新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

サッカーW杯と「龍馬伝」

アルゼンチン、、、
ドイツに負けてしまいましたね(-_-;)

今までW杯の試合は、日本代表の試合は一度もリアルタイムでは観て無かったのに、
なぜかこの試合だけは、観ました。

アルゼンチンというよりは、マラドーナ監督が観たくて試合を観てたって感じなんですが(^_^;)

観てたと言っても前半(1-0)しか観て無くて、後は寝てしまい、
結果は翌朝のニュースで知ったんですが、
4-0で負けたと知った時は、メチャびっくり!でした。

あと、マラドーナ監督がインタビューに答えていた、、、これもニュースで観たんですが、
「今までの人生で一番悲しい」
「優れたあの子たちに勝たせてやれなかったのは非常に残念」みたいなニュアンスの事を仰ってましたが、
(後者は、まるで母のよう(^_^;))

嬉しい時は全身でそれを表す監督、今回は、全身で悲しみを表してました。

サッカーが何よりも好き!みたいな?
ピッチのライン際(?)に立ってボールをパスしていた監督。

次は何をしてくれるのかな?何を言うのかな?
とワクワクドキドしながらその行動、言動を逐一観ていたくなる監督。

そんなキュートな監督を、もう観られないのは残念です。

しかし、、、ドイツってサッカー強かったんですね?
サッカー発祥の地はイングランドって知ってますが、なんか感覚的に、ブラジルとか?
南米が強いっていうイメージが有ったので、、、、


さて今回の「龍馬伝」”龍馬の大芝居”

家族と絶縁してでも、武市と以蔵を助けたい。
その為に危険を犯して土佐に舞い戻った龍馬。

そして弥太郎は、龍馬のその勇気ある行動に感涙。

けど、あれは全くのフィクションなんだそうですね?
中村武生先生のブログ

まあ、大河ドラマは”ドキュメンタリー”じゃないんだから、ある程度、創作は許されるんじゃないか?
と私は思ってますが。

けど、中村先生も書かれていますが、「このドラマはフィクションです」
っていう一文、必要かも?知れませんね。

いや、フィクション、上等!
その勢いで、新選組の出番をもっともっと増やして欲しいものです(^^)v


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1227-ed81607f

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

お気遣い有難うございます。お蔭様でいま小康状態です。WCはニュースで見ているだけですが、
ドイツは対戦チームの動きを見逃さずその上アグレッシブであり、更に組織的且つ機動的なフォーメーション。優勝はこのチームではと思わざるを得ません。
で龍馬伝。そうなんです、以蔵は捕縛されてすぐに白状してしまい、武市はそのため切腹。これに龍馬
は全然絡んでいないので、思い切りフィクションと思っております。勤皇党の引っ張りも漸く来週で終わりのようです。

  • 20100705
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
小さな嘘!

たまたま、「龍馬伝」のプロデューサーの講演話を
読んでいました。
大きな嘘はつかないが小さな嘘はつきます、と。
今回の嘘は小さな嘘でしょう。

龍馬伝

そうです。永倉は松前藩出身です

ただ上屋敷で生まれてるから、東京出身です


会津藩が降伏した後、松前藩に戻っています


あと、龍馬伝についてですが、あの話が本当だったら、龍馬の有名なエピソードとして、後年に語り続けられてたでしょう


大河ドラマの史実歪曲に関しては、40年以上の歴史があります

だから、今さら大河ドラマを見て、これは史実と違うだのなんだのと言うだけ無意味です


むしろどうせ変えるなら、思いっきって変えてほしい位です

  • 20100705
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
龍馬伝

NHKのやりたい放題に(T^T;)
史実とフィクションを混ぜて物語を作るには、それ相応の力量が必要だと思うのですが、残念ながら「龍馬伝」スタッフには無いようです。(´A`)
残り半分を残して、底が見えたと言わざるを得ないのが現状の様です。(`´メ)

  • 20100705
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

ドラマ性を持たせる為には、多少のフィクションは必要ですよね。
「燃えよ剣」だってフィクションだらけだし(笑)
ただ創作を史実と間違えて覚えないように気をつけなきゃいけないですけども。

  • 20100706
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]

フィクションを受け入れられるか否かって、個人の思い入れ度にもよりそうですね。
私は「以蔵を口封じで殺そうとした」という説を初めて知った時の衝撃があまりに強かったので、「安楽死フィクション」には抵抗ありまくりでした。
一方、龍馬が活躍する事に関してはそれ程思い入れがないので、「大芝居フィクション」は楽しく見られました。にっくき後藤象二郎が叩きのめされてスカッとしました~♪
はっ、そういえば近藤さんって、後藤に心酔するんでしたよね……むむむ(^^;)。

  • 20100706
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]

燃えよ剣は確かにフィクションだらけですね?

