新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

イケメンの、、、

一つ下の記事で幕女だと宣言した、その舌の根も乾かないうちに、、、
なんですが(^_^;)

実は私、古代史も好きなんです♪

MAHHYAさんのブログ♪記事を読ませて頂いて思いだしました。

     ↓「日出処の天子」by山岸涼子
日出処の天子

表紙の絵、イケメンでしょ~?(#^.^#)





厩戸皇子(うまやどのみこ) 後の聖徳太子なんです!


ストーリーは一応、史実に基づいてます。
が、、かなりなフィクションも交えて描かれてます。

その内容は、、う~~ん、、
男の方にはどうかな?ちょっと受け入れ難い、かも?知れませんが(^_^;)

昔はホント、ハマってまして、奈良の法隆寺にはよく行きましたよ~

"聖徳太子の現し身"と言われる夢殿の救世観音像を並んで観た(拝んだ?)事も有りますし、
橘寺へも行き、そしてこちらは奈良では無いですが、
聖徳太子御廟(磯長陵・しながりょう)へも行った事があります(^^)v

ま、今は新選組、大好き&京都、大好きですけどね(*^_^*)



関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1303-ecd94b43

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

ブログのご紹介ありがとうございます。
お~、美しい聖徳太子ですね。
あさぎさんがハマるの、わかります!

夢殿の救世観音、3回ほど見に行きました(お金と時間に余裕があったころ)。
橘寺も行きました……。なつかしー。
あさぎさんのところは、奈良も京都もすぐに行けてうらやましいです(>_<)

あさぎさんこんばんわ
おお!このコミック知ってます!
私と母が読んでました
この表紙は若かりし聖徳太子ですよね

絵柄も本当綺麗ですものね
私は小学6年生の頃から
歴女でした(^.^)。

  • 20101116
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

古代史、謎が多くて、検証も難しい時代ですね。
奈良には何度も行っているのに、何故か法隆寺は修学旅行で行って以来、足が遠のいています。
行ってみたくなりました。

MAHHYAさんへ

それはもう美しい聖徳太子なのですよ(#^.^#)

救世観音、三度も見に行かれたのですね!?
スゴイです!

ruka339さんへ

rukaさんのみならず、お母さまもお読みでしたか!

山岸涼子さんが描く聖徳太子は、ホントに美しいですよね(#^.^#)

桃源児さんへ

確かに、古代史は謎が多いですよね~
けど、そのお陰でロマンが有りますよね(^_^)v

修学旅行で行かれた事がおありなんですね♪

厩戸皇子

またこういう事を書くと嫌われてしまうかも知れませんが、お節介なオヤジの戯れとお耳汚しお許し下さい。

「厩戸皇子」とは最新の研究で「聖徳太子」と ”別人” であると発表されました。
聖徳太子とは誰のことか
http://www.nagaitosiya.com/a/shotoku.html

上宮法皇は厩戸皇子か?
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/2663/shotoku/uenomiya.htm

今現在では我々が学校の教科書で見かけた ”あの肖像画” に聖徳太子の文字すら表記されていません。
「厩戸皇子」は実在人物ですが「聖徳太子」の存在を証明する逸話が、様々な人物の "それ" と重なるものが多く、聖徳太子伝説と存在そのものが
"日本が中国の属国では無く、長い歴史の有る一国家で有る証明として創作された人物像"
とされています。

それ以前の日本では、中国から度々「日本国王の証」を貰い受け政治に利用してきた事が有り、属国と思われても仕方がない状況だったのですが、そのイメージを払拭する為に「日本書紀」などが書かれ、「聖徳太子」のでっち上げもまた同じであると考えられています。

長々と好き勝手書いてすみません m(_ _;)m・・・orz

  • 20101117
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

古代史は得意ではないのですが、厩戸皇子は豊聡耳とか上宮王とも言われたようですね。聡明さはつとに耳にしたことがあります。「聖徳」の名は仏法を興隆した太子賛仰の意味を込めて、太子の死後用いられたものということ位しかしらないのです。夢殿の救世観音像ははるか昔参拝した記憶があり、橘寺も行ったのに殆ど覚えていない状態です。画像の太子像天女のような美しいメージですね。

  • 20101117
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Yoshuaさんへ

>「厩戸皇子」とは最新の研究で「聖徳太子」と ”別人” であると発表されました

あ!そういえば、、聖徳太子は実在しない、と何かで言っていたような気がします。
記憶があいまいで、”何か”としか書けず、済みません。

URLも載せて下さって、とても詳しく教えて下さり、有り難うございました。

大変勉強になりました。

早々さんへ

早々さんのその知識、、、
”古代史は得意でない”とは思えません。

早々さんも夢殿や橘寺へ行かれた事がおありなんですね(*^_^*)

>画像の太子像天女のような美しいメージですね

そうなんですよ~♪
とても綺麗な聖徳太子です(^_^)v

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。