新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

薄桜鬼 碧血禄

第二十話”散ずる桜花”

↓あらすじ(公式サイトより)

仙台へ着いた土方を、旧幕府海軍の榎本武揚が訪ねて来る。彼から仙台で辻斬りが横行しているとい聞いた土方は、連絡の途絶えている山南たちが事件に絡んでいるのではないかとの懸念を持つ。土方が辻斬りの情報を求めて捜索に出る中、千鶴の前に藤堂が現れ―。


山南さん!千鶴のお父さんと組んで新政府軍へ寝返るのか!?
みたいな、衝撃的なシーンもありましたが、

「敵を欺くにはまず味方から」
の戦法だったようで、安心しました。

、、、っていうか、山南さんが仙台まで付いて来てるっていうのが、
そもそも可笑しいんですけど。

で、そこに平助も一緒に居る、っていうのも、ヘンなんですが(^_^;)

だって、そうでしょ?
本当なら、平助は、油小路で亡くなっていて、山南さんに至っては屯所が西本願寺に移転する前に
既に亡くなってるハズですから。

薄桜鬼は、結構史実に忠実なところも有り、創作も有りのアニメですから
その辺は大目に観るってことなんでしょう。

とにかく、この回で、山南さんが亡くなり、平助も亡くなってしまいました。

山南さんは、最後に土方さんに良い事言ってました。
「君とは反目してきたけれど、認めていた。新選組で君と一緒に戦えたことを誇りに思う」

そして残された土方さんは、榎本武揚とともに、
いよいよ蝦夷へと出発します。

そう、そう、この回で初めて出て来たんですよ!榎本さんが!

アイドルな大鳥圭介(^_^;)よりは、
口ひげを蓄えていたりして少しは”大人な榎本さん”に見えます(^_^)v

蝦夷へ発つ前、土方さんは千鶴に宣告します。
「お前はついて来るな、これは局長命令だ!」

うわ~い、これで次回からはウザい千鶴は居なくなる~♪
、、と喜んでいたのもつかの間、

次回の予告で”千鶴は蝦夷へ追いかけて行く”って事が、
分かりました。

あ~あ、ガッカリ(-_-;)


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1315-8a9a296e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

お話ですから、こういうのもありなんでしょうね。
燃えよ剣でも、斎藤一が函館までついてきていた位ですから、創作ということで、大目に見るべきかも。

ビデオ撮り忘れてました。
でも記事を読んだだけでも嬉しいです。
お話ですから、大目にみるということで。
榎本さん、初登場の回だったんですね。
次回、千鶴は蝦夷へ追いかけて行くんですね。
あさぎさんと同じ気持ちです。

  • 20101202
  • ちんちゃん ♦-
  • URL
  • 編集 ]

ついて来るなと言うのに、ついて来て足手まといになる。
これが一番ウザいです(笑)
でも結構こういう設定の物語って多いですよね(^_^;

  • 20101202
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

>燃えよ剣でも、斎藤一が函館までついてきていた位

アレは、、ねぇ?(^_^;)

>創作ということで、大目に見るべきかも。

ですね(苦笑)

因みに、先日はPCメールを有り難うございました。
当日はどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m

ちんちゃんさんへ

榎本さん、出て来ましたよ!
なかなかのイケメンです(^_^)v

>あさぎさんと同じ気持ちです

ですよね~
ホント、図々しいったら無いですよね!

Mini子さんへ

>これが一番ウザいです(笑)

ですよねー!

しかしホント、、こういう設定、土方さんに関しては多いですよね、嫌になります(^_^;)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。