新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「人の命など芥子粒ほどのもの」

「龍馬伝」第二十回”収二郎、無念”で出てきたセリフです。

横井小楠という熊本藩士が言ったセリフなんですが、

コレなんですよね~(-_-;)
現代人と考え方が180度違うのは。

あの時代の人って”命”をメチャクチャ軽く考えてたような気がするんですよね。

まあ、でもああいう考えをしていたのは武士だけ、だったんですかねえ?
収二郎が切腹させられると分かった時も、「切腹は武士の誉れ」なんてセリフが有りましたが。

あの時代に龍馬さんのような考え方をする武士って、稀だったんでしょうね。


もし、私がタイムマシンであの時代に行く事が出来たら、、、

是非とも土方さんにお会いしたい!(#^.^#)

、、、のはもちろんなんですが、是非、言いたい事が有ります。

「貴方の命は、自分一人だけのものだと思ってるかも知れないけど、そうじゃないんですよ!
貴方の命は、貴方のご両親、そのまた御両親、とさかのぼって何万、何千万の人が必死で繋いで来た命なんです。
大切にして下さい!」と。

ちょっとマジになりましたが(^_^;)

え~ この頃、弥太郎の出番が少なくて、寂しかったんですが、この回では、喜勢がお嫁に来た理由が判明しましたね^m^

「占い」だったとは、、、(^_^;)

あと、今回、印象に残ったのは、山内容堂公!

近藤正臣さんが演じる容堂公は、私にはメチャクチャ腹黒い人に映ってるんですが、
史実の容堂公もあんな風だったんでしょうかねぇ?(^_^;)

吉田東洋を暗殺したのは、決して良い事じゃないけど、
なんか、武市や収二郎が、可哀想な気がしてきました(;_:)

それと、グッと胸が詰まったのは、龍馬のお兄さんが龍馬に「死ぬんじゃないぞ!」って言ってたシーン。

志半ばで命を落とす事になってしまったのを知ってる私は、とても複雑(>_<)

さて!暗い話は止めにして、明るい話題に行きましょう!
来週、かどうかはっきりとは分かりませんが、近々新選組の出番が有るそうですよ~\(^o^)/

「龍馬伝」のHPで特集されてました→新選組 登場!

写真だけではまだ、どうとも分かりませんが、”扱い”は、結構良いかも?(*^_^*)


関連記事
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1195-1a61f221

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

命の大切さですか?

あの時代の人達にそれを言っても無駄だと思います


あそこまで遡らなくても、つい65年以上前の人達に言っても無駄だと思います


むしろ日本人が、人名が尊いという概念で生きているのは、長い日本の歴史の中で僅か65年しかありません


人命を軽んじていた時代の方が圧倒的に長い


これから先、再び人命の尊さを説く事が
無駄な時代が来ないという保証はありません

  • 20100517
  • タカユキ ♦-
  • URL
  • 編集 ]

容堂の描かれ方は余りの誤解の上に成り立っていると思います。彼の出身は身分の低い妾腹でしたが、異腹の兄達が早世し、彼を後継ぎに推したのが幕府の老中首座阿部正弘達で、この幕府の恩義を感ずることも出来、開明派の東洋を重用したのです。ただ世の動きが思うようにはならないのが幕末だったと思います。武市も国を思う気持ちは分りますが、国の大勢を見抜くことが出来ず、狭い視野が行き違ってしまったのでは。
横井小楠にしても現実的な学問を実践した人物で、命を無視したわけではなく、時代の大きなうねりの中では個々の命は大切にしたくとも出来ないのが現実。自身の目でもっと現実を直視せよと教えたのだと思います。

  • 20100517
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]

あさぎさんこんばんわ
昨日の「龍馬伝」の
山内容堂公役の近藤さん
腹黒く演じておられますねえ~
確かに実際の容堂公もこうゆう方なのかな?と
思いますよね
先ほど「龍馬伝」のHP見ました
2004年「新選組!」と
また違いますね
羽織は同じですが
旗の形が違いますね
なんか地味な感じですよね。

  • 20100517
  • ruka339 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
ミスキャスト

近藤正臣さん、ミスキャストと言われていますね。

墨を流したような暗黒の闇の中、横井小楠は暗殺団
に言い放つのです。
「横井小楠と知ってのことか!」と、そのため
居場所が分かり、滅多斬りになったのであります。
一言も発せずにいたら、真っ暗だったから、無事だったのに。

難しいですねぇ。。。
でも昔の人が命を軽く思っていたと言うより、今と昔では命と言うものの考え方が違っているのではないかと。
だけど横井小楠の「今まで値打ちがあったもんが古びて用なしになっただけ、人の命は芥子粒のようなもの」と言う台詞は、間接的に現代にも言える台詞に思えました。
なかなか深い考えさせられる台詞ですよね。

