新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「函館2泊3日の旅」

7月29日
関空から函館へ飛行機で一っ飛び。
約、2時間弱の旅であった。
飛行機から見た五稜郭、本当に星の形をしていた。
飛行機から手を合わせた。
この日は、ホテルに直行。
グリーンピア大沼というところ。
緑の深い、自然一杯のホテルだった。
室外、室内、で色々な事が出来る、ハズだった。
と言うのも、雨、雨、雨。
結局、ボーリングに室内プール。

なんで、函館まで来て、ボーリングせなあかんの?
天気には誰も勝てません。
晩御飯の前に、カラオケ(なんで、函館で、カラオケせなあかんの?)
「函館の女」を熱唱した。
は~~るば~~る来たぜ~~は~~こだてへ~~。

7月30日
息子のリクエストで5時に起き、昆虫採集。
が、見つけられず、、。残念!
後で聞くと、木じゃなくて、地面を歩いていたそうで、、、。
バスに乗り、出発。
まずは、ミニトマトのもぎ取り体験。
とっても甘くて美味しかった。スーパーで売ってる一番高いヤツの味だった。
大沼公園に行き、モーターボートに乗る。
すごいスピードで走ってくれた。
北海道昆布館に行った。昆布製品が山とあった。
函館朝市で昼食。
ここで、「新撰組!」のポスターに出会った。
携帯に撮った。
函館駅から「ドラえもん海底列車」に乗り、海底ワールドで遊んだ。
湯の川温泉着。
夕食後、函館山夜景鑑賞に出かけたが、綺麗な夜景が見られたのは一瞬で、
後は、霧がかかって、真っ暗だった。
以前見たときは、とっても綺麗に見えたんだけど。





スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

...続きを読む

音だけの、、、。

昨日は、なんか色々と勉強になった。
うん。なんでも勉強だ。

話題を変えて、、、。
昨日は、PLの花火をやっていた、みたい。
みたい、というのは、毎年、8月1日にPLの花火大会をやっているが、
直に見に行った事が無い。
いや、一回くらい行った、かな?(多分、大昔なのであまり記憶にない。)

すごい音だった。
昔は、ウチから花火が見えたんだけど、この頃では建物が皆高いので、
全く見えない。
「音」だけの花火だった。
綺麗、だっただろうな~。(涙)
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「天体観測」5回目

天体観測、5回目を見た。
一生懸命に就職活動するタケシ。
暑い中、きっちりスーツにネクタイしてるタケシ。
何度も断られてるのが、見てて辛い。
意気消沈してる所に、ケンタからのうきうき報告電話を受ける。
「良かったね。でも、今タケシは大変だから、分かってね。」って言いたかった私。
リストの全ての会社に×をつけるタケシ。
そこへあの悪人(?)二人のうちの一人が現れた。
その人の会社かなにか分からないけど、就職するらしいな。
その人は近藤さんのような懐の深い、義に篤い武士道精神の持ち主じゃないよ、と言って上げたい。
斉藤さん、道を誤らないで~~。(?)

で、ナナエは一体誰を好きなんだろう?
ケンタじゃなくて、伊藤英明(役名忘れた)に近づきたいみたいだな。

私の「天体観測」視聴感想は、ものすごく偏ってる。
ジョーしか見てないから、、、。
他の出演者の役名も覚えようとしない。
とにかく、ジョータケシが上手く行く事を願って、来週も見るつもり。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

暑い。

暑い。
とにかく、暑い。
せめてもと思って、字をあさぎ色にしてみた。
函館も日中は暑くて、添乗員さんも「こんなに暑いのは、久しぶり」って言って、ぐったりしてた。それでも29度。
添乗員さん、ここに来たら耐えられないと思う。
私もグロッキー。私の家は3階建てで、今私が居るのは3階。
だから一番暑い。クーラー朝から付けっぱなしだけど、あんまり涼しくない。

さっき、続編が90分だと知った。
あんまりにも短すぎるんじゃありませんか?(誰に聞いてるんだ?)
「土方歳三最後の一日」だそうだ。
最初に黒いバックで1869年5月11日とかって出るのかな。
私は、もう最初から泣いてしまうと思う。

