新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「龍の魂」

「龍馬伝」最終回”龍の魂”

最初のシーン。
武市さんや岡田以蔵、近藤長次郎が出てきたので、「あ、龍馬が天国へ行ったっていう設定かな?」
と思いましたが、

龍馬の夢、だったんですね。

で、、、新選組。
最後の最後まで出番、有ったんですね(^_^;)

また”何しに出て来たん?”状態か、と覚悟してたんですが、
今回は、近藤さんが中岡慎太郎と剣を交えて戦うシーン、

アレは見応え有りました。
近藤さんは素手で刀を握ったりして、、(←痛い!(>_<))

五分と五分の戦い!

前回の”大政奉還”みたいに、何も言えずスゴスゴと帰って行った訳でも無かったし。

けど、、「新選組も幕府がのうなったらただの人斬りや」

これには怒り心頭!

いや~ これは痛烈なパンチでしたねぇ。 
最後の最後に何言ってくれてるんでしょうね!?ホントに。

ビビる大木、切腹(ー_ー)!!


ところで、近江屋での暗殺なんですが、
観てた人はアレで実行犯は”見廻組”って、分かったのかな?
誰も断言して無かったですよね?

いや、分かったんならそれでいいんですが、市川亀治郎さん演じる今井信郎とか、佐々木只三郎?

今まで一度も出て来なくて、それこそ最終回だけ出てきて
龍馬を暗殺するっていう大役でしょ?

何か、あまりにも唐突過ぎるっていうか、、、
最終回までに少しでも伏線?張ってたら良かったんじゃないかなぁ、なんて思ってしまいました。

まあ、しかし、、「新選組!」でも私、龍馬さんが暗殺されたシーンは涙が出なかったんですが、
今回も全く”泣く”って事は無かったです。

でも、最後の弥太郎のセリフ「龍馬は大嫌い」には、
胸にグッと来るものが有りました。

弥太郎の”大嫌い”は”大好き”と同意語だと分かりましたから。


さあ、これで幕末モノもとうとう終わってしまいましたねぇ。
寂しいです(;_:)

来年は「江」
戦国モノってあんまり好きじゃないんですよねぇ(^_^;)
でも、出演陣がまた豪華ですよね~?

う~~ん、観ようか、どうしようか迷ってます。


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1312-97bf5756

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

最終回、途中、少しだけ見ました。
新選組のシーン、不幸にも見てしまいました(>_<)

>「新選組も幕府がのうなったらただの人斬りや」
……って、なんちゅう大雑把なセリフ(-_-;)。
近藤さんは、「どうしたらいいかわからん」なんて情けないことはいいません。
……やはり、胸が悪くなり(!)、最後まで見られませんでした(^_^;)

「江」は、篤姫のようにホームドラマチックなのかなあ、と少し期待してますが(^_^)w

三菱財閥創始者、インタビュー中に興奮して急死。

まあ、「幕府の犬」呼ばわりされた新撰組とも今日でお別れと思えばそれはそれでいいじゃありませんか、あさぎさん。それより自分は幕府が潰れたらどうする?(でしたっけ?)という中岡の問いに「わからん」と答えた近藤局長の姿に妙な切なさを感じてしまいました。この僅か数ヶ月後に局長も斬首されてしまうんですよね。(余談ですが「新撰組!」の時の最終回は数年も経った今でも涙なしでは見られません)京都見廻組ですが、あれは完全に暗殺要員としてのみの登場でしたね。自分としては「新撰組の近藤、土方、沖田+数名がかりでも始末できなかった龍馬&中岡を瞬殺しちまうなんてスゲエ!殺しのスペシャリストだ!」と思ってしまう人が出てきてしまう事が何より心配です・・・orz

一応言っておりますが自分はこのドラマには実は感謝しているんですよ。何故なら虚飾だらけの歴史を見せてもらったお陰で本当の歴史というものを自分の目でもう一度しかと勉強しておきたいという気持ちになれましたので。こうして自分のように本当の歴史に目を向けてくれる人がもっと増えれば、と願っております。

  • 20101129
  • 岡本緑明 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
MAHHYAさんへ

”不幸にも”ですか?(苦笑)

ビビる大木のあのセリフ、アレは止めて欲しいですよね(^_^;)

「江」は、「篤姫」を書かれた方と同じ方が書かれるんだそうですね♪
ホームドラマ、、
どうなんでしょうか。

岡本緑明さんへ

>「わからん」と答えた近藤局長の姿に妙な切なさを感じてしまいました

そうですね、私もアレはもっと他に言わせようがあったんじゃないかと、、(^_^;)

