新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

高須四兄弟

先日歴史秘話ヒストリアを観ました。

今回は「徳川慶勝」という尾張のお殿様を取り上げてたんですが、番組が進むにつれて、
私は、この方が松平容保公や、松平定敬のお兄さんだということを初めて知りました。

徳川慶勝、茂徳、容保、定敬を”高須四兄弟”って言うんですってね。

少し下までスクロールして頂くとココでかなり大きな”高須四兄弟”の写真が見れます

洋装の容保公、初めて見ましたが、決まってますよね♪

では、番組の内容に戻ります。

慶勝は、尾張藩の藩主(殿さま)ですが、それまでの江戸の徳川本家から押し付けられてきた藩主とは違い、
家臣達が高須藩から”この人こそわが藩の殿としてふさわしい”と連れて来た藩主だった、との事です。

文武両道に秀でていた慶勝は、財政が破たんしていた藩を就任7年目に再建したそうです。

で、時は幕末、鳥羽伏見の戦い。

慶勝と兄弟である容保や定敬は、新政府軍と旧幕府軍という敵と味方に分かれ、戦う事になってしまったのです。
兄弟で戦わなければいけない、なんて、悲劇ですよね。

ところで、慶勝には、写真を撮る、という趣味が有ったんだそうですが、当時、写真はお金がかかる高級なもの。
そんなに何枚も撮れるものじゃ無かったようですね。

けど、そこはやっぱりお殿様。
沢山の写真が残されているとの事でした。

中には、殿さましか写せないスクープ写真も!

そして、番組では当時、写真はどうやって撮ったか?
を再現してましたが、撮ってから現像するまで12分も掛かったんだそうですね~

が、”焼きまし”の技術も発達して来て、それまでたった一枚しか無かった写真がどんどん増やせるようになったとの事です♪

ここで近藤さんや土方さんの写真も出て来ました(^^)v
坂本さんや高杉のも出てましたけど。

番組の内容を全部書いてると長くなるので割愛しますが、
慶勝は、60歳の生涯を終えたそうなんですが、遺品の中には会津、鶴ヶ城の写真のガラス板が有ったんだそうです。

でも、その写真のお城は、砲弾を受けてボロボロになってしまったもの(-_-;)

番組では、慶勝は晩年、そのガラス板を一人、眺めていたのではないか?と言ってました。
眺めながら慶勝は、兄弟でありながら、敵と味方に分かれて戦わざるを得なかった容保に対して、やりきれない思いを抱いていたんでしょうね、きっと。

そして戊辰戦争も終わり、明治11年に四人が再会した時に撮った”高須四兄弟”の写真!

「色々あったけど、兄弟4人、やっと揃って撮れるな、良かったな」
とでも言いたげな慶勝の想いがこっちまで伝わって来そうです(*^_^*)


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1216-6e87cfac

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

見ていました!

雑誌「太陽」で、慶喜の写した写真の特集号がありました。すごい昔です。
慶喜も撮影が好きだったようです。
兄弟、良く似ているのですね。
しかし、明治維新まで、この兄弟、良く生き延びていた
ものです。感心しました。

慶勝と容保、定敬。幕末は兄弟であっても思想が違えば敵味方に分かれる。辛いことですね。見なかったのですが、写真好きはやはり豊な大名でしたのですね。慶喜も弟の昭武も写真好きで、戸定邸に慶喜の撮った写真が残されていました。

  • 20100618
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

これ、楽しみにしていたんですが、コロッと忘れ、途中から見ました。
あ、別に慶勝に興味があったわけではなく、もちろん容保様目当てです。
ですが、近藤さんや土方さんの写真も出たのですか。きゃv-238
再放送は忘れないように、タイマー録画しました♪

篠井英介さんが慶勝役でしたね。
あの番組、いつからそんなに豪華になったのでしょう(驚)。

鶴ヶ城の写真のくだりにはしんみりしちゃいましたが、「っていうか、新政府軍に付かずに幕府軍に付いてくれてたら良かったのに」とついつい思ってしまいます~(>_<)。

  • 20100618
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
東海、北陸ローカル番組「金とく」

この番組は見なかったのですが、当時何処の藩も反幕府派と保守派が鬩ぎ合い、藩論を統一することは至難の事でした。尾張藩も最終的に新政府側に翻るのですが、徳川御三家筆頭の立場と実の兄弟と袂を分かつ事態は幕末という時代に偶然居合わせた藩主の深慮の英断、胸中は察するに余りあります。

YAGI節さん
>篠井英介さんが慶勝役でしたね。
あの番組、いつからそんなに豪華になったのでしょう

昨年、NHK名古屋放送局で製作された以下の番組

殿様は見た! ~尾張藩主徳川慶勝が撮影した幕末~
(愛知・岐阜・三重・福井・石川県向け)

篠井英介さんの部分は多分こちらの使いまわしかと?