私は、土方さんが好き。大好き。もちろん山本耕史さんも好きだけど、
史実の土方さんが好き。歴史上の人物で、こんなに好きになったのは土方さんだけ。
容姿ももちろん好きの要素の一つだけど、生き方が素晴らしいと思う。
自分の信念を貫き通した、その生きざまが好き。
頑固かも知れない、融通がきかない生き方かも知れない、明治維新を遅らせたのかもしれないけど。
旧幕府軍が勝ってたら、今のこの世の中はどうなってたんだろうな、なんて思うことあるけれど、逆に考えれば、その人達は、命を懸けて今のような平和な時代に導いてくれたとも考えられるかな。

私の考え方はとっても偏ってると思うけど、いいんだ。
だって「新撰組」贔屓だから。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「火垂るの墓」

夕べ、「火垂るの墓」をテレビでやってたので、見た。
終戦後60年の今年は、今までよりも戦争モノ、の番組が多い。
この映画も何度も見ているが、毎回泣いてしまう。

戦争って、本当に愚かな行為だな。
二度と繰り返してはいけないな、と思わされる。
お兄ちゃんと妹の二人で生き抜いて行くには、とても過酷だな。

時々、お兄ちゃんや妹の回想で平和だった頃の映像が映る。
戦争さえ無ければこんな平和な世が続いてたんだな、と思うと、国を治める人は、国民の事を第一に考えて欲しかったと切に思った。
もちろん、実際に戦っていた軍人さん(それも下っ端)が一番苦しかったのかもしれないけど、
しわよせが来るのはいつの時代も一番弱い者、子供達に来るんだなと、
やりきれない思いがした。

何度も見てるが、昨日は、初めて「嫌かも知れないけど、頭下げておばさんの所へ戻った方がいいよ」と思った。
おばさんも、イライラしてるのは分かるけど、もう少し、優しくして上げて欲しかったな。
イヤミなおばさん宅でも辛抱すれば、セツコもお兄ちゃんも死なずに済んだかも知れない。

とにかく、戦争は絶対にしてはいけない。
戦争をして、良い事なんてこれっぽっちも無い。




にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「金閣、銀閣」

明日は、訳あって金閣、銀閣に行く予定。
京都、暑いかな~?
覚悟して行こう。
折角京都に行くんだから、時間余れば「新選組」関連の所にひとつでも行ければいいな~。
本当は、泊まろうかな、なんて思ってたけど、やっぱり日帰りする事にした。
近すぎて泊まるのはもったいない、もんな。
でも、本当は泊まってゆっくり京都を巡りたいのが本音。
季節のいい時に泊まろう。うん。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「金閣、銀閣、金戒光明寺」

今日は、長女と一緒に京都に行って来た。
朝、9時前に車で出かけた。(ぜ~んぶナビ任せ)
約、1時間掛かって金閣寺に到着。
金閣寺に行くまでに大文字が見えた。
有名な大文字焼き(焼いてない)を初めて見た。
あれに火が付いて夜空に浮かび上がる様は壮観だろうなと思った。
で、金閣寺は素晴らしかった。
美しかった。当時初めて見た人々もきっとため息をついたことだろう。
真夏の京都は半端じゃなく暑かったけれど、木陰は少し涼しかった。
冷水でたてたお抹茶とお菓子を頂いた。

次に銀閣寺を訪れた。
金閣から銀閣までは車で約15分で行けた。
分かっていたとは言え、銀閣はとっても地味。
金閣のように「美しい」という言葉は出なかった。
けれど、地味なんだけど、品が有るというのかな?
清楚な感じがした。
銀閣寺前のお蕎麦屋さんでお昼を食べた。
私は、「にしんご膳」長女は、「ざるうどん」
(栄養のことなんて全く考えて無い)
お店に新選組グッズが有った。
外国から来る人の為の説明があって、面白かった。

誠=loyalty
新選組=the name of Samurai team(150years ago)
と有った。
私の以前のブログ名、一応、「誠の旗」を英訳したつもりだったんだけど、
The Flag of Truthじゃ無かったんだ、
The Flag of Loyaltyだったんだ、と分かった。
名前変えて良かった。

Samurai team、なんだ。チームって。
新選組ってチームだったんだ、なんだか軽く感じた。

金閣、銀閣って新選組と全く関係無いかと言えばそうでもない。
浪士組として上洛した時、長州の浪士達が徳川幕府に対する嫌がらせで、
足利将軍3人の木像を晒し首にしてたのを思い出した。
あの時、山南さんがちゃんと解説してくれてたな~なんて思った。