>あれは完全に暗殺要員としてのみの登場でしたね

そうですよね!
そして「見廻組」とは誰一人として断言してませんでしたよね?
最後の「龍馬伝紀行」でも、ただ”刺客”としか言ってませんでしたし。
何か断言出来ない理由でも有ったのか?と思ってしまいました。

>本当の歴史に目を向けてくれる人がもっと増えれば、と願っております。

ホント、そうですね(*^_^*)

虚飾だらけの歴史を見せてもらったおかげで、本当の歴史を見直そうと思ったという方がいましたが、

新撰組!が龍馬伝以上に虚飾だらけだったように、虚飾だらけの歴史を見せるのが、大河ドラマなわけです

つまり他の虚飾大河を見ても、真実の歴史を見直す気になれなかったが、龍馬伝に限って見直そうと思った人がいるという事は、このドラマはある意味、一定の役割を果たしたとも言えますね?

  • 20101129
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
締めが悪いと全て台無し

自分は普段ドラマを観ないタチなのですね、最終回の "シメ" が悪いとそれまでの時間をドブに捨てる事になるからです。
「龍馬伝」を観て、やっぱり映画の方がいいやって思いました(-_-;)

あんな風に終わらせて、龍馬や幕末に詳しく無い人は龍馬のした事の意味を理解出来たのでしょうか?
ダイジェストでもいいから、新政府発足や戊申戦争集結まで描くべきだったと思えてなりません。

「尻切れトンボ」と言う言葉を、このドラマに贈りたいと思います。

  • 20101129
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

途中から鑑賞しないで最終回もちら見のくせに、亀さんに龍馬が襲われているところだけは見ました。史実を無視したフィクションドラマはある意味、無から有を如何様にも創造できることになりますが、山村さんや大石さんが時代考証していたのですから、このドラマには新選組は出さない方が良かったのではと思う次第です。

  • 20101129
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
最後まで、やっぱりね。

小学生が見ても、「アレレレ、おかしいよ」という
大河の龍馬でした。

生きている間に、もう一度、大河で龍馬して欲しい。

次こそ、イメージ通りの、、、期待してます。(^◇^)

訂正とお詫び

一つ前の記事にコメントさせて頂いた際に入力ミスがあったと思います。1862年とすべきところを1882年としていると思います。訂正してお詫び致します。

  • 20101130
  • 関東の誠 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
なるほど・・・

私は見廻組の登場をはりきって待ってたので気付かなかったけど
オフィシャルサイトやステラ(載ってたのか?謎)まで詳しくは
チェックしたりせずに普通に見てる人には、確かにあれは誰?ですよね。
さすが、あさぎさん。ノーマルな視点がちゃんとある。
私がもし事前に見廻組と知らなかったとしても
きっと近藤さんと今井さんが一瞬目を合わせるシーンで見廻組だと解ったと思う。
そんな細かい(笑)とこまでジッと見てない人だと
幕府、薩長、土佐、どこからも暗殺されそうな感じが最後はあったので
どこかに暗殺を命令された人達がやったのだろうと、きっと見えますね。
「どこか!?」という捉え方も有りという演出だったのかも?ですね。
じっと見てる人には解り、じっと見てない人は暗殺犯は誰?という
見る側によってちょっと違う結末っていう感じにしたのかな?

それにしてもこのドラマに新選組は出なかった方が良かったと思ってます。
最後の最後で、世の中のことなど何にも考えて無い単なる人斬り扱いだったのはあまりに惨い。

来年は戦国ですね。
薩長が龍馬とは最後のとこで考えが一致しない理由が戦国が解るとなんとなく解ります。

タカユキさんへ

”ドラマ”ですからねぇ。
多少の脚色は有っていい、と私も思います。
「新選組!」も、”アレは近藤勇を良い人に描き過ぎ”という批評を何処かで読んだような気がします。

>このドラマはある意味、一定の役割を果たしたとも言えますね?

なるほど。
そうかも知れませんね(*^^)v

Yoshuaさんへ

75分に拡大した割には、きちんと締められなかった感が確かに有りますね。

”戊辰戦争終結まで”ですか、、、
私も最終回を観終わってから、「でも、これから鳥羽伏見の戦いが有るし、箱館戦争に突入するよねぇ」
とふと思いました。

早々さんへ

あ~!龍馬さんが亀治郎さんに「どういて!?」って言ってたシーン、ご覧になったのですね。

>このドラマには新選組は出さない方が良かったのではと思う次第です。

私もそう思います。
ああいう扱いをするんなら、出す必要無かったんじゃないか?と(^_^;)

みちこさんへ

いや~ ホントに可笑しな「龍馬伝」でしたね。
新選組の扱いが特に(^_^;)

龍馬さんは人気があるようですから、またやるんじゃないでしょうか♪
私も楽しみにしたいと思います(*^_^*)

