新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「医龍3」と「龍馬伝」HPから

昨夜の「医龍3」

浅田先生が助かってホント、良かった~(*^_^*)

屋上から落ちて助かるって、いくらドラマでもゴリ押し過ぎる展開、、、
なような気もしますが(^_^;)

まあ、主役ですからね?アレで居なくなってしまうとは思ってませんでしたけど。

え~ このドラマでは、毎回と言って良いほど手術シーンがあります。

で、そのたびに心臓の画が出てきて、佐々木蔵之介さん演じる藤吉圭介が、”説明セリフ”を言うんですが、
それが全く理解不能(^_^;)

アレって、医者や医学部の学生とかなら、全部分かるんでしょうね。


さて、話は変わって「龍馬伝」はあと一話を残すのみ、となりました。

先ほどHPを見てみたら、”福山龍馬さんからのラストメッセージ”→(ココ)がアップされていたので読んだんですが、、、

「龍馬伝」は龍馬をあたかもヒーローのように描いていたけれど、幕府側からみれば、龍馬は”なぞのテロリスト”だと、書かれてました。

福山さん、よく分かってらっしゃったんですねぇ(え)
この一文は、新選組ファンへの配慮、でしょうか(←いや、違うと思うけど(^_^;))

私、ふと思ったんですが「新選組!」では、龍馬さんを”テロリスト”だからと言って、
ぞんざいには扱わなかったですよね?
尊敬の念を込めて描いていたような気がします。

その点、「龍馬伝」は、、、

新選組を悪役に描くのは仕方ない。
けどその描き方?
もうちょっと何か別の方法が有ったんじゃないかな、って気がします。

話を”ラストメッセージ”に戻しますが、

「無知とは有る意味強さである」と書かれてました。

そうかも知れませんねえ。
人間、知り過ぎて、次の一歩がなかなか出せないってこと有りますよね。

HPから引用しました↓
知らないことは人に聞けばいい、恥ずかしがったり、怖がったりせずに、“まず行動ありき”。
打ち破るべきは、自分の殻である。行動力の大切さを龍馬さんに教えてもらいました。


ホント、その通りだと思います。

「龍馬伝」の龍馬さんは、新選組ファンにとっては、「何よ!上から目線で失礼な!」
っていう存在でしたが(^_^;)

それはそういう脚本だから仕方なかったんだな、
と思える”ラストメッセージ”でした(←ゲンキンな私)

さて、明後日はいよいよ最終回、75分の拡大版だそうですね!
楽しみです♪


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1311-7b883f2f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

「新選組!」での龍馬さんの扱いは、なかなかおもしろいものでしたね。

福山さんの視点は、さすがですね。
龍馬伝を見ていて、福山さんすら嫌いになりそうでしたが、早まらなくて(!)よかったです。
まずは、行動ありき……なるほど、これがなかなかできないんですけどね(^_^;)

長崎

福山さんは長崎出身だから、龍馬のことは
良くわかっておられたのでしょう。
長崎の友達から聞きましたが、福山さん
長崎にいる頃は、バイク族で走り回って
いたそうです。カッコよかったんでしょうね、当時から
目だっていたのでしょう。

>尊敬の念を込めて描いていたような気がします。

そうそうそう!!
『新選組!』では、龍馬に限らず、全ての幕末人に敬意を払っていたように思うし、そういう所がたまらなく好きなんです~。
新選組はもちろんですが、あのドラマの登場人物は皆魅力的でした。
キレイ過ぎなのかも知れないけど。

福山さんのラスト・メッセージ読んで来ました。
いい事おっしゃってますね~♪
福山さんの耳には、『龍馬伝』の好評だけではなく悪評も入って来ていたんだろうなぁ……などと想像する今日この頃。
「1年間(11ヵ月?)お疲れ様でした」と言いたいです。
今は、「昨日の敵は今日の友」な気分です。……で、また明日(最終回)には敵になっていたりして(^^;;)。

  • 20101127
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
やっぱり(-_-;)

イケメンが発したメッセージは格好良く思えてしまうのですね、不思議です。
その様な言葉は飲み屋のママさんでも・・・いや、もっといい事言ってます。
やっぱりイケメンは得だなぁ~(´A`) と思ってしまいます。

龍馬伝もラストですね。
新撰組ファンにはツライドラマでしたが、最後は一年のつじつまが合う様に、観ている視聴者が納得する形で終わらせてほしいものです。

  • 20101127
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]
MAHHYAさんへ

「新選組!」での龍馬さんは、愛嬌がありましたね(^_^)v

で、ラストメッセージ。

そうですね。
私もあやうく嫌いになりかけてました(^_^;)

みちこさんへ

そうらしいですね!
以前、TVで「龍馬伝」のメイキング映像が流れた時に「故郷で土佐弁を話すのは奇妙な感じがする」と仰ってました。

バイク族ですか!?
いわゆる○走族ってヤツですか~!?
それとはまた違うのかな?
どっちにしても、それは知りませんでした(^_^;)

YAGI節さんへ

>あのドラマの登場人物は皆魅力的でした

ホント、仰る通りでした!

