新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

映画を観ただけのGW(^_^;)

昨夜の「龍馬伝」も良かったですねぇ~!
あ、その前の土曜日にやっていた「龍馬伝スペシャル」も録画してたんですが、良い番組でした。
まあ、色々とツッコミどころ満載の番組でしたが(^_^;)
この事はまた別の機会に記事にしたいと思います。

ところで、今年のGW。
私には無いも同然でした(;_:)

「これからグアムに行ってきま~す!」というTVニュースから聞こえる明るい声に、
「私には関係ない」と拗ねてました(^_^;)

土日祝日も仕事でしたし、休みが明けても前々からの予定や急に入って来る仕事をこなさなければならず、、、
ホント、助けて~~~!って感じのこの一週間は、長かったです(-_-;)

でも今は少し落ち着きました。

全く開いて無かったPCを久々に開けました。
長らくしていなかったコメント返しもやっとこさ出来ましたし、
お気に入りブロガーさんの所へも訪問出来ました(^_^)v

で、休みという休みでは無かったGWなんですが、
なんとか時間を作って、映画を二本、観てきました。

けど、あんなにお天気のいい日が続いたGWに”映画”って、、ねえ? どう?(^_^;)

ま、言っても仕方無いんで、もう言いませんが、、、

さて、先ずは、一本目「劇場版 銀魂」

注・ネタバレしてます。

スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

...続きを読む

「誰だか分からない」にはもう、うんざり(-_-;)

大河ドラマ「龍馬伝」は、やはり人気があるんですね~(*^_^*)
このGWにも、高知や長崎、といった龍馬ゆかりの地をたくさんの方が訪れられたそうですね。

ま、、私にはGWなんて無かったですが。←しつこい?(^_^;)

で、一つ下↓の記事の冒頭にも書いてますが、先週の土曜日、8日の夜、でしたか、
「土曜プレミアム」で龍馬暗殺に関する特番をやってたので、録画して観ました。

ゲストが、堺雅人さん!
それに山村竜也さん、荒俣宏さんのお三方でした。

え~っと、龍馬を演じていたのは、、、何と言う方だったか忘れましたが(^_^;)
再現ドラマなんかもあって、結構見応え有ったといえば、有ったんですが、、、

”龍馬を暗殺したのは?”

に、また性懲りもなく、「新選組説」が出てきてました(-_-;)

あとに残されたゲタが、新選組がひいきにしていたお店の物だったとか?
残された鞘がサノ助の物だったとか?

知ってるわ!そんなん。


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

...続きを読む

「薄桜鬼」と男同士の友情

「薄桜鬼」

ずっと録画して欠かさず観てます(^^)v

けど、、伊東さん。

あのキャラは一体何なんでしょ?
なんであんな”おネエ言葉”なんですか?(^_^;)

まあ、私としては土方さんがカッコ良く描かれていたらそれでいいんですけど、ね(^^)v

で、、、

私とした事が、す~かり忘れてしまってました(>_<)
5月11日 土方さんの御命日を!

いくら忙しかったからとはいえ、忘れるなんて、あんまりですよね。
しかも土方さんの命日に龍馬さん関連の記事、書いてるし、、、(^_^;)

土方ファン、失格です。

土方さん、ごめんなさい!m(__)m

、、、と、許してもらったところで(?)
話題はコロッと変わります。

先日、「なんでも鑑定団」を観たんですが、
この番組、結構、幕末関連の物が出てきますよね~♪

お宝は、黒田清隆が榎本武揚に送った書簡、9通。

依頼人の方は、姓が黒田さんと仰る女の方だったんですが、
なんと、この方の義理のお母さまのお父さまが、黒田清隆のお孫さん、
また、お母さまが榎本武揚のお孫さん、なんだそうです!

幕末ファンからみれば、何か、、サラブレッドのようなお方ですよねー!

で、書簡には、時候のあいさつとか近況とか、たわいもない内容の中に、
「今、○○は水面下でこういう動きをしてるから、気をつけろ」とか、
政治的な事を書いてあるものも有り、とても貴重なものだということでした。

注目のお値段ですが、依頼人ご本人は、9通で100万円と、推測されてましたが、鑑定額は、なんと!

570万円!