容堂公や幕府側の描き方が、やはり倒幕側の話だからなのか、何となく黒く描きがちのような気がしますね。

来週、新選組ちらっとでも出るのかな?
HPで大きく取り上げられてるとテンション上がって、楽しみですね~♪

  • 20100518
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]
命の重さ

一人殺せば「殺人犯」千人殺せば「英雄」という言葉が 外国に有るくらいなので、戦時下などの時代背景もあって「命の重さ」が 軽くとらえられていた事は少なく無いようです。
特に幕末~明治初期は「大事の前の小事」と思われていたようですし、現在でも タイのデモ隊鎮圧の為に 20人以上が死亡し、主導者が暗殺されたりと 日本では考えられない事態が起きています。
政治の主導権争いという意味では、幕末の日本と似ているような気がします。
「国」「時代」「宗教」など 様々な要因で人の価値観は変わってしまうので 簡単にまとめる事は出来ませんが、人間の命が 軽く考えられるような時代が、これから先 やってこないことを願うばかりです。

  • 20100518
  • Yoshua ♦-
  • URL
  • 編集 ]

武士に限らず、昔の日本人はそう考えていたところがあったと思います。
ただ、軽い命かもしれないけれど、だからこそ、捨てる時のために命は、それまで大事にしなければならないと考えていた武士などもいたと思います。
土方さんも自分の命の捨て時、捨て所を知っていた、本物の武士だったと思います。

龍馬伝見ましたよ!^^
宮迫さんのシーンは感動して涙出ました:0:
あさぎ先輩のセリフ格好いいです^^
俺がタイムスリップしたら新選組も良いけど海援隊かな?龍馬とお龍と中岡さんと海援隊の人達と一緒に話したり一緒に写真撮りたいです!@^0^@

  • 20100518
  • 勇春 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
タカユキさんへ

あ、無駄ですか?(^_^;)
歴史で習いましたが、日本は戦争ばかりしていた時期も有りましたよね、愚かしい事ですが。

>これから先、再び人命の尊さを説く事が 無駄な時代が来ないという保証はありません

ホントに、先の事は分かりませんが、そんな時代は。出来れば来て欲しくないですね。

早々さんへ

容堂公にはそう言った事実が有ったのですね!
「龍馬伝」だけを観て判断するのは軽率でしたね。

横井小楠に関しても、あのセリフの奥にはそいう深い意味が有ったという事がよく分かりました。

勉強になりました(*^_^*)

ruka339さんへ

「龍馬伝」での容堂公は、ホント、腹黒い人に描かれてますよね(^_^;)

>旗の形が違いますね。なんか地味な感じですよね。

あ、そうでしたか!?
rukaさん、よくご覧になってますね。
私もあとでもう一度確認して来ます(^^)v

みちこさんへ

>ミスキャストと言われていますね。

そうだったんですか!?
知りませんでした。

で、横井小楠。
暗殺されるんですか!?
いや~ その状況だと、ホントに、黙ってれば多分命は助かりましたよね(-_-;)

Mini子さんへ

>命と言うものの考え方が違っているのではないかと

あ~ なるほど。

>なかなか深い考えさせられる台詞ですよね

ホント、深いですよね。

>何となく黒く描きがちのような気がしますね。

あ~! 対比をはっきりさせるという意味が有るのかも知れませんね。

で、新選組!
来週、出るかも知れませんよ!
ホント、テンション上がりますよね~!(^^)!

Yoshuaさんへ

>一人殺せば「殺人犯」千人殺せば「英雄」

その言葉は知ってます!
けど、、酷いですよね。

>大事の前の小事

あ!「龍馬伝」でも武市のセリフにそういう言葉が有りましたね。

>人間の命が 軽く考えられるような時代が、これから先 やってこないことを願うばかりです。

ホントに、そうですね。

桃源児さんへ

昔の日本人、、、
歴史で習いましたが、戦争ばっかりやっていた時期も有りましたもんね(-_-;)

土方さんは、、、
憧れの武士になってから、”死”とは常に背中合わせの生活でしたから、覚悟はいつでも出来てたんでしょうね(;_:)

勇春さんへ

宮迫さんのシーンは、悲しいシーンでしたね。

>龍馬とお龍と中岡さんと海援隊の人達と一緒に話したり一緒に写真撮りたいです!

あ~! それいいですね(^^)v

切腹は武士の誉れ……そうでも考えないと、怖くてやってられなかったのだと思います(>_<)
今のように医学が発達している現代と違って、ちょっとした感染症で簡単に死んでしまう世の中でしたからね…。感覚が違っても仕方ないのかな…。

新選組、けっこう大々的な感じですね。
以蔵を追いかけている設定なのですね。なんにしても、楽しみですっ!

MAHHYAさんへ

>怖くてやってられなかったのだと思います(>_<)

そっか、、、(-_-;)

>ちょっとした感染症で簡単に死んでしまう世の中でしたからね…

あ~!「JIN-仁」でもそうでしたね!
懐かしいなぁ、「JIN」(^_^;)

新選組の登場!
ねっ♪楽しみですよね(^^)v

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。