新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「龍馬伝」と私事

先ずは”私事”なんですが、、、

特に報告する必要も無いと思ってたので遅くなりましたが、
私、この6月に一年間所属していた「新選組流山隊」を脱退することにしました。

脱退の理由としては、
「主に関東地方で開催される行事に、頻繁に参加出来ない、これって、隊に入ってる意味あるの?」と思い始めた事がまず一つと、

在住地の関係で行事に参加したくても出来ない地方の隊員に対して、何もフォローが無かったこと、でしょうか。

年会費は2000円という、めちゃくちゃリーズナブルだったのは良いんですが、
いわゆる「会報」?みたいなのが全く無かったんですよね。

”隊員には毎月会報を送る”という規約は無いから仕方無いとは思うんですが、
もし、そういったものが有れば、また違う選択肢が有ったかも知れないです。

とは言っても、流山隊さんには去年関東に行った折りには大変お世話になり、感謝しています。
それに新選組ファンには無くてはならない組織だと思ってます。
また、なさっている事はとても意義のある事だと思ってます。

なので、私は隊が嫌になって辞めるわけでは有りません。
その証し、と言ってはなんですが、リンクは今まで通り貼らせて頂きますし、今後も陰ながら流山隊さんを応援させて頂くつもりでいます。

さて「龍馬伝」第三十四話”侍、長次郎”

「龍馬伝」のHPで長次郎特集が組まれていて、その中に
”生まれながらに武士だった人より強い意志をもっていたと思う”という一文がありました。

これって、近藤さんや土方さんにも通じるなぁ、って思いました。
長次郎と近藤さんや土方さん、世が世なら友達になれてたかも知れませんねぇ(^_^;)

亀山社中の仕事を龍馬から一手に任されて、会社としての組織を守るために頑張ってた長次郎。
「絶対に私利私欲に走ってはいけない!」と考える他の社中の仲間。

ちょっと考え方がズレてたかなあ?(-_-;)

でも、あんな最期の迎え方ってありますか?
武士だけの特権である”切腹”で”本当の武士”になれたなんて、、、

切なすぎます(T_T)

近藤長次郎に関しては、以前「歴史秘話ヒストリア」で観た時は、仲間から責められて切腹に追い込まれた、って言ってたような気がするんですけど、
今回の「龍馬伝」では、ちょっと違いましたね?

”責められて半ば強引に”では無かったような気がします。
その辺が救いといえば、救いかなぁ?

ところで、次回は、また新選組が登場しますね!

”弥太郎を拷問”するそうですが(^_^;)
いや、新選組にはそれなりの理由がきっとあるはず!

次回が楽しみです!


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1247-f26df53b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

長次郎、最期でしたね。亀山社中、カンパニーとして立ち上げたのですから利益追求は当然のこと。ボランティア団体ではないのですから本来非難されることはないのです。他の諸氏は武士は喰ねどなど長次郎の先進的考えについていけなかっただけ。只、長州のふんどしで相撲をとろうなど契約内容はいかんせん正道ではなかったですね。それに謝礼はやはり社中のために使うべきでした。イギリス渡航の夢破れ、皆に攻められての切腹でしたが、上手くフォローした展開でした。

  • 20100823
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさんこんばんわ
見ました~
長次郎さん
亀山社中の仲間に
船のめいぎは長州にしたことを
*間違えてましたらすみません^^;
話すと皆から問い詰められるシーン
なんか可愛そうでしたね~
その責任もあってか?
イギリスへ留学するはずが
嵐がふきあれてるせいで
船がでず、あげくのはては
商人の屋敷で隠れてましたが
長崎奉行所がイギリスへ渡ろうとした
土佐なまりの人物を探していると
亀山社中へ来ましたけど・・・
長次郎さん最後切腹してしまいましたよね
龍馬さん長次郎さんの遺体と面会し、
泣いてましたよねえ~T~T