だけど、この話はあそこから取ったな?とか考えながら読むのも楽しい読み方です

例えばあのラストシーンは、山岡鉄舟が勝の命で、敵だらけの官軍の東征大総督府へ、たった一人で行かされたエピソードを元にしてますよね?

ちなみに今回は、象二郎犯説になりそうな雰囲気ですね?

  • 20100706
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
早々さんへ

>いま小康状態です

少し安心しました(*^_^*)

で、W杯でのドイツ!
ニュースでご覧になってるだけとはとても思えない的確な分析ですね~
私もドイツが優勝するんじゃないかな?と思ってます(^^)v

「龍馬伝」

>龍馬は全然絡んでいないので、

そうなんですってねー!?
けど、私のように龍馬に関しての史実をあまり知らない者が観たら、本当だと思ってしまいます(^_^;)

>勤皇党の引っ張りも漸く来週で終わりのようです。

ホント、ちょっと長かったですね(^_^;)

みちこさんへ

>今回の嘘は小さな嘘でしょう

なるほど!そうでしたか。
大筋では史実通りと言う事ですね。
今後も観ていく上での参考に致します(*^_^*)

タカユキさんへ

>上屋敷で生まれてるから、東京出身です

あ!そうなんですね!
北海道出身だと思い込んでました(^_^;)

>大河ドラマの史実歪曲に関しては、40年以上の歴史があります

そうだったんですね!
そうなれば、何もかもが史実だと思いこまないように、視聴者が(私だけ?)賢くならなければいけませんね。

で、「燃えよ剣」

>山岡鉄舟が勝の命で、敵だらけの官軍の東征大総督府へ、たった一人で行かされたエピソードを元にしてますよね?

あの土方さんの「新選組副長が用ありとすれば、斬り込みに行くだけよ!」っていう、アレですか?
ホントは土方さんはそんな事して無かったんですか?
山岡鉄舟のエピソードだったんですか!?
へえ~ 私、あれは絶対史実だと思ってました(^_^;)

Yoshuaさんへ

あ~ ”やりたい放題”ですか(^_^;)

多分来週からだと思うんですが、第三部に入りますね~
続けて観るつもりですが、今後、これはフィクションかな?どうなのかな?といちいち疑ってしまいそうです(^_^;)

Mini子さんへ

そう、そう”ドラマ性”という点ではそうですよね~

>「燃えよ剣」

特に最初の方、くらやみ祭りのシーン?あれは絶対フィクションだと思い込みたい私です(笑)

>創作を史実と間違えて覚えないように

そうですね、特に私(笑)
気をつけたいと思います。

YAGI節さんへ

>個人の思い入れ度にもよりそうですね

なるほど、人によって受け取り方が違うって事ですね。

>「以蔵を口封じで殺そうとした」という説を初めて知った時の衝撃があまりに強かったので

ホント、あんまりですよね(>_<)
今の「龍馬伝」だと、美談になってますよね(^_^;)

>そういえば近藤さんって、後藤に心酔するんでしたよね……むむむ(^^;)。

え!?
そうなんですか?
その話、全然知りませんでしたが、なぜ近藤さんがあの卑劣な(龍馬伝を観てそう思うんですが)後藤象二郎に?って思ってしまいます(^_^;)

燃えよ剣ラストシーン

あのセリフ、土方は言ってません

鉄舟も言ってません

司馬遼太郎が言いました(笑)

  • 20100706
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

司馬先生でしたか(笑)

しかしあんなセリフが浮かぶなんてさすがですよね~
土方さんなら絶対言いそうですもんね(^_^)v

「フィクションです」の一言、ほしいですね。
ドラマだからフィクションなのは当たり前、という前提なのかな??
ただ、龍馬人気が高いだけに、あの物語がすべて本当のことと思われると、マズい気がします。
大河ドラマで歴史を学ぶ人も、たくさんいると思うので。。。

あさぎさんこんばんわ
昨日の「龍馬伝」見ました
龍馬は弥太郎から届いた手紙を
読み、武市さんと以蔵が
厳しいとり調べをされているのを
聞いて、土佐へ帰り、
後藤象二郎に大芝居をしてましたね

やはり、武市さんや以蔵の
ためだったのかな?

