新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

歴史秘話ヒストリア ~坂本龍馬編~

先ずはお知らせ。

一つ下の記事で紹介させて頂いたブログパーツ「かけじく」ですが、
サイドバーの一番下に移動させました(^_^)v
もし、「私も貼り付けたい!」と仰る方がいらっしゃればですが、
「このブログパーツをGETする」をクリックして下さいね。

で、昨夜の「歴史秘話ヒストリア」

今回は坂本龍馬編でした。

試聴後感想、、、というより覚えている所だけ書いて置こうと思います。

先ずエピソード1では、龍馬の写真に触れていました。

当時、写真はとても高価なもので、、、、1枚3万円って言ってたかなあ?
けど、龍馬の写真は、全部で7枚ほど残っているんだそうです。
で、これは慶喜クラスの人と同等の枚数だと言ってました。

で、龍馬と言えば、あの演台(?)に寄り掛かって立っている龍馬の写真。
アレを思い出される方が多いんじゃないでしょうか?


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m
番組では、特に彼の足元、ブーツに着目してました。

故郷の土佐では、龍馬は下級武士。
登城することも許されず、絹の着物も着ることができず、高下駄も履けない、そんな身分でした。

そんな身分制度に嫌気がさし、脱藩した龍馬。
番組では、ブーツは”高下駄”なんかよりももっと先の西洋への憧れを象徴するものだったんじゃないか、と言っていました。

エピソード2では、龍馬たちが立ち上げたベンチャービジネス「亀山社中」の事を取り上げていましたが、中でも、今で言えば”社員、近藤長次郎”の話は可哀そうでした。

若いのにやり手だったばっかりに、客である長州から身分不相応な褒美(刀)を貰い、他の社員から妬まれてしまったんですね(^_^;)

で、なんやかんや有って、長次郎はイギリスへ渡ってしまおうとしたんですが、その計画が露見してしまいます。
仲間からすれば、それは裏切り行為以外のなにものでも無い訳で、長次郎は「武士としての決着をつけろ」と言われてしまうんですね。

”武士としての決着の付け方”、、、つまりは”切腹”。
享年29歳だったそうです(-_-;)

このことは、龍馬が居ない間に起こってしまったことで、長次郎の最期を聞かされた龍馬は、
「自分が居れば、そんなことはさせ無かったのに、、」と大変悔しがったそうです。

ま、この話は置いといて、、、

番組中で私はやっぱり佐幕派だ!と確信しました!

1866年~67年に掛けて起こった幕府軍VS長州(高杉軍、亀山社中軍)の海戦です!

圧倒的に数では有利だったはずの幕府軍が龍馬たち、亀山社中軍によって負かされたシーンが有ったんですが、龍馬たちが喜んでいる場面を観て私、ムカッと来たんですよ~!

幕府軍が倒されるのを観るとムカツクっていうのは、やっぱり、その背後に居る新選組を想うから、なんですよね~ 

え~ 今回の龍馬編では、「近江屋」までは行きませんでした。
なので、すこ~し心配していた(^_^;)「龍馬を暗殺したのは誰だ?もしかして新選組!?」は無かったです。

この番組、最後は、長崎の”風頭公園”、、なんて読むんでしょうね?ふうとうこうえん?
ま、とにかく、そこにある龍馬さんの銅像の建立何周年記念かの時の映像を映して終わり、でした。

で、私、今回、分かりました。

坂本龍馬さんは、嫌いじゃ無いと。
決して嫌いではないけれど、私には坂本さんに、土方さんや新選組ほどの魅力は感じない、って事が(^_^;)

関連記事

トラックバックURL

http://55hougyoku.blog13.fc2.com/tb.php/1045-4acc40e3

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

そういう内容だったんですね。
一介の浪人でしかない龍馬が、どうして高価な写真を何枚も撮れたのか?
それに彼は何通も手紙を残していますが、当時の飛脚代はかなり高額だったとか。
陰にスポンサーがいたのかも。
近藤長次郎、元々は饅頭屋の息子なのに、武士のけじめをつけさせられたというのは、ひどい話です。
都合のいい時だけ武士扱いかと思ってしまいます。

夕べ録画したので、あとで見ようと思ってます(^_^)
『竜馬が行く』に、松平春嶽と直に面会するシーンがあったと思ったのですが、彼はまさに人脈(スポンサー)を作る達人だったのでしょうね。
時代の波にみんなが翻弄され、おそらく、勝ちも負けもないはずなのにね…。
明治維新、新撰組は、ずいぶん悪者にされちゃいましたからね…(>_<)

私も昨日の番組を観て、龍馬さんの印象がちょっと変わりました…!
坂本龍馬といえば京都と思っていたのに、京都とか
一切、でてこなかったですし、おりょうさんの話も。
ある意味、こんな番組は初めてだなぁ、なんて思いました。

  • 20090625
  • まー ♦-
  • URL
  • 編集 ]
見逃した!!