このような高額がついたのは、「有名人同士の書簡だから、、」という理由でした。

スゴイですよね~(*^^)v

そう、そう、番組内ではこういう話もありました。

黒田清隆と榎本武揚は、新政府軍と旧幕府軍として箱館で戦った敵同士、なんですが、
黒田は、榎本の才能を敵ながら認めていて、榎本の死は日本の国の損失だ、ということで、

「厳罰に処するべき」という周りの声に、自ら頭を丸めて榎本の助命嘆願に奔走したんだそうですよ~

いや~ 実にいいお話を聞かせて貰って良かったです。

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「人の命など芥子粒ほどのもの」

「龍馬伝」第二十回”収二郎、無念”で出てきたセリフです。

横井小楠という熊本藩士が言ったセリフなんですが、

コレなんですよね~(-_-;)
現代人と考え方が180度違うのは。

あの時代の人って”命”をメチャクチャ軽く考えてたような気がするんですよね。

まあ、でもああいう考えをしていたのは武士だけ、だったんですかねえ?
収二郎が切腹させられると分かった時も、「切腹は武士の誉れ」なんてセリフが有りましたが。

あの時代に龍馬さんのような考え方をする武士って、稀だったんでしょうね。


もし、私がタイムマシンであの時代に行く事が出来たら、、、

是非とも土方さんにお会いしたい!(#^.^#)

、、、のはもちろんなんですが、是非、言いたい事が有ります。

「貴方の命は、自分一人だけのものだと思ってるかも知れないけど、そうじゃないんですよ!
貴方の命は、貴方のご両親、そのまた御両親、とさかのぼって何万、何千万の人が必死で繋いで来た命なんです。
大切にして下さい!」と。

ちょっとマジになりましたが(^_^;)

え~ この頃、弥太郎の出番が少なくて、寂しかったんですが、この回では、喜勢がお嫁に来た理由が判明しましたね^m^

「占い」だったとは、、、(^_^;)

あと、今回、印象に残ったのは、山内容堂公!

近藤正臣さんが演じる容堂公は、私にはメチャクチャ腹黒い人に映ってるんですが、
史実の容堂公もあんな風だったんでしょうかねぇ?(^_^;)

吉田東洋を暗殺したのは、決して良い事じゃないけど、
なんか、武市や収二郎が、可哀想な気がしてきました(;_:)

それと、グッと胸が詰まったのは、龍馬のお兄さんが龍馬に「死ぬんじゃないぞ!」って言ってたシーン。

志半ばで命を落とす事になってしまったのを知ってる私は、とても複雑(>_<)

さて!暗い話は止めにして、明るい話題に行きましょう!
来週、かどうかはっきりとは分かりませんが、近々新選組の出番が有るそうですよ~\(^o^)/

「龍馬伝」のHPで特集されてました→新選組 登場!

写真だけではまだ、どうとも分かりませんが、”扱い”は、結構良いかも?(*^_^*)


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

舞台化!?!(^^)!

「薄桜鬼」第七話”桎梏の運命”を観ました(^^)v

お千(せん)ちゃんっていう女の子と仲良くなった千鶴ちゃん。
”千と千鶴の神隠し”?

いや、アレは千と千尋でしたね(^_^;)

主人公の千鶴ちゃんって、鬼?だったんですね?
そして今回は、松本良順先生が出てきました!

しかし、、この話はこれから一体どうなるんでしょ?


ところで、さっき「薄桜鬼」で検索していたら、こんなニュースを見つけました!
舞台化 決定!

今年の10月、だそうですね~♪

土方さん役をするのはどんな人かなぁ?
もし観に行けるようなら、行ってみたいなぁ(^^)v


って思ってたら、、、続報も見つけてしまいました(^_^;)
ココ

早乙女太一ってどんな人?(^_^;)(^_^;)
それに東京でしかしないんですね~ 残念!

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「司馬遼太郎記念館」


(書斎)


(花供養碑)


(記念館へ続く道)


(記念に購入した本)


やっと行けました(*^_^*)

今はモブログで写真だけ送っています。
記事の編集は後日、するつもりです。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

出たーーーーーーーー!(^^)!

出ましたね!

新選組が、再度大河ドラマに!


一つ下の記事、「司馬遼太郎記念館」の編集は後日することにして、
今日は「龍馬伝に新選組が登場!」に関しての記事を書きたいと思います。


しかし、昨夜の「龍馬伝」、
こんなにやきもきした回は無かったです(^_^;)

オープニングに、近藤勇、土方歳三、沖田総司の名前が出て来た時は、
ホント、めっちゃテンション上がりましたよ~♪

けど、待てど暮らせど出て来ない、、、


「え? あと五分で終わってしまうよ~?ホントにこの回に出るんやろな~?」
とヒヤヒヤしてたら、うわ~! 出たーーーーーー!って感じ?

いや~ けどあの登場の仕方は、全国の以蔵ファンを敵に回してしまったんじゃないでしょうか?
それがちょっと心配です(^_^;)

でも、近藤さん、土方さん、沖田さん達が刀をすっと抜くしぐさは、
セリフが全く無かった効果(?)なのか、凄味が増して感じられました。

「龍馬ーーー!」と助けを呼ぶ以蔵に斬りかかって行く沖田さん!