関東の誠さんへ

了解致しました。

ご丁寧に訂正コメントを有り難うございましたm(__)m

ももさんへ

>はりきって待ってたので

はい、ももさんのお気持ちは大変よく分かってました(笑)

>「どこか!?」という捉え方も有りという演出だったのかも?ですね。

そうかも知れませんね!
番組の最後の「龍馬伝紀行」でも、”刺客に襲われた”としか言って無かったですもんねぇ。
そういう事から考えると、NHKは、断定したく無かったのかも?知れませんね!
HPには”見廻組”とちゃんと名前を出してたけれど(^_^;)

>それにしてもこのドラマに新選組は出なかった方が良かったと思ってます。

私も、ああいう扱いをするなら、新選組を出す必要は無かったんじゃないか、と思います。

>薩長が龍馬とは最後のとこで考えが一致しない理由

あ、分かるのですね!?
じゃあ観てみようかなぁ。

久しぶりにお邪魔しております。(本当は勉強してなきゃいけない時期なんですが)

龍馬伝、最終回までキッチリ見ました。
普通の方、と言いますか、あまり歴史に興味のない方々にとっては
十分にリアリティがあり見ごたえのあるドラマであったと思います。
色々知っているとつっこみたくなるのは仕方ないとは思いますが。
でも今回はNHKにしては時代考証やら何やら、頑張っていたように思います。
主に演出とかですが。
どちらにせよ「天地人」よりは遥かにマシだったと思いますよ。あれはひどかったですから。

龍馬伝、自分も身内で話していたのですが些か終わりに疑問が残りました。
何故、最期の暗殺のシーンで中岡が窓の外へ手を伸ばしたのか?
なぜお龍が土佐にいるのか?
あと見回り組。
雰囲気は良いんですが、いまいち暗殺役にしては説明やら何やら足りない気がしました。
せめて本編後のコーナーで、少しくらい説明した方がよかったと思いました。
それからやっぱり新撰組の出番がちょっと無理やりすぎる気が・・・。
それに新撰組があんな悪役人斬り一辺倒に描かれるのはちょっと…と思うのは新撰組好き故でしょうか(笑)
いえ、新撰組の姿が見られるのはとても嬉しいんですけどね。
「武士」であることを何よりも重んじていた近藤さんが、あんなふわふわした答え方はしないと思います。
面白いけれど、それゆえ余計に爪が甘い気がしました。

でも、皆さんも仰っておられるように歴史やこの国のことを考え始めるいいきっかけにはなったと思います。
作品自体のクオリティは言い出したらそれこそキリがないですが、問題は何を伝えたか。
これに限ると私は思います。
当然ドラマですから脚色も多いでしょう。
でも俳優の方々が一生懸命に演じて、伝えようとしたこと、
最後にその何かが残ったならこのドラマには意味があったんじゃないかと私は思います。

浅学ながら一言申させていただきました。
何だか論点がずれまくっている気がしますが。(汗
とにかく自分は龍馬伝、好きでした。
新撰組!には負けるかもしれませんが。

来年の「江」はまた戦国時代ですね。
この方、中々に波乱万丈な人生を送られた方です。
楽しみです!
長文長々とお邪魔いたしました。

  • 20101130
  • 飛月 ♦8XW5fiVQ
  • URL
  • 編集 ]

新選組はもうでないと思って観ていたので、出て来た時に、なんだ出てくるのかぁ…と残念に思った自分が悲しいです…
近藤さんが素手で刀を握った所までは、カッコいいかも~と思ったのですが、噛み付いたので帳消し…

  • 20101130
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]

ドラマの質やおもしろさについては、個人様々なので発言は控えますが、あくまで史実考証という点において、【天地人】は龍馬伝よりひどかったですね?【新撰組!】はさらに酷かったです
しかし、それ以上に【武蔵】はとんでもなく酷かったです(笑)そして【義経】は地獄のようにひどかったですね?(笑)篤姫だって・・・

今回強く思ったのは、龍馬伝について史実云々を語る人が多かった事

これは、龍馬伝がどうこう言う話じゃなくて、NHK大河ドラマというもの自体を知らないという事ですね?つまり、日頃大河ドラマを見てない人が多いという事
これだったら、さっさと大河なんか打ち切って
『これが史実だよ!正しい歴史教室』
でもやりゃあいいんじゃないですか?(笑)

  • 20101201
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
飛月さんへ

お久しぶりです(*^_^*)

