新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「龍馬伝」

昨日は部屋の模様替えをしました。
タンス動かしたりして、それはもう大変な一日でした(^_^;)


さて、新選組がすっかり姿を消してしまい、テンションは下がり気味といえど、
昨日もきっちり観ました(^^)v

第二十六回”西郷吉之助”

神戸村の海軍操練所の閉鎖が決まって、勝しぇんしぇいが
”ここからがお前さんたちの船出だ!”と皆に諭すシーンを観てて思いました。

武田鉄矢さんって、ホントに”先生”役が板についてるっていうか
先生役が似合う役者さんですよね~


それから今回は、何と言っても弥太郎と以蔵の二人が印象に残りました。

毒まんじゅうを震える手で渡そうとする弥太郎と、それを受け取った以蔵。
でも、弥太郎はまたその毒まんじゅうを取り返す。

”舌を噛み切る力もない、、”という以蔵。
以蔵は、連日の拷問に、もう耐えられなくなっていたんですねぇ。
それに以蔵は、渡されたまんじゅうが”毒入り”だと悟ってたんですね(-_-;)

そんな以蔵に対し、

”ホントはお前を死なせたくはない!”と、毒まんじゅうを捨て去る弥太郎。

武市も以蔵も弥太郎も龍馬も、皆、子供の時に一緒に遊んだ仲の幼馴染、でしたよね。
そりゃあ、それを食べたら死ぬ、って分かってたら、渡せるもんじゃないですよね。

弥太郎が苦悩する姿、観ていて、胸にグッと来るものが有りました。

あ、もうひとつ印象に残ったのは、今回初登場の西郷吉之助、”西郷どん”です。

高橋克実さんって、レッドカーペットとか、以前は、トリビアとか?
お笑い番組にもよく出てて、ご本人も結構面白いですよね~

西郷どんを演じてられるのを観て、「あ、この人、そういえば俳優さんやったんや」
と改めて思い知らされました(^_^;)

「新選組!」での宇梶@西郷吉之助は、ご自身の身体も大きくて迫力ありましたが、
高橋@西郷どんは、笑顔の裏に凄味が有ったように思います。

次回は、何やら龍馬さんが一芝居うつそうですね。
楽しみ♪楽しみ♪


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1222-3d4fe5c2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

私も、しみじみ金八先生を思い出しながら見てました(^_^;)
どうも、かぶりますね…。

高橋克実さん、意外な配役でしたね。
でも、西郷さんの底知れぬ雰囲気が出ていて、
さすがだなあ……と、思いました。

以蔵は毒まんじゅうだと知っていたようでしたね。
いつ見ても、以蔵はせつないです(>_<)

武田勝やはりああ金八先生と思いました。似合えば似合うほどイメージは役者さんに張り付くものですね。以蔵は毒と分っていたのですね。弥太郎は人間として出来なかった。それにしても武市は白状しないのは潔くないし武士としてどうなのでしょう?
西郷の奸智に長けた部分を描き出しておりますが、惜しいかなもう一寸割腹が良かったらどんぴしゃでしたのに。

  • 20100628
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
以蔵

毒饅頭の下りは男として意を介するところ有り、一概に批判は出来ない自分が居ます。

あさぎさん曰わく
>「以蔵は連日の拷問に、もう耐えられなくなっていたんですねぇ」
という意見に、男の立場から一言

男足るもの惚れて命を預けた男の為なら、自分の人生など惜しく無いのです。
かく言う俺も、今日この日にその人の為なら全てを投げ打つつもりの漢が一人居ます。
以蔵は拷問が辛かったのではなく、自分が武市を悩ませる存在になっている事が耐えられなかったのだと理解します。
男同士の繋がり、いわゆる友情と言う物はそういうものだと思います。
もし女性の皆さんに理解していただけない話だとしても、男同士の間には目に見えない繋がりが有るのだと知っておいて欲しいです。
偉そうな事を言ってスミマセンm(_ _;)m