次回弥太郎さん
新選組に捕らえられてましたよね
*^^;あらら~
これでもし、2004「新選組!」
でしたらどんな感じに
なってたんでしょう?
騒ぐ弥太郎さん見て土方さん
「うるせぇ~な!さっさとはけ!」
なんて言ってそうです。「笑」

  • 20100823
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

流山隊、脱退されましたか。
確かに参加が難しいとなると、色々と思うこともありますね。

船中八策

こんばんは♪またまたお邪魔致します。
次回『龍馬伝』では、走り去るだけ(笑)ではない土方さんのお姿が見れるのでは?と、楽しみにしつつも、さて?4部での新選組の登場はあるのか?が気になっていましたところ…。
先程、松田さんがブログにて何気なく『龍馬伝』の台本をフォトに収めてアップして下さいました。(時折、これからのお仕事をこんな形でほのめかして下さいます)
サブタイトルに「船中八策」の文字が読み取れますので、そこら辺りのお話に新選組の登場が期待できそうです♪

最初は新選組の登場は2回と言われていたのが、ジワジワと回を重ねてチョロチョロしてもらえたのは、NHKへのくどい嘆願メールもほんの少しは効果があったのかも?と喜んでいます。
まずは、お知らせに参上致しました。

  • 20100823
  • shinobirika ♦-
  • URL
  • 編集 ]

脱隊されましたか。
局を脱するを許さず……なんて事はなかったのですね(当たり前)。
あれからもう一年ですか。早いなぁ。

長次郎、亡くなっちゃいましたね。
「近藤さん」なんて呼ばれると勇さんを連想してドキッとする私でした。
あちらの近藤さんも斬首ではなく、せめて切腹であれば……(涙)。

来週の『龍馬伝』心配です~(>_<)。
弥太郎を拷問するだなんて……ねぇ……。

  • 20100824
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
早々さんへ

>他の諸氏は武士は喰ねどなど長次郎の先進的考えについていけなかっただけ

ホント、そうですね。
会社の事を考えていたのは長次郎ただ一人だったような気がします。

>上手くフォローした展開でした

史実ではやはり、結構責められたんでしょうか(-_-;)
「龍馬伝」ではそのあたり、上手く描かれていましたね。

ruka339さんへ

>「うるせぇ~な!さっさとはけ!」
なんて言ってそうです。「笑」

ホント、ホント!
今、そんな絵が浮かびました(笑)

桃源児さんへ

そうですね、ホントに、色々と考えました。
で、結果、こうするのが良いと思いました。

shinobirikaさんへ

こんにちは(*^_^*)
また来て下さり、嬉しいです♪

>そこら辺りのお話に新選組の登場が期待できそうです♪

まだ出番は有るんですね!?
メチャクチャ嬉しいです!(^^)!

>NHKへのくどい嘆願メールもほんの少しは効果があったのかも?

嘆願メール、出されたんですね!?
絶対そのお陰ですよ!

また楽しみが増えました。
情報、有り難うございました!
記事にしてアップさせて頂きますm(__)m

YAGI節さんへ

ホント、一年ですねー!
アッと言う間ですね(^_^;)

>局を脱するを許さず……なんて事はなかったのですね(当たり前)。

ははは、、有ったら怖いです(笑)

>勇さんを連想してドキッとする私でした。

私もです!

>せめて切腹であれば……(涙)。

ホントに、、そう思いますねぇ(-_-;)

>弥太郎を拷問するだなんて……ねぇ……。

いやいや、きっとそれ相当の理由は有るはずですよ~!
新選組を信じましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

8/25にカギ付きコメントを下さった方へ

コメント返しさせて頂きますが、カギ付きにされているのを考慮し、お名前は伏せさせて頂きます。

こちらこそ有り難うございました。
私なぞが想像も出来ないような貴重な体験をされたようですね。

それに○○さんの新選組に対する愛は本物ですね!
本当に、私なんか○○さんの足元にも及びません。

そのような○○さんが、また拙ブログを読んで下さるとのこと、
本当に嬉しいです!
有り難うございます!

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。