉しいです(*^_^*)

>地味そうですけど

そう、そう、ホント、”地味”っていう言葉がぴったり来るような映画です。
気持ちはホンワカしますけどね(*^^)v

「最後の忠臣蔵」ですか~
佐藤浩一さんや山本耕史さんも出演されてますしね♪
もしご覧になられたら、レポ、楽しみにしています(*^_^*)

ご無沙汰しています

あさぎさん、亀コメントすんまそん。

昔、「星亮一さんは、やっぱり星恂太郎のご子孫なんだろうか?」と思ったことがあるんですが
やっぱりそうだったんですね!
スッキリしました(笑)

堺さん、良いですよねえ(*^_^*)

  • 20101222
  • まきこ ♦4z.uSMvw
  • URL
  • 編集 ]
まきこさんへ

コメントはいつでも大歓迎です(^_^)v

で、星亮一さんですが、そのようですよ!

堺雅人さん、裃がとてもよくお似合いでした(*^_^*)

訂正

初めてコメントします。

星亮一氏が星恂太郎の子孫とのことですが、これは真っ赤な出たらめです。

彼は宮城県丸森町の出で、恂太郎の血は現在絶えてありません。仙台市宮町の墓所もお寺さんで守っています。

以上、思い込みをご訂正願います。

  • 20110120
  • KOIZU ♦/yCwUZZU
  • URL
  • 編集 ]
KOIZUさんへ

コメントを有り難うございます。

以下を参考にして頂ければ良いかと思います。

>星亮一氏の先祖は仙台藩大隊長佐藤宮内(伊具郡小斎領主)の家臣(姓名は失念しました。)で戊辰戦争白河城攻防戦等に参戦し、不甲斐ない仙台藩の中では奮戦した部隊だったようです。額兵隊隊長星恂太郎とは当時の星家当主とは血縁関係には無いようです。しかし同じ星姓ですので、それ以前には何らかの関係が有ったのかもしれません。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。