普通にお風呂入ってました…。

下級武士なのにお金は持ってたんですかね??
西郷さんに払ってもらってたとか…?
ちなみに私は中岡慎太郎派です(*^_^*)

余談なんですが、龍馬さんとか高杉とか見るとやっぱり…

副長はかっこいいんだな

再確認したりして(*^_^*)

  • 20090625
  • たまき ♦-
  • URL
  • 編集 ]
風頭公園の読み方について。

調べてみたら、『ふうとう』ではなく、『かさがしら』と読むそうです。

  • 20090625
  • 土方副長 ♦YrGnQh/o
  • URL
  • 編集 ]

かざがしら、風下(かざしも)のかざです。

すごい斜面に造られた公園です。
もっとも、長崎自体が坂の街ですから。
この公園から見た夜景は生涯、忘れられません。

閉鎖中の亀山社中、市が無償で借受け
二年以内に一般公開する予定だそうです。

  • 20090626
  • みちこ ♦z8Ev11P6
  • URL
  • 編集 ]
桃源児さんへ

>一介の浪人でしかない龍馬が、どうして高価な写真を何枚も撮れたのか?

そのことについて、番組では、写真を撮る人の中に土佐の人も居たので、同郷のよしみで”タダで”撮ってもらったりしてたんじゃないか?とのことでしたが、何せ140年も前の話なので、本当の所は分からないと言ってました。

で、近藤長次郎!
そうそう!お饅頭屋さんだったらしいですね!
さすが桃源児さん、よくご存じで!
けど、彼は本当に可哀そうですよね。

MAHHYAさんへ

是非、ご覧になってみて下さい♪

>人脈(スポンサー)を作る達人だったのでしょうね。

あー!
っていうことは、やはり龍馬さんの人柄に惹かれた人が多かったっていう事なんでしょうね(*^^)v

ホント、新選組は今でこそヒーローですが、昔はずっと悪者扱い、だったんですよね。
酷い話です(T_T)

まーさんへ

そうそう、京都もおりょうさんもま~ったく出て来ませんでしたね(^_^;)

仰る通り、切り口が斬新でしたね♪

たまきさんへ

普通にお風呂ですか、、(笑)

龍馬さん、スポンサーが一杯居たっぽい感じですよね(^_^;)

>副長はかっこいいんだな

同感です!!!

土方副長さんへ

”風頭”の読み方、調べて下さったんですね!

有り難うございます!m(__)m

みちこさんへ

”かざがしら”と読むのですね!
教えて下さり、有難うございますm(__)m

>長崎自体が坂の街

あ~ そうだったんですね。
高校の修学旅行で長崎へも行ったんですが、もうすっかり忘れてしまってます(^_^;)

で、亀山社中、公開されるのですね!?
またきっと龍馬さんのファンが押し寄せることでしょうね(^_^)v

かさがしらと読むんですね。
勉強になりました。
ビデオは、撮りました。
まだ、ビデオは見てませんが、これからビデオみるつもりでいます。

  • 20090626
  • ちんちゃん ♦-
  • URL
  • 編集 ]

ヒストリア、録画してあるんですけどまだ観てませ~ん!
面白そうですね♪暇な時間にじっくり観たいと思います。
私も龍馬さんは嫌いじゃないけど、新選組ほどは好きにはなれないです。やっぱり一番は新選組ですよね~(^^)

ちんちゃんさんへ

はい、そうなんだそうです。

ビデオ、もうご覧になったかな?(*^_^*)

dandaraさんへ

ヒストリアの録画、もうご覧になったかな?(*^_^*)

>やっぱり一番は新選組ですよね~(^^)

ですよね~(#^.^#)

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。