新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

秋の京都史跡巡り その1

やっとこさ、PCが修理されて戻って来ました(^^)v

いや~ 5年間保証、入ってて良かったです。
入って無かったら、修理代に6万円!掛かるトコでした(^_^;)

では、久しぶりの更新です!

9月23日、みちこさん主催の”秋の京都史跡巡り”に参加させて頂きました。

JR京都駅に11時集合し、、、
何人いましたかねぇ? もう忘れてますが(^_^;)

とにかくタクシーに分乗し、最初に向かった先は、駒井家住宅でした。

えっと、こちらのお宅は、ヴォーリズさん?とか仰る有名な建築家の設計による、昭和初期の洋館の代表作で、
写真は、住まわれていた遺伝学者の駒井卓(たく)博士とその奥様、です。↓



そして、次に向かったのが、詩仙堂
何年前になるんでしょうね? チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃も、来日された際にココを訪れられました。




次に、最初の計画には無かったんですが、幕末に関連のあるお寺金福寺が近くにある、という事で、連れて行って頂きました。

写真ですが、、、アレはお寺に住んでたのかなぁ? 
↓人懐こい三毛猫が居たので、猫好きな私は、ひとしきり相手をしてから、パチリ(^^)v



そして、こちらは、同寺にあった与謝蕪村のお墓です。↓



”幕末に関連がある”と前述しましたが、金福寺は、村山たか女、ゆかりのお手でもあります。

因みに、”村山たか女”は、井伊直弼の愛人で、京都では、幕府の隠密(スパイ)として「安政の大獄」に加担し、その後、勤皇の志士に捕らえられ、京都三条河原で生晒しにされましたが(>_<)助けられて、金福寺へ尼僧となって入り、67歳の生涯を閉じた、という事です。



”京都史跡巡り その2”に続きます(*^_^*)




スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

秋の京都史跡巡り その2

下の記事の続きです。

金福寺を後にして、次に木戸孝允邸へ行きました。↓



↓木戸孝允邸の二階です。 一度に沢山の方が入ると床が抜けてしまう(^_^;)との事で3人ずつ?でしたっけ?
上がらせて頂き、窓から見える景色が素晴らしい、との事でパチリ♪



そして次に連れて行って頂いたのは、ココ↓
この石碑のある三本木通りは、幕末当時、三本木遊郭があった花街のひとつでした。



因みに、この石碑のある場所には、幕末当時、「吉田屋」という料亭があり、桂小五郎もしばしば出入りしていた
そうです。
実は、幾松が籍を置いていたのはこの「吉田屋」で、ここがふたりの出会いの場所だったのかもしれないとの事。

この吉田屋で、幾松は新選組に追われる桂を匿い逃したという話も残っていて、説明文の中には、ちゃんと”新選組”の文字が入ってました(^^)v

吉田屋は、後に清輝楼(せいきろう)という料亭になり、ここに明治33(1900)年、立命館大学の前身である京都法政学校が設立されました。

また、清輝楼は、料理旅館・大和屋と名を変え、平成8(1997)年まで存続していたそうです!

それから、、、色んな通りを通って、ココにも連れて行って頂きました。「十津川屋敷跡地」↓
”十津川”といえば、、台風の後、あれからどうなんでしょうね? 大分復旧したんでしょうか。。。



”史跡巡り”の記事は、これで終わりです。


あ、そうそう!
↓これはお土産「丁稚ようかん」です(^^)v 「詩仙堂」の近所で買いました。
とっくに食べてしまいましたが、、美味しかったです(*^_^*)



最後になってしまいましたが、、、
みちこさん、まーさん、そしてその他参加された方々、大変お世話になりましたm(__)m

充実した一日を過ごさせて頂きました。
有り難うございました(*^_^*)




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

大河ドラマ50の歴史展




10月9日、大阪高島屋でやっていたので見に行ってきました。

現在放映中の「江」が丁度50作品目、なのですね~!?


