新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

龍馬暗殺犯、判明(?)其の一

「直伝 和の極意」という番組の最終回。

~古地図で巡る龍馬の旅~  9回 京都・非業の死に迫る  5月27日(木)放送分

を観たんですが、いまから数回(多分、二回くらい?)に分けてレポートして行きたいと思います。
(なお、再放送は 6月3日(木)にするそうです)

この番組は、龍馬は歴史をどう動かしたかを、古地図をたよりに巡って行く、という番組だったようで、
最終回である第九回は、大政奉還後の龍馬の死ぬ直前の動き、を詳細にだどって行きました。

龍馬は、中岡と共に、土佐藩御用達の醤油商、「近江屋」に居ました。
ちなみに土佐藩邸は、近江屋と目と鼻の先に有ったんですが、藩邸に居なかった理由は、”門限などが有って窮屈だ”という事だったようです。

けど、、藩邸にいれば、二人は暗殺される事は無かったでしょうね(-_-;)

話を戻しますが、大政奉還後も、龍馬は、徳川家に主導権を握らせるつもりだったようです。
が、薩長側には、そういう考えは毛頭無い。

そこで、平和主義の龍馬は、幕府に近い人間と秘密裏に交渉する必要が有った訳です。

”幕府に近い人間”、、、
それは、徳川慶喜の側近中の側近、”永井玄番”でした。
龍馬は永井邸に足しげく通い、一緒に倒幕派との着地点を探っていました。

上から手を回せばなんとかなるのではないか、と思って。

が、現場にいる幕府側にすれば、そんな龍馬はやっかいな存在、になって行きました。

”現場の幕府側”
その一つが、会津藩です。


”其の二”に続きます

関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1202-89bc5568

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

永井って

函館行った奴だっけ?

  • 20100603
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

そうです(^^)v

「新選組!」と「土方歳三 最期の一日」で佐藤B作さんが演じてられた方です。

「直伝 和の極意」。

初回から見ていました。
録画してあるので最終回は後ほど、見ます。

  • 20100603
  • 土方副長 ♦YrGnQh/o
  • URL
  • 編集 ]
土方副長さんへ

初回から?
ご覧になってたんですね~!

最終回は見応え有りましたよ♪
どうぞお楽しみに(*^_^*)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。