新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

松陰せんせーーーーーーっ!

先日の「歴史秘話ヒストリア」

吉田松陰の事をやっていたので観ました。

いや~ 私、、、
坂本龍馬さんはこれには当たらないですが、、いわゆる倒幕派?

の人について、全くと言っていいほど知らないんですよねぇ~
知ろうとしない、というか、、、(^_^;)

けど、今回のヒストリアを観て、松陰先生(山口県の方は今でも”先生”と仰るそうですが)の
”人となり”が少し分かったような気がします。

え~っと、、9歳で(だったと思いますが)藩主に勉強を教える立場に立っていた、との事。
こういう人の事を”栴檀は双葉より芳し”って言うんですよね?

まあ、”天才”ですね。

でも、頭が良いがゆえにさぞかし悩みも多かったんでしょうね。

当時は、身分は下だけど、実質的に日本を支えている人達が全く、報われていない実情を見て、どうにか出来ないか、
と色々と頭をひねったようです。

番組では、この現状を何とかしようとした松陰先生の”ムチャぶり”を紹介してました。

その一つに、、、
「弟子、金子重之助と共に黒船に乗ってアメリカへ密航!」
しようとした事が取り上げられてました。


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m


このシーン、「龍馬伝」でもやってましたが、これで「野山獄」へ入れられてしまったんですね。
弟子の金子は、武士では無いので、「岩倉獄」へ。

この”獄”にも差が有ったようで、金子はその劣悪な環境下で病死してしまいます。

この後、松陰先生は獄を出され、「松下村塾」を開き、
ここで高杉晋作や久坂玄瑞、伊藤博文らに教える。

が、結局、松陰先生は、老中の誰か(名前、忘れました)を殺害しようとした、
という罪で死罪になってしまうんですねぇ。

けど、まあ、江戸幕府が滅び、将軍ではなく、天皇の下で新しく明治政府が出来た。

これで直ぐに身分の差がすっかり無くなった、とはいきませんが、
一応、松陰先生が望んだ世、にはなったんでしょうか?

まあ、新選組ファンとしては、松陰先生は”敵”なんですが(^_^;)
その生きざまには、感動しました。

あ、そう、そう!
番組内で松陰先生が書いた、高杉たちに宛てた手紙などが紹介されてたんですが、その中の一部に
何を書いてるか分からない”崩し字”や”続け字”じゃなく、”楷書”って感じの字?

のが有って「現代人でも簡単に読めそう」って思いました(^_^)v

土方さんも手紙、あんな感じの字で書いてくれてたら良かったのに、、、(^_^;)


関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1185-6bad8682

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

ヒストリア私も観ました!
今まで何でこの人がこんなにも多くの弟子たちから先生、先生と慕われていたのかよくわからなかったのですが、最近松陰関連の書籍を読んだりこういう番組も見てると何となくですがその人柄と思想がわかってきたような気がします。
猪突猛進的な性格でもあったりして色々無茶もしてきたようですがそれこれも全て本気で国を思うが為、、、その生き様は私も素晴らしいなと思いました。
松陰先生の手紙の字、あれは意外な感じでしたね!

dandaraさんへ

おお!dandaraさんもご覧になりましたか(*^^)v

あ~ そうでしたね~
dandaraさんはTVで観るだけでなく、御本も読まれたんでした(*^_^*)

>猪突猛進的な性格

ホント、そうだったようですね。
かなりな”ムチャ”ですよね(^_^;)

>その生き様は私も素晴らしいなと思いました

ですよね~!(^^)!

>松陰先生の手紙の字、あれは意外な感じでしたね!

はい。あんなにはっきり書いてられた方も幕末に居たんだ、と思いました。
あれは読みやすいですよね♪

幕府寄りな筆者ですが、吉田松陰と高杉晋作には興味があります。
教師として優秀なだけではなく、黒船に乗り込もうとしたり、全国を歩いたりと行動の人でもありましたね。

松雪泰子のドラマとかぶっていたので
録画したまま、放置しています。。
明日あたりにでも観たいと思います♪

今日、本屋さんで、るるぶの山口・萩・下関というのを
発見して、買いそうになってしまいました(爆)
今、一番行きたいところは、山口と長崎です!