予定より早く回れたので、最後に金戒光明寺を訪れた。
大きな山門があって、階段を上った先に御影堂。
此処って浄土宗のお寺だったんだな。
鐘楼が有って、(江戸時代)と書いてあった。
この鐘楼、近藤さんや土方さんも見たのかな?と思うと、とても愛しくなった。

境内図には会津墓地も書いてあったが、そこまでは行けず、参拝を済ませ、帰って来た。
又、京都に行きたいと思う。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「天体観測」6回目

今日、ビデオに撮ってた天体観測の6回目を見た。
今回はタケシの出番がすごく少ない。
ほんの少ししか無かった。
初出社する日、髪をオールバックに撫で付けてた。
う~~ん、ま、どんな髪型だって似合ってる。
会社に就職すると思いきや、社長になって欲しいと言われてた。
大丈夫なのかな?そのボス。
何事もなく順調に行くとは思えないんだけど、、、。
今後の展開に期待することにした。

ストーリーとしては、なんだか男女関係のもつれ?
七重はやっぱり恭一が好きみたいだな。
だったら健太はなんだったんだろう?

今ひとつ、入り込めるストーリーじゃないけれど、ジョーが出てるから又、
見るつもり。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「小野田少尉、遅すぎた帰還」

昨日、「遅すぎた帰還」を見た。
最初の方、堺さん演じる鈴木紀夫にちょっと引いた。
あまりにも山南さんのイメージと違ったから。
同じ訳無いんだけど、それに、役者さんなんだから色んな役されるのは当然なんだけど。
なんかちゃらちゃらした遊び人かな、なんて思ってた。

小野田少尉は肉体的にもそうだろうけれど、精神的にもとても強い人だったんだな、と思った。
でないと、あんな所に30年も居られるだろうか?
私なら1時間、いや30分でも無理かも。(キャンプ嫌いな私は絶対無理)
男の人って平気なのかな?
鈴木さんも小野田さん探しにルバング島へ行った事だし。

小野田少尉はきっと任務の完遂の為に信念を持ってあそこにいらしたんだと思うけれど、空からの「戦争終結」ビラも信じず、親兄弟の呼びかけにも応じず、あまりにも疑い深くないか?と思った。
長引いた戦争が小野田さんの心を閉ざさせてしまったのかも知れないけれど。

3人いた仲間も次々殺されてとうとう一人になってしまった小野田さんの心を少し開けたのは鈴木紀夫だったんだな。
軽い感じのする役だったけど、あの開けっぴろげで銃を向けられても必死に説得しようとする態度に小野田さんの気持ちが動かされたんだと思う。

鈴木紀夫!(すずきしまお!の、ノリで)立派じゃないか!

帰還してからのインタビューで「30年間楽しい事なんて一つも無かった」と言ったのを聞いた時、私は涙がこぼれた。
今もご存命らしいが、(知らなかった)帰還してからは、楽しい事ばかりでありますようにと願わずには居られない。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「天体観測」7回目

今日、ビデオに撮ってた「天体観測」7回目を見た。
ちょっと今回のタケシは最初、美冬に対して意地悪な言い方してた。
美冬と恭一とともや、三人は三年前に何かあったらしい。
ずっと見ていくと、実冬達は、三角関係だったって事かな?
この人達の関係はどうでもいいけど。
タケシを尋ねて警察の人達が来た。
警察が出てきたとなると、やっぱり順調には行かないようだな。
ユリとタケシ、上手く行くように思えたとたん、何か良からぬ事が起こりそうな予感がする。

恭一、上司と工場の人との板ばさみになってる。
自分の無力感に打ちのめされてる。頑張ってたのにね。
工場の人も、恭一は頑張った事知らないから、彼に当たってる。
「恭一もそんな事、望んじゃいないんだよ」と言ってあげたい。

で、何の脈絡も無いが、
タケシの髪型、ぼさぼさの方がいい。
きっちりなで付けるより、洗いっぱなしの方がいいな。

予告編、タケシが苦悩してる。
お父さんがどうとか、、、、、。
やっぱり、何かある。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。