新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「見る」のではなく「感じる」記念館

二つ下のモブログで「司馬遼太郎記念館」へ行った時の写真だけを載せてるんですが、
今日は、その記事を書きたいと思います。

なお、写真をご覧になりたい方、もしいらっしゃいましたら、こちらを参考にして頂ければ嬉しいです
「司馬遼太郎記念館」

ずっと行きたかったんですが、”近いからいつでも行ける”
との思いで先延ばしにしていた「司馬遼太郎記念館」

先日、やっと行くことが出来ました。

最寄り駅から地図と案内版を頼りに向かった記念館は、住宅街の一角にありました。

中に入るとそこはまるで、森のよう!
お話をして下さった館長さんの言によると、司馬先生は、雑木林がお好きだったので、こういう造りになってます、との事でした。

そして、木々や草花の間を通って行くと、司馬先生が実際に使ってられた書斎が現れます(写真有り)
執筆中だった当時のまま残して有る、との事でした。

次に進んでいくと、「花供養碑」が有りました(写真有り)
司馬先生自筆の歌碑だそうです。

次は「記念館」です。(写真有り)

中に入り、ビデオを観た後、順路の通りに進んで行くと、そこには床から天井まで埋め尽くされたおびただしい冊数の本!
司馬先生が執筆の際、参考にされた蔵書の数々だそうですが、なんと6万冊有るんだそうです!

あまりの多さに目がくらみそうになりました(^_^;)

そして、ちゃんと見て来ましたよ~~(^^)v

「天井に出来た坂本龍馬に似たシミ」!

いや、もう、びっくり、ホント、よく似てました(*^_^*)

展示物を一通り見たあと、館長さんのお話を聞かせて頂いたんですが、
ここで今日の記事タイトルです。

「ここは見るのではなく、感じる記念館です」

これは館長さんが仰った言葉なんです。

また、「ここへは全国からたくさんの方が来られます。しかもリピーターが多いんですよ」
とも仰ってました。

なるほど、と思いました。
確かにここに居ればホッとします(*^_^*)

「あまり自己顕示欲の強く無かった”司馬遼太郎”を表すのにこういう形の記念館を安藤忠雄さんにお願いして設計して頂きました。
どうぞ、本で味わえない空気感を受け取ってくれれば良いと思います」

との館長さんの言葉通り、
私は今回、ゆっくりと過ごしたのち、記念にと「人斬り以蔵」を買って(写真有り)記念館を出ました。

ホントに、大変落ち着ける所でした。
もしかしたらまた行くかも?^m^


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1201-b8f99afd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

本当に住宅街の中にあり、記念館というよりも、司馬さんの家に来たような気になりますね。
龍馬に似たシミ、筆者が行ったのは、もう結構な昔なので、知りませんでした。
人斬り以蔵、筆者の本棚にもあります。

おっ、司馬遼太郎記念行ったんですね。
いいなぁ。
機会があればぜひともいきたいですね。
見所たくさんありますよね

住宅街の一角ですか。司馬さんのお人柄を思わせるような感じなのですね。鎌倉では文人の家は結構あり訪れたことがあるのですが、やはり佇まいを感じさせてくれました。

  • 20100526
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

わぁ、素敵な記念館なんですね♪

で、『人斬り以蔵』買いましたか。
私も以前同じ文庫本読みましたが、長編だと思って読み始め、「以蔵の話なのに、肝心の以蔵がちっとも出て来ないなぁ」なんて思ってました(笑)。かなり読み進めてから短編集だと気づいたという(爆)。

  • 20100526
  • YAGI節 ♦gJtHMeAM
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

>司馬さんの家に来たような気になりますね

そう、そう、ホントにそうですよね(^^)v
今回は載せてませんが、”玄関”の写真も撮りました。

>龍馬に似たシミ、

もし今度行かれる機会があれば、是非一度ご覧になってみて下さい。
びっくりしますよ(*^_^*)

>人斬り以蔵、筆者の本棚にもあります

サスガです!

ちんちゃんさんへ

はい♪行ってきました(*^_^*)

見所、ホントに沢山ありますよ~
機会があれば是非一度いらしてみて下さい♪

早々さんへ

>住宅街の一角ですか

はい♪こんな所に記念館が?と思ってしまう所に有ります。

>司馬さんのお人柄を思わせるような感じなのですね

そうですね。
司馬さんって森を愛し、自然を愛した温かい心の持ち主だったんだろうな、と思える記念館でした(*^_^*)

鎌倉!
あそこは気品が感じられるというか、良い所ですよね~!
”文人の家”が?
へえ~ 沢山有るのですね?
さすが鎌倉、という感じがします(*^_^*)

YAGI節さんへ

ホントにステキな記念館ですよ~♪
ボランティアの方が数名いらして、皆さん、とても温かく接して下さいました(*^_^*)
もし機会が有れば、是非一度いらして下さい。
その時はお声をお掛け下さいね♪

で、「人斬り以蔵」
買いました!
「燃えよ剣」や「新選組血風録」は持ってるしなぁ、、
と思って「竜馬がゆく」を一度手に取ったんですが、何巻も有るので止め、
一冊で完了の(^_^;)「人斬り以蔵」は持ってないなぁ、と思って買いました(^^)v

”短編集”なのですね!?
さわり部分しか読んで無いんですが、私もてっきり長編だろうと思ってました(^_^;)

いいなあ、いつか行きたい(>_<)
「人斬り以蔵」ずいぶん前に読みました。大河の以蔵とは、全然違いますね(^_^;)

MAHHYAさんへ

>「人斬り以蔵」

既に読まれてたんですね♪

>大河の以蔵とは、全然違いますね(^_^;)

へえ~ そうなんですね~
まだ最初の方しか読んでないので、以蔵は全く出て来てませんが、そのうち出てくるでしょう。
楽しみにしておきます(^^)v

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。