同じ内容と思い込んでヒストリア見なかったのですが、番組が違うからもちろん構成も中身も変化してますよね。
あさぎさん、詳細を教えて下さってありがとうございます。
再放送を見てみますね。

  • 20100619
  • 閑山亭石翠 ♦u13ZVev.
  • URL
  • 編集 ]
素朴な疑問

なぜ高杉だけ【さん】がついてないんですか?(笑)

下らない質問して御免なさい

  • 20100619
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

放送されるのは知ってましたが、幕末とは知らず(^_^; 再放送を観ます~。
リンクされている先の4人の写真を観ましたが、一目で容保公が分かりました。特徴のあるお顔ですよね。神経質そうだけど、根は頑固なんだろうなって感じがします。

  • 20100620
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
みちこさんへ

慶勝って慶喜とも兄弟だったんですね!
そういえば、慶喜も写真好きでしたね。

>明治維新まで、この兄弟、良く生き延びていた
ものです。感心しました。

ホント、そうですよね。

早々さんへ

ホントに、、、
時代が時代だったとはいえ、兄弟で争わなければならなかったというのは、可哀想です。

>写真好きはやはり豊な大名でしたのですね

はい、そうだったようです。
庶民には高嶺の華だったと言ってました。

>戸定邸に慶喜の撮った写真が残されていました

実際に見て来られたのですね!
羨ましい~(^^)v

YAGI節さんへ

”容保さま目当て”でしたか♪
ちなみに私は、容保公の話が出るまで慶勝と容保さまが兄弟だったという事を知りませんでした(^_^;)

>近藤さんや土方さんの写真も出たのですか。

出ましたよ~♪
是非、再放送をご覧になってみて下さい。

>篠井英介さんが慶勝役でしたね

ホント、豪華ですよね~♪
私、篠井英介さんって結構好きなんです^m^

>新政府軍に付かずに幕府軍に付いてくれてたら良かったのに」とついつい思ってしまいます~(>_<)

ですよね(>_<)

閑山亭石翠さんへ

>藩論を統一することは至難の事でした

それぞれの立場っていうのも有ったでしょうし、
難しかったんでしょうね(-_-;)

>あさぎさん、詳細を教えて下さってありがとうございます。
再放送を見てみますね

どういたしまして。
拙記事がお役に立ったのなら、嬉しいです(^^)v
是非、再放送をご覧になってみて下さい♪

タカユキさんへ

えっ?
”さん”がついてない?

あ!ホントですね~
別に高杉晋作が嫌いな訳でも何でもなく、つけ忘れただけです(^_^;)

>下らない質問して御免なさい

いえいえ、どんな事でも遠慮なさらずに(^^)v
コメントを頂けるという事は、とても嬉しい事です♪

Mini子さんへ

是非、再放送をご覧になってみて下さい♪
土方さんや近藤さんの写真も出て来ますよ(*^_^*)

で、容保公。
>根は頑固なんだろうなって感じがします

なんだか私もそんな感じがします(^_^;)

四兄弟、敵味方に分かれてしまったのは、悲しく辛い日々だったことでしょうね。
写真、徳川慶喜も趣味にしていたので、当時の大名クラスの間では流行した趣味かもしれませんね。

桃源児さんへ

ホント、時代が時代だったとはいえ、悲劇ですよね。

>当時の大名クラスの間では流行した趣味かもしれませんね

あ~! そうかも知れませんね。

 何度もお邪魔してすみません。

>慶勝って慶喜とも兄弟だったんですね

一橋慶喜の父は水戸藩主徳川斉昭で、慶勝の母とは兄妹の関係なので、お二人は従兄弟になりますね。


地元ネタだったので、つい知っていることを書いてしまいましたが、皆さん楽しくお話されているのに水を差してしまったようで、すみませんでした。

  • 20100621
  • 閑山亭石翠 ♦u13ZVev.
  • URL
  • 編集 ]
閑山亭石翠さんへ

>お二人は従兄弟になりますね。

あ!そうだったんですね!

閑山亭石翠さんのコメントはいつも大変勉強になります。
有り難いと思っています(*^_^*)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。