今回はそこで終わりましたけど、来週は龍馬さんが助太刀に入るようですね~

対決の結果はどうなるのかなぁ?
今回は、新選組は、主役の敵っていう役回りはしょうがないとしても、なかなか扱いは良さそうですよね~
なので、興味津津です(^^)v

しかし、今更ですが、倒幕派にとって新選組って、メチャクチャ恐ろしい存在、だったんでしょうね~

「龍馬伝」を観ていると、つい、倒幕派の方に気持ちが傾いてしまうんですが(^_^;)
新選組にとって以蔵たちは、”斬るべき敵”だったという事を改めて思い知らされました。

それはさておき、次回も新選組の出番は有るようですね!
楽しみ、楽しみ♪

次はセリフ、有るよね?(^_^;)

にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「見る」のではなく「感じる」記念館

二つ下のモブログで「司馬遼太郎記念館」へ行った時の写真だけを載せてるんですが、
今日は、その記事を書きたいと思います。

なお、写真をご覧になりたい方、もしいらっしゃいましたら、こちらを参考にして頂ければ嬉しいです
「司馬遼太郎記念館」

ずっと行きたかったんですが、”近いからいつでも行ける”
との思いで先延ばしにしていた「司馬遼太郎記念館」

先日、やっと行くことが出来ました。

最寄り駅から地図と案内版を頼りに向かった記念館は、住宅街の一角にありました。

中に入るとそこはまるで、森のよう!
お話をして下さった館長さんの言によると、司馬先生は、雑木林がお好きだったので、こういう造りになってます、との事でした。

そして、木々や草花の間を通って行くと、司馬先生が実際に使ってられた書斎が現れます(写真有り)
執筆中だった当時のまま残して有る、との事でした。

次に進んでいくと、「花供養碑」が有りました(写真有り)
司馬先生自筆の歌碑だそうです。

次は「記念館」です。(写真有り)

中に入り、ビデオを観た後、順路の通りに進んで行くと、そこには床から天井まで埋め尽くされたおびただしい冊数の本!
司馬先生が執筆の際、参考にされた蔵書の数々だそうですが、なんと6万冊有るんだそうです!

あまりの多さに目がくらみそうになりました(^_^;)

そして、ちゃんと見て来ましたよ~~(^^)v

「天井に出来た坂本龍馬に似たシミ」!

いや、もう、びっくり、ホント、よく似てました(*^_^*)

展示物を一通り見たあと、館長さんのお話を聞かせて頂いたんですが、
ここで今日の記事タイトルです。

「ここは見るのではなく、感じる記念館です」

これは館長さんが仰った言葉なんです。

また、「ここへは全国からたくさんの方が来られます。しかもリピーターが多いんですよ」
とも仰ってました。

なるほど、と思いました。
確かにここに居ればホッとします(*^_^*)

「あまり自己顕示欲の強く無かった”司馬遼太郎”を表すのにこういう形の記念館を安藤忠雄さんにお願いして設計して頂きました。
どうぞ、本で味わえない空気感を受け取ってくれれば良いと思います」

との館長さんの言葉通り、
私は今回、ゆっくりと過ごしたのち、記念にと「人斬り以蔵」を買って(写真有り)記念館を出ました。

ホントに、大変落ち着ける所でした。
もしかしたらまた行くかも?^m^


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

箱館奉行所

dandaraさんの所♪
土方歳三資料館日記さんの記事で知りました(^^)v

来る7月29日にオープン!するんだそうですね!

(この画像↓は、土方歳三資料館さんの所からお借りしました)
箱館奉行所

なお、このチラシは、資料館さんでも頂けるんだそうですよ(^^)v

こちらもご覧下さい
工事の進ちょく状況

細部に気を遣い、なかなか凝った造りになっているようですね。

中はどんな風になってるのかなぁ?
メチャメチャ行きたいなぁ~!

誰か「箱館奉行所 見学ツアー」
組んで下さい(笑)


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

土方あんぱん(*^_^*)

みちこさん♪からメールで教えて頂きました(^^)v

このたび”幕末のヒーローあんぱん”なる
「土方歳三あんぱん」と「榎本武揚薩摩芋あんぱん」が”函館スイーツ”として認定され、新発売されるんだそうです(*^_^*)

こちら→函館新聞

以下、引用文は記事より抜粋したものです。

>”土方あんぱんには、北海道産の金時豆のあん””榎本あんぱんには、さつまいものあん”を使用し

う~~ん、、私好みなのは、金時豆の方(^^)v

>「幕末のヒーローとして人気の二人。あんぱんとの異色の組み合わせは、観光客にも評判を呼ぶのでは」と期待する。

土方さんや榎本さんと”あんぱん”と聞くと、、、

以前読んだ”美姫血戦”~松前パン屋事始異聞~(富樫倫太郎 著)
が浮かんで来ます(^^)v

そういえば、私、読後感想を記事にしてました。
カコ記事

「まあまあ面白かったけど、”土方さんと美姫との恋愛要素”が入ってるから私の中ではイマイチ」
な~んて書いてますね(^_^;)


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。