新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「龍馬伝」

第三十九話”馬関の奇跡”

この回は、高杉晋作が主役のような回でしたね~!(^^)!

龍馬のセリフにもありましたけど、”戦の最中に着流し”、
そして手には三味線、極めつけに”歌”!

あの歌、「わしとお前~」の後、何て言ってたのかなぁ?
聴き取れませんでした(^_^;)

けど、カッコイイ高杉でした(^_^)v

龍馬に労咳であることがバレても、奇兵隊員に対しては終始力強い態度で接するシーンも、
いや~ カッコイイ!

一番カッコ良かったのは、銃弾の飛び交う中を三味線を弾きながら涼しい顔で歩き、、、

あ、いえ、新選組ファンがこんな事書いたら”切腹もの”っていう事はよ~く分かってるんですが(^_^;)(^_^;)
幕府軍をメッタ斬りしていくシーン?

いや~ カッコ良かった!

高杉晋作を褒めるのは、新選組ファンから石投げられたら嫌ですから(苦笑)
これくらいにしておいて、、、

龍馬さんって、一応、長幕戦争には加わったものの、
木戸に対して「戦はこれまでにして置きましょう」って言ってましたね?
木戸は、「この機に乗じて、一気に幕府を壊滅状態に追い込もう」な感じ?
高杉は、龍馬と同じ意見の様子。

この回で分かりました。
やっぱり龍馬の本心は「戦をせずに幕府を倒す(政権交代する)」っていう事だったんですね。

で、その切り札として幕府に「大政奉還」させる、と。

私、知ってますけど(←皆知ってる)
「大政奉還なんて奇跡」って言ってましたが、
起こるんですよね~ ”奇跡”が。

で、徳川は大人しく政権返上するんですよね。

けど、それは嫌、なんですよね~ 薩長は。
どーしてもケンカしないと気が済まない薩長は、
これでもか!と難癖付けて徳川にのめるはずのない要求をつきつけて来る訳ですよ(ー_ー)!!

なんか、、薩長って、いまニュースでよく話題になってる中国みたい?
な気がしないでもない(^_^;)


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1271-52f1f9b0

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

基本的に幕府寄りな筆者ですが、吉田松陰と高杉晋作には興味があります。
大政奉還、おとなしくとも言えない面もありますね。慶喜にとっては、朝廷には政治は出来ないので、いずれは徳川に頼ってくるという計算もあったと思います。
薩長がそれを不満として、戦を仕掛けたということではないかと、筆者は思います。

幕末の長州はある意味、スジが通っていると思うのですが、薩摩は会津と組んだり内緒で長州と組んだり、大政奉還後は徳川に対して挑発行為をしたりと、「食えない」感じがあまり好きではありません。

慶喜が大政奉還をするかどうかは、最後まで読めなかったみたいですね。
慶喜の大政奉還の決断を聞いて、龍馬は泣いて喜んだという話を聞いたことがあります。

あさぎさんこんばんわ
「龍馬伝」見ました
戦場での高杉さん
あっちこっちで撃ち合いに
なってたり、斬りあいに
なっている中を三味線を
弾いたまま歩いてるシーン見て
「す・・すごい!」と
驚いてました
船での戦闘シーンを見て思ったのですが
実際の龍馬はこの戦争に
参加してたのでしょうかね。?

  • 20100928
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
薩長と中国

俺もあさぎさんの意見に賛同します。
中国、難癖付けてきてますねぇ (∋_∈) 中国にとっても日本が最大の輸出国だと認識してるのでしょうかねぇ?
ネットでは中国製品の非買運動も盛んになって来ましたが、俺は身の回りを鑑みて中国製品を一切無くして生活出来るのだろうかと思いました。
チャイナ・リスクと言う言葉も有りますが、企業が中国ばかりに頼らず世界中満遍なく輸入や貿易をしていれば、これほどまで中国を図に乗らせる事は無かったと思います。
政治家や企業共々危機分散に努めて貰いたいものです。(`´メ)

  • 20100928
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

高杉と奇兵隊って可哀想でしょうがないんですよ

志半ばで散った高杉の、忘れ形見とも言える奇兵隊を、明治親政府は内乱鎮圧の名目に弾圧

偽官軍呼ばわりされ、粛清された赤報隊もそうだけど、木戸、大久保、山県ら親政府の奴らって、どういう訳か、佐幕派の浪士隊の罪は意外と気前よく減刑、放免してやってる割には、一緒に倒幕の為に戦った、同士である筈の浪士、民兵組織の粛清は情け容赦ないですよね?

