新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「新選組 幕末の青嵐」を読んで

新選組ファンの間でとても評価が高いこの作品、

いや~ この本、かなり分厚い本なんですよ。
けど、文章がとても読み易く、サクサク読めました。

最初、目次だけを見た時、それぞれの章で主人公が変わるっていうのはどうなん?と思ってたんですが、
主人公が変わっても、話はもちろん続いていて、目線が変わるというだけの話なので、

分かりにくいという事は全くなく、とても新鮮でした。

この作家さん、木内昇という女性の方なんですが、
やっぱり土方さんが一番好きなんじゃないでしょうか?

この話の中では、しびれを切らした芸妓からの付文は来ますが、
土方さんが芸妓と絡むとか?一切無しです。(←私は嬉しいですが(^_^;))

それに土方さんの事は、それはもう褒めまくってます!
どの隊士から見ても、土方さんは完璧。

土方さんの欠点、強いていえば、、、
「仕事が出来すぎる」事と、「愛情表現の仕方が不器用」な事? 

それに反して、近藤さんの描かれ方がちょっと、、、(^_^;)

自慢しいで、権力に弱い、みたいな描かれ方です。

そんな風に私は感じました。

それから斎藤さん!
この本での斎藤さんの描かれ方は、私、好きです。

無口で輪に入らず、何を考えているのか分からないけれど、ひとたび剣を持つと、
その刀の銘、鬼神丸国重の名のごとく、鬼神のように描かれています。

そんな斎藤さんに対し、官軍と戦うため、会津に行く時でしたか、記憶が定かではないんですが、
土方さんが、「まさかお前が俺たちと行動を共にしてくれるとは思わなかった」

みたいなニュアンスの事をいう場面が有るんですが、

斎藤さんは、「アンタらには分からなかっただろうが、俺の居場所は新選組だけだ」

みたいなニュアンスで返事するんです。

ここで私、
「新選組!」での「この旗が有る限り~!、、、」の、あのシーンを思い出しました(^_^)v

この作品の”あとがき”も読みましたが、
「木内昇さんにまるで土方が憑依したんじゃないか、と思うような作品だ」と有りましたが、

もしそうなら、土方さんはあの世で喜んでるんじゃないでしょうか?
この作品には、土方さんが言いたかった事の全てが書かれてるような気がするから(*^_^*)


ところで、私、「幕末の青嵐」を読んでいると、読み進みたいけど、読み終わってしまいたくないという、相反する不思議な気持ちに襲われました。

こんな風に思ったのは、富樫倫太郎さんの「箱館三部作」を読んで以来ですかねぇ?
ホント、新選組本の王道を行くような本で、素晴らしい本です。

皆さんも機会があれば是非、読んでみて下さい。


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1267-1c9cc4fe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

猫の鳴き声

すいません、この本のことは知りませんでした。
読んでみます。ご紹介をありがとうございました。

話題変わって、子猫の時計、なんと鳴き声が
するではないですか?!
感激です。また、鳴く時間になれば
来ますね。

大好きな本なので、購入されたという記事を読んでから、感想楽しみにしてました♪

>読み進みたいけど、読み終わってしまいたくないという、
>相反する不思議な気持ちに襲われました。

同じ、同じ♪
私もそう思いました。

ところで、あさぎさんがお読みになったのは文庫本なんですよね。
私が読んだ単行本には、そんなあとがきなかったんですが、土方が憑依ですか(笑)。

  • 20100923
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]

木内さんの青嵐読まれたのですね。本当にこの方の文章能力の高さは、とても女性作家さんとは思えません。地虫鳴くも是非読まれてください。史実をきちんと踏まえた上での表現力は素晴らしいです。
監察山崎がとても素敵ですよ。

  • 20100923
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさん、「幕末の青嵐」読まれたんですね~!
私もその土方さんと斎藤さんの場面、とても好きでした。

青春群像劇の様な・・・皆が懸命に生きてる姿が伝わって来る様で、良いですよね!
私もこの作者の方は土方さんと総司が好きなんだろうな~!と感じました♪

  • 20100923
  • 藍鉄 ♦hE4kmW4M
  • URL
  • 編集 ]

おもしろそうな本ですね。
謹厳な斎藤さんらしい言葉……。
土方さんは、やり方は間違っていたところもあったかもしれないけど、根本的なところでスジの通った人だと思います。

みちこさんへ

是非読んでみて下さい。
おススメです(^_^)v

で、ネコの時計ですが、、、
今私もやってみたら鳴きました!
このネコ、鳴くんですね~!?
私、ブログを書いたり見たりする時はボリュームはいつも無しでやっているものですから、みちこさんのコメントを読んで、このネコが鳴く事を初めて知りました(^_^;)

時間は関係ないのかも?知れませんよ♪
また宜しければ鳴かせてみて下さい(*^^)v

YAGI節さんへ

ね~♪
YAGI節さんもこの作家さんの作品はとてもお好きなんでしたよね(^^)v

>同じ、同じ♪
私もそう思いました。

ね~ 不思議ですよね。
読者をこういう気持ちにさせるっていうのは、やはり木内さんはスゴイ作家さんだという事なんでしょうね♪

>文庫本なんですよね

はい。アマゾンで購入しました(^_^)v
あと書きは、松田哲夫さんという方が書いておられます。
「憑依」、、、
はい、そうらしいです(^_^;)

早々さんへ

ホントに、この作家さんは素晴らしい能力をお持ちですよね!

>史実をきちんと踏まえた上での表現力は素晴らしいです。

そう、そう「青嵐」もそうでしたね!
「地虫鳴く」もそうなんですね!
山崎ですか~
それは興味が沸いて来ました(^_^)v

藍鉄さんへ

やっとこさ読み終わりました(^_^)v

>私もその土方さんと斎藤さんの場面、とても好きでした

藍鉄さんも?ですか!

”青春群像劇”、、
そうですね~
ホントに普通の青年達が時代に翻弄されながらも一生懸命に自分の生きる道を探して行く、そんな作品ですね。

>土方さんと総司が好きなんだろうな~!と感じました

そうですね♪
この作家さん、総司の事もきっと大好きですね(*^^)v

MAHHYAさんへ

この本はホントに面白いですよ~
どんどん引き込まれて行きます。
おススメです(^_^)v

>根本的なところでスジの通った人だと思います。

はい、この本の中でも、「土方はブレ無い」と何度も書いてありました。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。