あ、そうそう、昨夜の「今夜はヒストリー」
観ました、観ました(^^)v

「大阪夏の陣」を取り上げてたんですが、「江」では、多分来週辺りに?やると思うんですが、
予習出来た、感じです♪


さて、話を大河ドラマ50の歴史展に戻します。


といっても、この日は、メインの用事のついでに見た、という感じだったので、
あまりじっくりとは見て無いんですが(^_^;)

頂いたパンフによると、大河ドラマで描かれた時代背景ですが、
室町時代から安土桃山時代を描いた作品が多いようで、21作品あります。

ついで多いのが江戸時代の後期から明治の初期、、、幕末!のようで、「新選組!」を含めて12作品あります。

そして、展示物、、、

「江」の浅井三姉妹(を演じられた女優さん達)が着た衣装や、戦国武将の鎧、兜が飾られてあって、それがとても美しかったです。

それから、、そう!「顔認証」というお遊びコーナーがあり、自分は大河ドラマに出て来る誰に似てるか?
というのを、やってみたところ、、

私は、「お市の方」でした。

が、、鈴木保奈美さんって訳ないですよね?史実のお市の方?ですよね?

ま、どっちでもいいんですが、、
いや~ 結構嬉しいものです(^^)v






にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

幕末バトン

久々の”バトン”です!
にほんブログ村、カテゴリー”新選組”の野州花の香さんから頂いて来ました。



【幕末バトン】

一、あなたの幕末の知識源はなんですか?

ドラマ、本、ネット、ですかねぇ?


二、好きな幕末の人物を挙げてください(複数回答可」

第一に、土方さん!
それから、、近藤さん、沖田さん、斎藤さん、、、つまり、新選組(^_^;)



三、上に挙げた中であえて選ぶとするなら最も好きなのは?


これは揺るぎません。
もちろん、土方さんです!


四、また逆に、嫌い(好きになれない)な幕末の人物は?

う~~ん、、徳川慶喜とか? 松前藩士 米田幸次?


五、その中で、最も嫌い(好きになれない)な人物は?


米田幸次!


六、この人にはもっと、長生きして欲しかったなぁ、と 思う人物は?


惜しい人を亡くした、って思う人ですね?
土方さん。(←ばっかり)



七、アツいと感じる合戦は?


宮古湾海戦
「アボルタージュ!」ですかねぇ?



八、あなたは自分が、龍馬、西郷、歳三の部下になれたら誰を選ぶ?


部下、、、もちろん、土方さん♪


九、もし自分が幕末の人物だったら?


う~~ん、、ウチの先祖が武士だったもので、、、
やっぱり武士?



十、幕末をぜんぜん知らない人に勧めたい書籍


「新選組 幕末の青嵐」とか「箱館売ります」とか「新選組血風録」とか「燃えよ剣」とか?
結局、新選組関連の本ばかりですが(^_^;)


十一、そろそろ答えるの面倒になってきましたか?


いえいえ、大変楽しかったです(^^)v




以上、「幕末バトン」持ち帰りたい方、
もしいらっしゃいましたら、どうぞご自由にお持ち下さいね(^_^)/




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「英雄論」by近藤勇

Mini子さんのブログ♪で知りました。

近藤さん直筆の漢詩「英雄論」が霊山歴史館で初公開されている、との事です!→ココ

で、その漢詩の内容は、

>「まことに英雄の心中を理解できるならば、英雄ではないことが英雄である」

なのだそうですが、、、

イマイチどういう意味か分からないんですけど、、、
哲学的?みたいな?(^_^;)


また記事によると、


>市中警備を担う新選組の拝命を受けるまでの間に、給金がなく、商家から軍資金を借りていた時期があり、
今回の漢詩も借金の返礼として書かれた可能性があるという。

、、だそうです。


尚、この漢詩は、

>特別展「龍馬と土佐の衝撃」(12月26日まで)に合わせて公開する。

とのこと、そして、、、



>土佐勤王党盟主の武市半平太が切腹時に使った短刀や、その時の血痕が残る襦袢(じゅばん)など幕末の史料約100点も並んでいる。


との事です。



霊山歴史館は、色々と見せてくれますねぇ、、、
う~~ん、、是非とも、見に行きたいなぁ~!




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。