その辺りも、薩長の奴らに共感を覚えられない理由の一つなんですよ

  • 20100928
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

高杉三味線弾いて戦はありえないですね。あまりなフィクションにもう半分観ておりません。それと龍馬によるといわれる船中八策や後の五箇条の御誓文に影響を与えた横井小楠が国のあり方をの基本を書いた「国是十二条」。この実物が確認されたという記事が新聞に載っております。ここで小楠が朝廷・幕府・藩の団結を訴えております。龍馬の思想は横井小楠の思想の延長戦上にあるといってよいと思います。
長州より薩摩の方が佐幕派よりの私には陰険な気がします。
中国も日本との互恵関係は維持したいのですが、この強硬な姿勢の裏には多民族国家で共産主義を押し通すには強い政府を打ち出さないと、各地で反乱を起され、この政権が倒れることを防ぐことにあるようです。昔の中華民国の新聞記事で尖閣諸島は日本の領土と認めているのに、結局はこの地域の天然資源を確保したいため。何れにしても正攻法が効かない中国は、政府としては熟慮のなかでの交渉になるでしょうね。

  • 20100928
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

勝てば官軍なので薩長ありきの歴史に言い訳できませんが・・・
新選組が内部で粛清をしていたころ、薩長では外国に留学生を送ったり外国と交渉したりしていたことを知るとむなしい気持ちになります。

佐幕派浪士を許したのは結局はさむらいだったからでしょうか。
奇兵隊は民だから・・・幕府がなくなっても、上に立つのはやはりさむらいだったということですね。
龍馬はドラマほどスーパーマンじゃないと思いますよ

  • 20100928
  • なつ ♦4TUF.cSM
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさん、こんばんは。
最近は龍馬伝もながら見だったり、途中でお風呂に入ったりでちゃんと観れてないのですが、、、
私は地元が山口に近いので、高杉晋作は人気あるなぁ~というのは感じたりしてます。
本屋でコーナー出来てたりするし・・・。

家の冷蔵庫に高杉のイラスト入りのサイダーが何故か入ってたり ^ ^ ;
(もらったものらしいですけど・・・)

でも、もうホントに終盤(な筈ですよね?)近藤さんも再び登場するみたいだし、どんな描かれ方をするのか全く信用はしてないんですけど、最後どんな着地の仕方をさせるのか、それは観てみたいな~と思ってます ^ ^

  • 20100928
  • 藍鉄 ♦hE4kmW4M
  • URL
  • 編集 ]
大政奉還かぁ…

色々と考えても結局の所、幕府が最初からしようとしていた開国をすんなりしていれば、戦争もなく、もっと早い時期に文明開化の花が開いていたのかもしれないんですよね。
攘夷攘夷と大暴れしておいて、裏でこっそり外国と通じて貿易したり、留学したり、、、
それで華々しく明治維新って…
薩長の姑息なやり方に、どうしても共感出来ないです。。。(´Д`)

  • 20100928
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

>朝廷には政治は出来ないので、いずれは徳川に頼ってくるという計算もあったと思います

あ!そうですね、つまるところ、慶喜は薩長を甘くみていた訳ですよね(^_^;)

MAHHYAさんへ

ホントに、、、
薩摩って、それが生き残る道だったんでしょうけれど、ちょっとやり方が汚いですよね。(←もし薩摩出身の方が読んでらしたら、気を悪くしないでくださいね(^_^;))

>龍馬は泣いて喜んだという話を聞いたことがあります。

なるほど~
薩長同盟と同じく再度”奇跡”を起こせたんですからね(^_^)v

ruka339さんへ

ホントに、高杉のあのシーンは、凄い!の一言でしたよね!

>実際の龍馬はこの戦争に参加してたのでしょうかね。?