  • 20100417
  • まー ♦-
  • URL
  • 編集 ]
長州

先月、長州に行ってきたばかりです。

「松陰神社」もあり、萩では町中「松陰」でした。
私も大好きな人物ですが、でも、当時は
過激な存在、、、でございました。

松下村塾の前に新しく記念館ができていて、
当時、松陰が使っていた20X20、つまり今の原稿用紙
と変わらない字数の原稿用紙を刷る版木が展示されていました。
感激しました!

歴史秘話ヒストリア、見逃しました~(ToT)。
暗殺しようとしたのは、間部詮勝ですね。
松蔭は、誰に言われたわけでもないのに奉行所に出頭して、自らつかまったんですよね。
間部詮勝の暗殺についても、素直に認めてしまって…正直というか、勇気があるというか…。
つかまったあとの近藤さんのような、まっすぐさを感じさせます(>_<)

放送されるのは知っていましたが、
…観ませんでした(^_^;
松陰=頭がいい人。位の知識でいいやと思ってしまいました(汗) 駄目ですね~(^_^;
でもあさぎさんが書いてくれたので、ちょっと分かった気になりました(笑)

みみずみたいな字で書かれると、字が上手いのか下手なのかよく分かんないですよね(^_^;
そういえば土方の手紙に、地図のようなものがあって、それが楷書で書いてあったけど、字が綺麗だなって思った事があります♪

  • 20100417
  • Mini子 ♦a2H6GHBU
  • URL
  • 編集 ]

世田谷の松陰神社に墓所と松下村塾(萩を模した建築)がありまして見に行ったことがあります。松陰の日本という国を思う情熱と死も恐れぬその行動力はずば抜けており、後の弟子達に与えた影響力は素晴らしいとは思いますが、聊か過激に過ぎ真っ当すぎましたね。でもその思想により維新が成ったのですから本人も良としているのでは。

  • 20100418
  • 早々 ♦-
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

おお~!興味がお有りですか(^_^)v

>行動の人でもありましたね。

ホント、そうですね~!
思い立ったらすぐ行動、ムチャな事もされたようですが、あの行動力は素晴らしいですよね。

まーさんへ

>松雪泰子のドラマ

あ~!「Mother」かな?

長崎へは、修学旅行で行った事が有ります♪
山口県へも行った事が有りますが、萩城の城下町がとても良かったですよ~!
是非、行かれてみて下さい♪

みちこさんへ

そう、そう、みちこさんは最近行かれたばかりなんですよね♪

>当時は過激な存在、、、でございました。

あ~ そうだったでしょうね(^_^;)

>原稿用紙を刷る版木

私が行った時には有りませんでしたが、今はそんなのも見れるんですねー!
”感激”されたとの事、そのお気持ち、よ~く分かります(*^_^*)

MAHHYAさんへ

>暗殺しようとしたのは、間部詮勝

へえ~! そうだったんですね!

>近藤さんのような、まっすぐさを感じさせます(>_<)

ホント、そうですね。
自ら言わなければ死刑になることも無かったように番組では言ってました。

Mini子さんへ

>松陰=頭がいい人。位の知識でいいやと思ってしまいました(汗)

私もそう思ってました(^_^;)

私の記事が少しでもお役に立てたのなら、嬉しいです♪

>楷書で書いてあったけど

へえ~!初耳です!
土方さんの手紙に”楷書”で書かれたものも有ったんですね!?

それ、見たい!
是非見てみたいです~!(^^)!

早々さんへ

>世田谷の松陰神社に墓所と松下村塾(萩を模した建築)がありまして

へえ~! 東京に有るんですね~!
見に行かれた事がお有りなんですね♪

>、聊か過激に過ぎ真っ当すぎましたね

ホントに(^_^;)
松陰について色々な事を知るにつれて、私もそんな風に思うようになりました。

>本人も良としているのでは。

私もそうだろうと思います(*^_^*)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。