>いまいち暗殺役にしては説明やら何やら足りない気がしました

そうですよね!?
あれじゃあ、幕末に詳しいものは見廻り組って分かったでしょうけれど、普通の方(って言い方もどうか?ですが)は絶対分からなかったと思います。

>それからやっぱり新撰組の出番がちょっと無理やりすぎる気が・・

ですよね(^_^;)
新選組好きな山村さんがいらしたから、どうしても出したかったんでしょうけれど、、、

「江」ねえ~
飛月さんは戦国時代、お好きなのですね♪
じゃあ、楽しみですね(*^_^*)

Mini子さんへ

私も同じ気持ちです!
出てきた時、何か、いや~な予感がしました(^_^;)

>噛み付いたので帳消し…

ですよねー!
アレは止めて欲しかったですよね(^_^;)

タカユキさんへ

>龍馬伝について史実云々を語る人が多かった事

言われてみれば、そうですね。
やっぱりそれは、史実を勉強されていて歴史をよく知ってる方が多かったからかな?なんて思います。
いくらドラマとはいえ、実在の人を主人公にしてるんだから、史実はあんまり曲げて欲しく無かったんじゃないかなあ。

>『これが史実だよ!正しい歴史教室』

そういう番組、あったら観ます、観ます!

あさぎさん、おはようです♪
遅ればせながら、龍馬伝の最終話観ましたよ☆彡

1年通して観て(そんなに真剣には観てないけど)何が描きたかったのか、結局よくわからないドラマでした。
龍馬ファンの方はどう評価してるんですかね??(~_~;)

組!とかは脇役や敵役もそれなりに魅力のある人物に描かれていたと思うので、雲泥の差だなんて思ってしまいますi-201

近藤さんにろくなセリフを言わす事すら出来ないし!(脚本家がわからなかったのか、敢えてなのかは?だけど・・・)

ちゃんとした原作のある作品でないと、大河ドラマの1年を持たすのは辛いのかもですね!

  • 20101201
  • 藍鉄 ♦hE4kmW4M
  • URL
  • 編集 ]
藍鉄さんへ

龍馬ファンの方、、、
どうなんでしょうね?
メチャメチャ持ち上げて貰って喜んでるかも?

>近藤さんにろくなセリフを言わす事すら出来ないし!

ホント、そうでしたねぇ。
とにかく、新選組の扱いは酷かった、としか言えませんね(^_^;)

  • 20101201
  • あさぎ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

龍馬伝でけっこう弥太郎について勉強になりました^^
香川さんの演技力と言い素敵だと思います
あの後の岩崎さんってすごいですよね^^
岩崎邸行きたいです^^
竜馬暗殺については組のほうがいいですね
なんか唐突すぎてわからなくなるしテロッグがかかったのは嫌でした
けど内容は良かったと思います。
俺は北斗の拳とアニメでもみようかな^^
来年はもっと

  • 20101201
  • トッシー ♦-
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさんこんばんわ
「龍馬伝」最終回見ました
近江屋にいる
中岡さんと龍馬と
暗殺されるシーンは
すごかったですし、
刀での斬り殺しシーンは
リアルな感じが出てましたよね
その後暗殺されたことを
知る弥太郎は
「まにあわなかったかあ~!」と
ゆう思いで
雨の中で悔し泣きして
ましたもの
弥太郎も龍馬に対して
「おまんが大嫌いじゃき!」と
言ったものの、
やはり気にかけてたんですね。


  • 20101202
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
トッシーさんへ

香川さんの岩崎弥太郎役、ホントに良かったですね(*^_^*)

”北斗の拳”ですか♪
私はそのアニメ、観たことないですが、最近CM等でよく使われてますよね(^_^)v

ruka339さんへ

>弥太郎も龍馬に対して「おまんが大嫌いじゃき!」と言ったものの、やはり気にかけてたんですね

そうですね、私も弥太郎の本当の気持ちが最終回でやっと分かった感じです(^_^;)

後パチンコやパチスロですね
愛について学べますしキャラが個性的ですのでぜひおすすめします^^
後は最近のアニメも最高です^^

  • 20101203
  • トッシー ♦-
  • URL
  • 編集 ]

最後は、新選組はちょっと切ない(?)という感じで去っていきましたね。

第1話のセリフが最終話でまた流れ、龍馬伝が終わり、この言葉に、いろいろな思いがこめられていることがわかりました。
最後を、最初と同じセリフで締めるっていうのはよかったんじゃないかなぁと思います。

  • 20101203
  • 壬生狼 ♦RKa80uME
  • URL
  • 編集 ]
トッシーさんへ

>キャラが個性的ですのでぜひおすすめします

そうなんですね(*^_^*)

壬生狼さんへ

あれじゃあ新選組、出す必要無かったですね(^_^;)

>最初と同じセリフで締めるっていうのはよかったんじゃないかなぁと

あ、気が付きませんでしたが、そうだったんですね♪

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。