私、龍馬に関してはあまり詳しく無いので、よく分かりませんが、あれは史実なんじゃないでしょうか?
脚本家の方もそこまでウソを書くとも思えないので。
あ、でももし違ってたら済みません(^_^;)

Yoshuaさんへ

>俺もあさぎさんの意見に賛同します

そうですか!嬉しいです(^_^)v

けど、事態は刻々と変化していっているようですね♪
昨夜のニュースでは、中国は徐々に軟化傾向にあるらしいと言ってました。
諸外国(特にアメリカでしょうけれど)から非難を浴びてやっと自分たちの日本に対する態度が強行過ぎた事を認め始めたようですね(^_^;)

中国製品、、、
使ってますねぇ。
もしもの事が有るといけないので、食料品はなるべく買わないようにはしてますが(^_^;)

タカユキさんへ

高杉はホント、可哀想ですよね。
伊勢谷さんが演じる高杉はカッコ良いだけにホント、可哀想です(T_T)

で、奇兵隊ですが、、、

以前、歴史秘話ヒストリアか何かでやっていたのを観たような記憶がかすかに有ります。
なので、あまり覚えて無いんですが、
そうなんですね~ 同志とも言えるものからそんな酷い扱いを受けたんですね(-_-;)

早々さんへ

ホント、あのシーンは絶対にあり得ませんね(^_^;)

>龍馬の思想は横井小楠の思想の延長戦上にあるといってよいと思います

横井小楠、、、名前だけは聞いた事があります。
「龍馬伝」には出てきてませんが、そういう考えの人が居たんですね。

で、中国。

>この政権が倒れることを防ぐことにあるようです

あ~ ニュースでも、一連の日本に対する圧力は国民に対して「ウチは強い国なんだぞ!」という事をアピールするためも有る、と言ってました。

>昔の中華民国の新聞記事で尖閣諸島は日本の領土と認めているのに

そうらしいですね!
そのことも昨夜のニュースで言ってました。

中国は少し態度を軟化させて来ているようですね。
諸外国から(特にアメリカでしょうけれど)非難を浴びてようやく分かってきたようですね(^_^;)

なつさんへ

>薩長では外国に留学生を送ったり外国と交渉

なつさんのコメントで映画「長州ファイブ」でもイギリスへ留学してたのを思い出しました。

>奇兵隊は民だから・

あ~ 根っこの部分でそういう考えは持っていたんでしょうね。
一緒になって戦った同志ですのにね。

>龍馬はドラマほどスーパーマンじゃないと思いますよ

そうですよね、完全なヒーローとして描かれてますもんね(^_^;)
その辺はかなり差し引いて観ないといけないなぁと思っています。

藍鉄さんへ

こんにちは(*^_^*)
ところで、藍鉄さん、ご実家が山口に近いのですか!?
そうですか、高杉人気は高いですか♪
私、以前に長州旅行をした事が有るんですが、高杉晋作の生家前まで行った事があります。
その時は中には入れず残念でした。

あ、そうそう、萩の城下町はメチャメチャ気に入りました(^_^)v

江戸時代そのままの土塀横を歩いていると、ひょこっと高杉晋作が顔を出しそうな感じがしました。
また機会があれば行きたいです!

「龍馬伝」ですが、
この回から第四部に入ったと思います。
近藤さん、また出番が有るんですね!?
その扱い、楽しみなような、不安なような(^_^;)

Mini子さんへ

>開国をすんなりしていれば、戦争もなく

つまるところは、そういう事なんですよね。
色んな条件が重なって、坂本龍馬や新選組が生まれた訳ですね。

で、薩長。

ホント、そう言われてみれば、、、
やり方が汚いですよね(^_^;)

横井小楠、龍馬伝では勝が創った神戸の海軍操練所の費用が足りなくて、竜馬が千両を借りに行った折、松平春嶽の隣に居りましたよね。熊本藩士だったのですが、藩政改革を進める春嶽に重用されたようです。維新後暗殺されてしまいますが。

  • 20100929
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
早々さんへ

あ!そう言われれば!居たような、、、
思い出しました(^_^;)

維新後に暗殺、ですか。
出る杭は打たれる、みたいな感じだったんでしょうかねぇ(-_-;)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。