新撰組屯所

2004年の大河「新選組!」にハマりっぱなしの新選組ファンです♪副長が大好きです(^^)v

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

「医龍3」と「薄桜鬼 碧血禄」

どちらも最終回でした。

先ずは「医龍3」

三人もの手術が同時期に重なってしまった!

そのうちの二人は、母と娘。
なんか色々あって、人口心肺を二人で使うってことに!

ストーリーによると、それは倫理的には許されない行為だそうで、
万事休すかと思われたけど、、

まあ、そこはドラマ(^_^;)
三人とも無事に助かりました。

しかし、、あの黒木先生が亡くなってしまうとは、、、、(-_-;)
先週を見逃したので、イマイチ話が読めなかったんですが、あの展開は残念でした。

また次、「医龍4」はやるのかなぁ?
やって欲しいなぁ。


さて「薄桜鬼 碧血禄」

いよいよ箱館総攻撃ですよ。

土方さん、執務室で千鶴の気持ちに応え、接吻!
いや~ 後の事を思うとねえ、、私の心の中は結構穏やかでした(^_^;)

そして、一本木関門。
土方さんは、史実通り馬上にて撃たれます(T_T)

まあ、それは良いんですが(いや、良くないけど)
千鶴を乗せてたんですよ!

戦場に女を連れていく、、、
コレってどうなん!?

いや~ ホント、この設定は止めて欲しかったなぁ。

で、土方さんが、ここでは死ななくて、、
ま、これも良いんですが、、、

最後は、鬼と一騎打ちです。
それも、千鶴を賭けて!

そして、結局は、相討ち、という終わり方。

まあ、、”惚れた女を守るために戦って死ぬ土方さん”っていうのもアリかも知れませんが、
私は、嫌です。

やっぱり、

土方さんは、自分が創った新選組の、
その最後の幕引きをした、オトシマエをつけた、

っていう史実の土方さんの方が好きです。

私、この薄桜鬼のアニメを観ていて、ゲームにも手を出してみようかな?
な~んて思ってたりしてたんですが、この最終回を観て、
なんか、その気が失せました(^_^;)



スポンサーサイト
にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

薄桜鬼 碧血禄

第二十話”散ずる桜花”

↓あらすじ(公式サイトより)

仙台へ着いた土方を、旧幕府海軍の榎本武揚が訪ねて来る。彼から仙台で辻斬りが横行しているとい聞いた土方は、連絡の途絶えている山南たちが事件に絡んでいるのではないかとの懸念を持つ。土方が辻斬りの情報を求めて捜索に出る中、千鶴の前に藤堂が現れ―。


山南さん!千鶴のお父さんと組んで新政府軍へ寝返るのか!?
みたいな、衝撃的なシーンもありましたが、

「敵を欺くにはまず味方から」
の戦法だったようで、安心しました。

、、、っていうか、山南さんが仙台まで付いて来てるっていうのが、
そもそも可笑しいんですけど。

で、そこに平助も一緒に居る、っていうのも、ヘンなんですが(^_^;)

だって、そうでしょ?
本当なら、平助は、油小路で亡くなっていて、山南さんに至っては屯所が西本願寺に移転する前に
既に亡くなってるハズですから。

薄桜鬼は、結構史実に忠実なところも有り、創作も有りのアニメですから
その辺は大目に観るってことなんでしょう。

とにかく、この回で、山南さんが亡くなり、平助も亡くなってしまいました。

山南さんは、最後に土方さんに良い事言ってました。
「君とは反目してきたけれど、認めていた。新選組で君と一緒に戦えたことを誇りに思う」

そして残された土方さんは、榎本武揚とともに、
いよいよ蝦夷へと出発します。

そう、そう、この回で初めて出て来たんですよ!榎本さんが!

アイドルな大鳥圭介(^_^;)よりは、
口ひげを蓄えていたりして少しは”大人な榎本さん”に見えます(^_^)v

蝦夷へ発つ前、土方さんは千鶴に宣告します。
「お前はついて来るな、これは局長命令だ!」

うわ~い、これで次回からはウザい千鶴は居なくなる~♪
、、と喜んでいたのもつかの間、

次回の予告で”千鶴は蝦夷へ追いかけて行く”って事が、
分かりました。

あ~あ、ガッカリ(-_-;)


にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

薄桜鬼 碧血禄

薄桜鬼 碧血禄 第19話 ”天道の刃”

この回は、”斎藤祭り”と言っても過言ではないくらい、斎藤さんが主役の回でした。

母成峠や二本松での戦い、、、
会津戦争ですね。

大鳥圭介は会津藩は限界と読み、仙台へ撤収する事を指示。
それは容保公の意向でもあるという言葉に、
総督としての命令であるという大鳥さんに逆らえない土方さんは、
「近藤の時の二の舞だ」と悔やみます。

ここで斉藤さんは新選組から離隊して、会津に残って戦い続ける事を決意するんですよね。

斎藤さんって、ココで残ったことで”元々会津のスパイだったんじゃないか?”という説もありますよね?
でも、私は個人的にはそれは違うんじゃないかな、と思うんです。

数ある小説の中には、斎藤さんが「もうアンタと行動を共にするのはご免だ」とばかりに、
土方さんとケンカしたような形で会津に残るっていうのも有ったような気がするんですが、、

