新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「ラストサムライの物語」

6月末頃の暑さはハンパなく、室内で熱中症のような症状に見舞われました。
頭は痛いは、吐き気はするわで、もう大変(-_-;)

が、このところ、梅雨空が戻って来たせいか、厚さも少しマシになり体調もよくなりました。

けど、この梅雨が明けたら、と思うと、、
メチャ不安(>_<)




では、本題です。

”ラストサムライ”と言っても土方さんの事ではありません。


「ほととぎす我も血を吐く思ひかな」

この句が辞世の句だと言われているそうです。
中島三郎助

7月6日の歴史秘話ヒストリアで取り上られるそうです!

楽しみですね(*^_^*)





スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

ラスト侍と龍馬暗殺

梅雨って有った?と思うくらいあっという間に梅雨が明けました。
毎日暑いです(>_<)

本題に入る前に一言。

先ほど、全てのコメントに返信をさせて頂きました。
遅くなりました事、お詫び申し上げますm(__)m

さて、本題。

先日観た二作品、「歴史秘話ヒストリア 中島三郎助編」と「BS歴史館 坂本龍馬 暗殺の真相」について、視聴後感想を書きたいと思います。

先ずは、中島三郎助

この方は、以前やっていたTVドラマ「五稜郭」で若林豪さん、、、
いや~ ハマり役でしたよ、カッコ良かったです(*^_^*)

とにかく、若林さんが演じてらっしゃって、千代ヶ岡陣屋にて二人の息子さん達と共に闘死した、
という事は知ってましたが、

その他の事は知らなかったので、今回、もっとよく知ることが出来て良かったです。

で、徳川に殉じた所とか?
観終わって、この方の生き様は、どこか土方さんと似てるなぁ、って思いました。



次にBS歴史館「坂本龍馬 暗殺の真相」

この番組は今まで観たことが無かったんですが、TVナビを見て知りました。

実はこの回の前に放映されていた「戊辰戦争時の会津とプロイセン」、
これも観ました。

えっと、簡単に書くと、、会津藩と庄内藩が、戊辰戦争の最中に、蝦夷地の一部(自藩の領地)をプロイセン(今のドイツ)に提供しようと画策していて、まかり間違えば戊辰戦争にドイツも参入していたかも?
そしてそうなれば、結果は違ったものになったかも?

みたいな?

なんか、このような内容だったように思いますが、、、
違ってたら済みません(^_^;)


では、話を「龍馬暗殺」に戻します。

この時の出演者は、磯田道史, 島崎和歌子, 光浦靖子, 黒鉄ヒロシ, 中村彰彦さんの5名。

中村彰彦さん(先生?)は、黒幕は薩摩だと仰ってましたが、
磯田道史さん(先生?)は、指示をしたのは会津藩、松平容保公だ、というご意見で、、、

あ、そうそう!島崎和歌子さん!
「犯人は新選組だと思ってました!」って、、、

いくら「龍馬伝」で龍馬の姉だったとはいえ、
私からすれば、まだそんな考えしてる人が居たのか!?って感じ?(^_^;)

まあ皆さん、それぞれ自分なりの意見があるようで、
あ、島崎さんのは絶対違いますけど、

結局、「真相」は永遠に分からないって事ですか?みたいな感じでした。


で、この番組の最後の方に、、、
これは、みちこさんがメールで「出ますよ!」と教えて下さったんですが、
星亮一先生が出て来られました!

星先生はこのようなニュアンスの事を仰ってました。
(”ニュアンス”ですから、はっきりとこう仰った訳ではありません)

「明治政府は、会津藩を龍馬暗殺犯とすることで団結したのではないか」
「新政府団結の陰に坂本龍馬暗殺事件、有り」



う~ん、、そうかも知れませんねぇ、、




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

恨無限

7月15日付けの朝日新聞 朝刊に載せられてました。



タイトルの”恨無限”ですが、、、

「うらみかぎりなし」と読むのだそうです(-_-;)

では、記事内容をかいつまんで説明致します。

土佐勤王党を結成した武市半平太、
彼は、吉田東洋暗殺の首謀者として牢に入れられ、切腹させられましたが、

その時に書いた「七言絶句」が
この記事の右側に書いてあるもの、だそうです。

意味は
「ついに政敵を倒し意気揚々という夢を見たあと、汗びっしょりで目覚め、恨みが限りなくつのる」
だそうで、

”山内容堂公や土佐藩政への激しい恨みや志半ばで切腹する無念さ”
をつづっているのだそうです。

この記事を読んでいると「龍馬伝」でのシーンが思い浮かんで来たんですが、
ドラマでは、半平太は最後に容堂公から認められ、気分さっぱりで死んでいった(?)
みたいな感じで描かれてましたが、

実際の所はこの「七言絶句」を読む限りそんな”爽やか”、、、(というのは語弊があるかも?ですが)
そんなもんじゃ無かったみたい、ですね。

尚、この書について記事にはこう書かれています。

>今年四月、高知市内の男性(故人)の家族が同市に寄託。 
縦約120センチ、横約28センチで、掛け軸に貼り直してあった。

添えられた由来書には、武市を慕っていた牢番に贈られたものを譲り受けたとあった。


”牢番”、、
そういえば、「龍馬伝」でも居ましたね。



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

サムライ、最高!

BlackBerryって、、、
スマートフォン?らしいですねえ?

とにかく、そのCMを最近観たんですが、
「企業戦士」=サムライ、のイメージだそうで、結構カッコ良かったんですよ~!

いや~ いいですねぇ、やっぱりサムライは!
CM

最近、時代劇に飢えている、というか、、
あ、「江」は観てるんですが、アレには、私が思う”武士”は出て来ないので(^_^;)

と、そんな折も折、ももさんのブログ♪で知りました。

「燃えよ剣」第二部が放映されるそうです!

土方さん役を役所広司さんが演じてられたんですねー!?
もしかしたら私、コレは今まで観たことないかも?

時代劇専門チャンネルで、30日、、明日ですね!
夜10時から、だそうです(^^)v

因みに第一部は、私、見逃してるんですよねぇ。。。
順番が逆になってしまいますが、
8月7日25:00に再放送される、との事で、こちらも楽しみです♪


観れる環境にいらっしゃる方は、是非!



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。