PS:
あさぎさんって人妻ですか?
更新が日中な事、日曜に更新&レスコメが無い事から推測しました(´ー`)
だとしたらなお一層興味深いV(#ー_^)♪ でわあ~りませんか。
まぁお会いする事も無いのですが・・・(T^T;)

  • 20100628
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]
MAHHYAさんへ

>どうも、かぶりますね…。

はい、確かに。

>西郷さんの底知れぬ雰囲気が出ていて

ホント!そうでしたね!
こっちまで恐くなってきました(>_<)

>以蔵は毒まんじゅうだと知っていたようでしたね

ね?あれは知ってるって設定でしたよね。
ホントに、以蔵はこのところ、可哀想で仕方ないです(;_:)

早々さんへ

お久しぶりです!
どうされてるのかな?と思ってました(*^_^*)

>武田勝やはりああ金八先生と思いました

ですよね~(^^)v

>武市は白状しないのは潔くないし武士としてどうなのでしょう?

ホントに、、、
以蔵に毒まんじゅう食べさせる前に自分が白状すれば良い事ですのに、ねぇ?

>惜しいかなもう一寸割腹が良かったらどんぴしゃでしたのに。

あ~!私も同じことを思いました!
高橋克実さんってスリムな方ですからねぇ。
西郷さんといえば、どうしてもあの”割腹のよい”上野の西郷さん像を思い浮かべてしまいますもんね^m^

Yoshuaさんへ

”男同士の友情”について、大変興味深いお話を有り難うございました!

>自分が武市を悩ませる存在になっている事が耐えられなかったのだと理解します。

なるほど、そういうものなのですね。
そういえば、土方さんも近藤さんの為ならと、新選組の中では進んで嫌われ者になりましたよね!

それから、ご質問の件ですが、
さて、どうでしょう?
御想像にお任せします。

武田鉄也さん、福岡教育大学出身ということもあり、先生役が似合いますね。
毒まんじゅうのエピソード、弥太郎が渡したように、大河ドラマでは改変しているんですか。

西郷どんと言えば、犬を連れた太ったおっさんというイメージが定着していたのですが、何年か前に、どっかの歴史ファンだか学者だかが「あんなに、どこ行くにも犬連れて歩くわけねえだろ!?あれじゃ馬鹿じゃないか!?」とクレームがついたらしく、昨今のドラマ、映画では、割りとシリアス演出の西郷になってますね?

たまには、完全な馬鹿西郷ドラマが見たいですね?

勝との談判シーンでも、横に可愛い犬を座らせて欲しいです


配役はホンジャマカの石塚でいいと思います(笑)

高橋克美はイメージは違っていたんだけど、さすが舞台役者出身だけあり、演技がうまいですね?

けっこうはまってました、というより、はめてました

奴は結局西南戦争で、五稜郭の榎本と同じような状況になるんだけど、榎本との決定的な違いは、最高司令官である自分自らが、腹を斬って果てたという所でしょうね?

  • 20100629
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

あ!武田鉄矢さんって教育大のご出身でしたか!
それは知りませんでした。
なるほど、それで先生役がばっちり決まってるんですね(^^)v

>弥太郎が渡したように、大河ドラマでは改変しているんですか。

前回の話で、弥太郎が以蔵に渡そうとする前に、弥太郎は武市から「これを以蔵に食わせちゃってくれ」と頼まれたんです。
弥太郎は、食べさせようかどうしようか、メチャメチャ悩んでました。
武市も罪なことしますよねぇ(-_-;)

タカユキさんへ

>勝との談判シーンでも、横に可愛い犬を座らせて欲しいです

ははは、、そのアイデア、良いかも知れませんよね(^^)v

>ホンジャマカの石塚

あ~! あの”よく食べる人”ですねー!

>さすが舞台役者出身だけあり、演技がうまいですね?

あ、舞台役者さんでしたか!
演技はホントにお上手ですよね♪

>榎本との決定的な違いは、最高司令官である自分自らが、腹を斬って果てたという所でしょうね?

そう言われればそうですね。
どっかの山かなんかで「もうここでよか」と言って部下(?)に介錯させたんでしたよね。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。