で、ラストメッセージ。

あ~ ”悪評”ね~
入って来てたでしょうね、特に新選組ファンからのブーイングとか(←違)

最終回、どーなるでしょうね!?
私もどう転ぶか分かりません(苦笑)

Yoshuaさんへ

いや~ 例えイケメンであっても、「龍馬伝」の龍馬さんは嫌いになりかけてましたからね、ハハハ、、、(^_^;)

いよいよ最終回ですね!
ホント、新選組ファンにとっては悲しすぎるドラマでしたが、最後は上手い事纏めて貰いたいです(*^_^*)

龍馬伝、いよいよ最終回ですか、福山さんは好人物なのに、ドラマは残念なものでした。
確かに謎のテロリストでしょうね。
もし、幕府が持ち直して存続していたら、龍馬は犯罪者ということになりますね。

桃源児さんへ

ホント、特に新選組の描き方は最悪でした(>_<)

>龍馬は犯罪者ということになりますね

そっか、、、
龍馬さんも危ない橋を渡ってたって事ですね(^_^;)

龍馬伝、見なくなってから久しいのですが、鑑賞時はドラマの展開がフィクションと分っているのに次第に批判的になってしまいました。もう最終回なのですね。歴史は片方だけでなく、もう一方の視点も持たなければ間違った認識を持つかも知れず怖いですよね。

  • 20101127
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
再放送

今日、見ましたけど、新撰組の扱い、ひどいですね。

歴史が好きな子供が見ても「あれ、変だな」と
思うでしょうに。
しっかりとした原作物でして欲しかった、涙、、、。

確かに、福山さんも監督や脚本家などにいわれてる演技をしているわけですからね。福山さんを恨む(?)のはダメですね(^^;)(別にうらんでるわけじゃないです)

確かに『新選組!』のときは、他の人達をあんなに悪く描いたりはしてないですよね。言っても仕方がないですけど、この新選組の描かれ方はないですよねぇ。

  • 20101127
  • 壬生狼 ♦RKa80uME
  • URL
  • 編集 ]

専門用語などを使われると、全然意味が分かりませんよね、
その職業に携わっている人でしたら、いいですけど。。

龍馬伝での新選組の扱い、本当にひどいですよね!
でも、龍馬も寺田屋事件で人を殺しているので、
幕府からみれば殺人犯ですものね。。

  • 20101127
  • まー ♦-
  • URL
  • 編集 ]

浅田先生助かりましたね(*^_^*)
私も心臓の説明、全然分かりません。雰囲気で聞いてます(笑)
佐々木蔵之介さんって名前を聞くたびに、同姓同名の新選組隊士を思い出します。関係ないけど(笑)

福山さんのコメント読むと、脚本家より龍馬の事が分かっているのでは…(苦笑)
私も皆さんのように、タイヤとかビールのCM観るたびに罪は無いのにイラッとしてましたが(笑)、元々は福山さんの事好きなんですよね~。
龍馬をわすれたいので、民放の連ドラにでも早く出て欲しいです。
いや龍馬の事も本来そんなに嫌いではなかったはずですが(^_^;

  • 20101128
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
早々さんへ

私もフィクションだと分かっていても、新選組に対する扱いには真剣に怒ってました(^_^;)

>もう一方の視点も持たなければ

ホントにそうですね。
今回の「龍馬伝」では、幕府側がメチャメチャ悪者で終わってしまったのは残念です。

みちこさんへ

再放送、ご覧になったのですね。
新選組の扱い、、、
ホントにアレは無いですよね(>_<)

「龍馬伝」で歴史を学んだ人達は、今後新選組のファンになることは先ずあり得ませんね(^_^;)

壬生狼さんへ

そうなんですよ、福山さんを恨むのは筋違いって分かってるんですけどねぇ(^_^;)

「新選組!」ではたとえ悪役でも、何か一つ救いが有ったような気がします。

まーさんへ

ホント、理解不能です(^_^;)

で「龍馬伝」

新選組の扱い、アレは無いですよねぇ!

龍馬さんも、、そうですね。
幕府側の役人を殺してしまってますもんね。

Mini子さんへ

あ、私も雰囲気です、雰囲気!(笑)

佐々木蔵之介っていう新選組隊士が居たんですか!?
それ、知りませんでした。

で「龍馬伝」

そうですよね~ よ~く分かってらっしゃるようですよね(^_^)v
民放の連ドラに、ですか!
そうですね、一度払拭するのもいいかも?

私も龍馬さん、そんなに嫌いでは無かったんです。
けど、あの新選組に対する上から目線だけは頂けません(^_^;)

結局最後の最後まで…

役者さんの演技が熱演であればある程虚しさを感じて終わりました。
その昔、南北戦争を描いた長編マカロニウェスタンで、「これだけの命が無駄死にか」と主人公に語らせ、無数の墓標がある中で1882(文久2)年に没した兵士の墓標がカギになる物語があり、なんとなくその作品を連想してしまいました。幕末に命を落とした勇士(東西を問わず)が無駄死にだなんて、そんな不尊で失礼なことはあり得ませんが、ただ「龍馬伝」を観るとどうしても虚しさが…。

  • 20101129
  • 関東の誠 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
関東の誠さんへ

関東の誠さんは、俳優陣全てが役にハマっていただけにアレでは可哀想、と思われたのですね。
その”虚しい”と思われるお気持ち、なんとなく分かるような気がします。
で、特に可哀想だったのは、やっぱり新選組の面々ですよね(^_^;)

幕府側の扱い方にもうちょっと気を配って欲しかったですよね(>_<)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。