新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

新選組関連の本

つい先ほど、ウチの周りは台風のせいで、だと思うんですが、強い雨が降りました。
何処にも大きな被害は無しで通過してくれてその後、適当に涼しくなってくれたら、

言う事無いんですけどねぇ(^_^;)


昨日アマゾンから届きました↓



この本は、Mini子さんの所♪で絶賛されていた記事を読んで、購入しました。

この5月、司馬遼太郎記念館へ行った時に購入した「人斬り以蔵」

は、まだ読み終えてないんですが、

二冊同時に読み進める、という器用な事は出来ない私、、、(^_^;)

う~~~ん、、こっちを先に読むことにしようっと(^^)v


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1257-d3ef3e0e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

「人斬り以蔵」は最高ですよね
ついでに、映画の「人斬り」も観て下さい

以蔵役に勝新太郎、武市役に仲代達也、龍馬役に石原裕次郎、田中新兵衛役に三島由起夫という、豪華キャスティングです

何しろ殺戮シーンがリアルです
血が凄いです。殆ど血を見てるような映画でしたが、実際、本当にあのくらいの血が出てないと、おかしいんですよね?昨今の歴史ドラマは、血が出なさ過ぎます

ちなみに、新兵衛役の三島は劇中で当然切腹しましたが(このシーンも最高!)翌年本当に切腹しちゃいましたね?

  • 20100907
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

雨ですか!
東京は相変わらずのカンカン照りです(^_^;)

この本は、知りませんでした。
さっそく、購入したいと思います!

同時に

新撰組の本に関して言えば、複数の本を同時に読んだ方が世界観がしっくりと伝わって来る事も有りますよ。
一度読んだ本を年代別にタイトルとページを控えておいて、2度目からは年表に沿って何冊も読むって感じです。
この手法は、新撰組全般を書いている本と、隊士個人を描いている伝記などの内容を照らし合わせるのに打ってつけです。

  • 20100907
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]
読んでみようかな・・

>あさぎさま
本のご紹介をありがとうございます。
読書の秋ですね。
たくさんの本を涼しくなったら
読んでみたいです。

三島、、、ですか。
首がごろんと転がったそうですね。
切腹=首切りですからね。
想像しただけでも、、、汗ですね。

幕末の青嵐女性作家さんとは思えないほど、おもしろい作風です。司馬遼は自分で発掘し惚れた人間は結構誇張したかっこ良さを前面に出すという難点があります。どちらからでも良いとは思いますが木内、司馬ともにジャーナリスト出身ですが、木内さんの冷静明智な書き方も素敵ですよ。

  • 20100907
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

Mini子さんの所の記事、読みました。
ちょっと興味ありますね。
人斬り以蔵、短編なので、少し物足りなくも思いますが、読み応えあります。

初めまして!

あさぎさん、こんばんは!
初めてコメントさせていだきます。

私もつい2日前にちょうどこの「新選組 幕末の青嵐」を読み終わった所です。
ちょうどお休みだったので、最後の三分の一位は一気に読んだのですが、とても引き込まれました。

今度は同じ木内さんの「地虫鳴く」を読み始めた所で、これも面白そうです♪



  • 20100908
  • 藍鉄 ♦hE4kmW4M
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

映画の「人斬り」って
”ほとんど血を見ているような”ですか、、
あまり観たくないような、、(^_^;)

三島由紀夫さんって、、
確か、東大の安田講堂?の屋上か何処か?
で割腹自殺されたんでしたよね。
恐ろしいです(>_<)

MAHHYAさんへ

昨日の雨はホントに久しぶりでした。
また明日は猛暑日になりそうですが(^_^;)

この本の評判は、かなり良いそうですよ♪

Yoshuaさんへ

”世界観がしっくりと”ですか、、、

小説を二冊同時に読むと、話がごっちゃになってしまいそうですが、Yoshuaさんが仰っている読み方だと、頭の中が整理出来そうですね(^^)v

みちこさんへ

ホント、”読書の秋”ですね!
こう残暑が長いと忘れてしまいそうですが(^_^;)

この本の評判はかなり良さそうですよ♪

早々さんへ

>女性作家さんとは思えないほど、おもしろい作風です

そうなんですね!?
それは読むのが楽しみです(^^)v

>木内、司馬ともにジャーナリスト出身

そうだったんですね!?
それは知りませんでした。

早々さんはお二人の作品をきっと沢山読まれてるんでしょうね(*^_^*)

桃源児さんへ

Mini子さんの記事、読まれましたか♪
絶賛されてましたでしょ?(^^)v

「人斬り以蔵」ねぇ、、、
はい、こっちも頑張って読みます(^^)v

藍鉄さんへ

初めまして!
ようこそ新撰組屯所へ(*^_^*)

読み終えられたんですね~
”引き込まれた”との事、私もこれから読みますが、楽しみです(^^)v

「地虫鳴く」も結構評判良いですよね♪

安田講堂に登ったのは、全共闘の学生です

三島が腹を斬った場所は、俺が答えるより、元陸上自衛官のYoshuaさんに聞いて下さい

  • 20100908
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

あ、違いましたっけ?
私、ごっちゃになってますね(^_^;)

Yoshuaさんはご存じですよね、きっと。

自決場所は

1970年(俺は1969年生) 三島由紀夫は、当時の陸上自衛隊東部方面総監部が有った"市ヶ谷駐屯地"(現-防衛省) だと、自衛隊時代に「精神教育」の授業で教わった記憶が有ります。
自決理由に関しても講義が有ったけど、世間では幾つかの説が挙がっている様なのでこの場での記載は控えます。
正しい説と言うのでは無く、陸自に都合の良い説という方が納得出来るから。
いや、ただ単に「精神教育」の事を思い出していたら、なんか鬱出て来そうなので、気になる人はググってみて下さい。

  • 20100908
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]
Yoshuaさんへ

”精神教育”という授業が有ったんですね。
自決場所、教えて下さり有り難うございましたm(__)m

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。