でも、私は、
斎藤さんは土方さんと一緒に箱館まで行こうと思えば行けたけど、
ずっと自分たちの面倒を見てくれた会津に”義”を持って尽くしたかっただけじゃないかな、って思います。

”恩返し”が好きな斎藤さんですもんね?(←それは「組!」)

会津に残ると決心した斉藤さんは、
土方さんに武士の魂の拠り所である「誠」の旗を自分にも掲げさせてくれと願い出て許可されます。

「許すもなにも、離れていても、俺たちの誠の旗の下に一つだ! それを忘れるな、死に急ぐんじゃねぇぞ……」

「気遣い感謝致します」

「お前達が俺に託した新選組、最後まで見届けてやるよ」



慶応四年九月 会津高久村。
進軍する新政府軍の前に誠の旗を掲げた斉藤さんが一隊を率いて立ちはだかります!

「新選組、斉藤一! 誠の旗に誓って、ここから通さん!!」

数多くの会津藩士が新政府軍の銃弾に倒れる中、新政府軍へと斬り込んでいく斉藤さん。

アニメでは、斎藤さんもここで亡くなってしまうかのような描かれ方をしてましたが、
史実では、斎藤さん、72歳まで生きてますもんね(^_^)v



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

薄桜鬼 碧血禄

第十八話”輝ける暁光”

宇都宮で負傷した土方は、
新選組本隊と合流するため、
千鶴とともに会津へ向かう。
しかし、会津で出迎えた斎藤たちから、
近藤が斬首に処せられたと聞かされる。
一方、不知火の話が気になり
江戸へ戻った原田は、彰義隊が
新政府軍から攻撃を受けていることを知る。



最初に、近藤さんが斬首された事を知った沖田さんが土方さんに詰め寄るシーンがありました。

「アンタがついていながら、どうしてだ!?」
みたいな(-_-;)

ま、史実では沖田さんが会津に行ったという事は無いので、
こういう事は無かったでしょうけれど、

”切腹”というのは、当時、武士にしか許されて無かったんですよね?

生まれは農民とはいえ、苦労に苦労を重ねてやっとのことで武士になれた近藤さんなのに、
やっぱりどう考えても”斬首”は酷いですよね、”斬首”は(T_T)

そういえば、、、
新選組の幹部で切腹したのは、山南さんだけ?ですよね?

う~~ん、、新見錦が居た!
あ、けど、アレは”新選組”になる前ですしね。
やっぱり、山南さんだけですね。

え~ この回では、新選組を離れ、彰義隊に入ったサノが亡くなってしまいました。
この辺りは史実通りです。

そして、沖田さんも!(涙)

沖田さんは、史実通りの病死ではなく、会津で療養している土方さんを
襲撃から守ってその命を終わらせた、という形なんですが、
まあ、沖田さんにすれば、こっちの方が本望かも。

とにかく、千鶴に支えられながら戦いの後の現場に着いた土方さん。

羅刹(吸血鬼のようなもの)だった沖田さんのボロボロに刃こぼれした刀と、
最後、灰になってしまったのを認めながらも、

「あいつは大丈夫だ」

と肩を震わせながら千鶴に答える土方さんの後姿が痛々しかったです(>_<)


次回の予告では、斎藤さんが敵に囲まれてました!

けど、史実通りなら、斎藤さんは死にませんよね!
フィクションとはいえ、斎藤さんをここで死なせるような事はしないだろう、
と思って安心してるんですが。

あ、それから、今思い出したんですが、

この回で総司が土方さんの事をこんな風に形容してました。

”ワガママでオレ様で、不器用で自分勝手”

こういう土方像って、何処から来てるんでしょうね?



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

薄桜鬼 碧血禄

薄桜鬼 碧血禄第十七話”玉響の夢”を観ました。

何かと今話題のYou Tube 

あ、尖閣諸島、、、ではありませんので、悪しからず(^_^;)


薄桜鬼 碧血禄のOPです♪



えっと、今回、何故このような動画をアップしたか、と言いますと、、、

一瞬なので、見逃してしまうかも、ですが、”玉響きの夢”でのワンシーン、
土方さんがその吸血衝動をどーしても抑えられず、仕方なく(←と私は思いたい(^_^;))
千鶴の血を吸うシーンがあるからです。

土方ファンとしては観ていて、決して気持ちのいいものじゃ無いですが、

”千鶴ちゃん、土方さんに血を提供するために、だけなら、そのままずっと、ついて行ってもいいよ~”
な~んて、、、、薄桜鬼、観てると、どんどん嫌なヤツになって行くワタシです(^_^;)

それはさておき、今回、新しい人が出て来ました。

大鳥圭介です!
OPに出てますよ♪

しかし、、、
薄桜鬼の大鳥圭介は、なんか、、アイドルみたい?
可愛い過ぎて、威厳が無いような気がする(^_^;)



にほんブログ村 歴史ブログ 新選組へ
にほんブログ村↑皆さまのクリックが励みになりますm(__)m

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。