次回は武市さん以蔵さん
お別れですね。

  • 20100706
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

この中村先生のブログを見ました

史実と違う箇所をいろいろあげていましたが、違うから酷いという事であれば、この先生にかかると、今までの大河ドラマは全部駄作ですね?

ついでに言うと【燃えよ剣】も駄作って事になりますね?


大河ドラマなんて、昔から7割方脚色です


以蔵がペラペラ喋った事なども誰だって知ってます

少しでも歴史を勉強した者であれば、大河ドラマがノンフィクションだとは思いません

この先生は、大河ドラマは見ない方が良いんじゃないですかね?

見続けたら今後何十年たっても、腹が立ってばかりいるでしょう

  • 20100706
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

こんばんは。
「燃えよ剣」、鳥羽伏見で負けました。戦いに負けてもモラルが崩壊しない描かれ方、WCの日本チームと被ります。
「燃えよ剣」で長倉新八を演ずるのは黒部進さん、新選組ドラマ史上最強(?)の“ウルトラ新八つぁん”でも負けてしまいました。(>_<)
坂本龍馬がいなければ、西軍の武装も更新されず新選組もボロボロにされなかったのでは…?。
ついついそう思ってしまい、龍馬伝も複雑な気持ちで観ています。で、「岩崎弥太郎贔屓」でいくことにします。

  • 20100707
  • 関東の誠 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

ワールドカップ、日本が負けてしまってからは、やはりあまり話題になりませんね。
マラドーナ監督、選手よりも目立ってますね。
選手時代よりもイキイキしているかもしれません。

MAHHYAさんへ

>ドラマだからフィクションなのは当たり前、という前提なのかな??

そうなのかも?しれませんね~(^_^;)

>あの物語がすべて本当のことと思われると、マズい気がします

ここに”本当の事”だと信じてる者がいます(笑)

「龍馬伝」での龍馬は、あれだと完全無欠のヒーローですよね。
そして、新選組は完全に”悪の組織”(^_^;)

ruka339さんへ

>武市さんや以蔵のためだったのかな?

そのように描かれていましたね。
でも、あれは史実じゃ無いそうですよ。

>次回は武市さん以蔵さんお別れですね。

そのようですね。
しかし、、かなり引っ張りましたね(^_^;)

タカユキさんへ

中村先生は、確か「新選組!」を放映していた時も、史実との違いを挙げてられたんじゃないかな?と思いますが、、、

先生は新選組や龍馬、特に龍馬さんに思い入れが深いようですね。
けど、まあ、そうですね~
フィクションだと観ていて気分が悪くなるようなら、大河ドラマは観ない方がいいかもしれませんね
(^_^;)

関東の誠さんへ

「燃えよ剣」は、とうとう鳥羽伏見まで行ってしまいましたか(-_-;)

龍馬、、、
そうですね~ 新選組がボロボロになってしまったのは、龍馬のせい、と言えますよね。
けど、難しいですね~
平和主義の龍馬の考えでは、薩長と幕府は、手を結べるはずだったんですもんねぇ(^_^;)

>「岩崎弥太郎贔屓」でいくことにします。

彼が出世していく姿は、「龍馬伝」の中では唯一の明るい材料ですもんね。
観ていて楽しいですよね(*^_^*)

桃源児さんへ

W杯も、あと一試合を残すだけとなりましたねー!
スペインとオランダ、どっちが勝つでしょうね?
私は何の根拠もなく、スペインかな?と思ってますが(^_^;)

マラドーナ監督が選手だった時代は、よく知らないんですが、、、
ホント、選手より監督の方に目が行ってしまうのはアルゼンチンくらいだったんじゃないでしょうか?(^_^;)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。